「部屋の片付けをしよう!」と1日予定を空けておいたものの、結局終わらずじまい…。片付けが苦手な方なら誰もが経験したことではないでしょうか。この記事では、大切な時間を無駄にせず、しっかりと片付けるためのコツをまとめてみました。

もう失敗しない! 部屋を上手に片付ける3つの手順

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国619社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

つい部屋を散らかしてしまう理由

片付けに入る前に、今後片付けをしなくても済むよう、どうして部屋が散らかってしまうのかを確認してみましょう、「自分もつい癖でやってしまっているな」ということはないでしょうか…?

1.とにかくモノが多い

一番の理由はこれです。「いつか必要になるかもしれないから」というものはあまり使いません。思い切って処分することも、部屋をきれいにするためには大切なことです。

2.”とりあえず置き”が多い

片付けが苦手な人にありがちなのが、「あとで戻そう」「すぐ使うからココにおいておこう」。いわゆる”とりあえず置き”です。小物が散乱していると余計に散らかって見えてしまいます。

3.横着してしまう

作業をするテーブルで食事をしたり化粧をしたりするように、同じ場所で様々な作業をすると、ものがごちゃごちゃしてしまいます。

片付けを始める前の注意点

実際に片付けを始めていくにあたって、その前に確認すべきことがあります。

1.曖昧ではダメ!場所・目標をはっきりと

片付けを始めようと思い立ったとき、目についたものを広げてしまって収拾のつかないことになってしまいがちです。片付けを始める前に作業時間・スペースなどを考慮して、「今日は本棚の周りをやる!」「キッチン・食器棚を整理する!」などと決めておくと良いでしょう。

2.片付いた状態を想像しよう

ぼんやりと作業しているだけでは、終わりなき作業になってしまいます。片付いた状態を常に思い浮かべ、ゴールを思い浮かべながら作業することを心掛けましょう。

手順1:まずは”出す”

まずは整理するものを広げるスペースを確保しましょう。そのために、要らない家具や家電・粗大ごみがある場合は先に処理しておくとよいです。粗大ごみはお住まいの自治体などでお申し込みの上、1~2週間かかることもあるので早めに手続きしておくとよいです。

スペースが確保できたら、整理したいものを広げていきましょう。このとき、要るか・要らないかなどは考えず、とにかく”出す”ことが大事です。

手順2:出したものを”分ける”

ものを一通り出すことができたら、次は種類ごとにものを分けましょう。衣類・書類・小物雑貨・家電類。種類ごとにまとめることで必要なもの・余分なものがわかりやすくなります。

最初は3つに分類!

種類ごとにまとめられたら、次は「必要なもの」「不要なもの」「すぐには決められないもの」の3つに分類していきます。一見したときにどうするか決められないものをとりあえず別に分けておくことが、作業時間を短縮するコツです。

強敵は”思い出の品””他人のもの”

思い出の品は、かなりの強敵です。それを見つけた瞬間思い出が蘇ってきて、つい長い時間思い出に浸ってしまった経験は、みなさんもお持ちでしょう。まずは「整理するんだ」という気持ちを念頭に置き、片付けに集中できるようにしてください。

また家族や親戚と同居している場合など、どうしても他人のものが混じっていて、どうしたらいいか悩んでしまうでしょう。揉め事の原因になることがないよう、とにかく箱などにまとめておき、本人に必要か不要かの判断を仰ぎましょう。

手順3:分けたものを”しまう”

いよいよ最後の手順です。分けたものをしまっていくのですが、ただ収納にしまっただけでは、また汚くなってしまいます。使う頻度・場所などを考え、”とりあえず置き”をしにくいような場所に収納することが、散らかさないコツです。

手順2で「すぐには決められないもの」に分類したものは、とりあえずダンボールなどにしまっておき、それらが散らばらないようにしておきましょう。

また、今ある収納でしまえない場合は物が多いサインです。収納するために棚などを買っては本末転倒になってしまいます。もう一度手順2の「分ける」作業を繰り返し、さらに物を減らしていきましょう。

それでもできない場合

「まとまった時間が取れない」「そもそも作業するためのスペースもない」など、そもそも片付けができない場合もあるでしょう。また、自分の荷物だけではない倉庫や実家などを整理する場合、自分一人ではいっぱいいっぱいになってっしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、業者に頼むのも一つの手段です。物品の整理だけでなく、その買取や処分の手続きなど、すべて業者が肩代わりしてくれます。

当サイト「みんなの遺品整理」では遺品整理だけではなく、亡くなる前に自分の半生の品を整理する生前整理や、ゴミ屋敷の片付けを扱っている業者も探すことができます。

「みんなの遺品整理」の特長

当サイトでは、追加料金一切なし・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで買取業者を比較

お得

・一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配

 実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はこちら

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客レベルが一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

きれいな状態をキープしよう

ここまで散らかさないコツ・片付けをするときの手順を見てきました。いちばん大切なのは「きれいな状態にしよう」という日々の心掛けです。きちんと整理された部屋で快適な毎日が過ごせるよう、実践していきましょう。