古くなった物を処分する時に、そのまま粗大ゴミに出せるものも有りますが、処分に躊躇してしまうことも珍しくありません。着物や楽器など、思い出が詰まったものを、他のゴミと一緒に捨てるのは難しいでしょう。

特に日本人形を捨てる場合は、悩む方も多いと言われています。そんな方におすすめなのが「人形供養」です。いきなり処分するのではなく、役目を終えた人形を供養してから片づける・・・そんな方法と処分費用についてお伝えします。

日本人形の供養と処分費用

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

日本人形とは

日本人形の代表と言えば「衣裳人形」です。髪を結って舞妓や芸子、姫様や町娘などの衣裳を付けたスタイルのものです。他にも土で作られた「博多人形」、着せ替えなどを目的とした「一松人形」、郷土人形とも言われる「こけし」があります。また「雛人形」や「五月人形」も日本人形の一種です。

人形はその文字のとおり「ひとがた」であり、昔から日本では人形そのものに災厄を身代りにさせることで、子供の成長を願ったとも言われています。

日本人形は捨てる前に供養しましょう

日本では古来から「人形には魂が宿る」と言われてきました。真偽のほどはともかくとしても、思い入れの深い人形を「古くなったから」とか「飽きたから」という理由で、そのまま捨てるのは後味の悪いもの。かと言って、何年も何体も、そのままにしておく訳にもいきません。遺品整理で人形が残った場合はなおさらです。

愛着のあった人形は、捨てる前に供養しましょう。供養することで人形から魂が抜かれ、浄化されると言われているのです。供養方法は、お寺やセレモニーホールで行われる「人形供養」、神社などで毎年取り行われている「お焚きあげ」などが一般的と言えます。

供養の流れ

人形供養の仕方

お近くのお寺やセレモニーホール人形供養をやっているか確認してみましょう。場所によってやっている所、やっていない所があります。まずは個別に連絡して確認しましょう。

お寺はもちろんですが、セレモニーホールでの供養もお坊さんに会場に来ていただいて読経を上げていただきます。「供養祭」などで沢山の人形をまとめて供養する場合は、事前に人形を主宰者に預けますが、読経の際はできるだけ参列して一緒に供養されると良いかも知れません。「供養祭」は法事の一種ですから、数珠を持参して服装も少し落ち着いたものを着て行きましょう。

魂の抜かれた人形は、そのまま主催者が処分してくれるので安心です。

お焚きあげの方法

一般的に年末年始に神社に行くと、境内に案内板がありお焚きあげの日程が書いてあります。神社のお守りやしめ縄などの正月飾りを燃やし、無病息災を祈る儀式の一つです。

ただし、この行事も神社によって大きく変わり、人形も一緒に焚いていただける神社もあれば、無理な所もありますから、事前に確認しましょう。参加する際は、真冬の野外での行事となりますから、暖かい格好でお出かけ下さい。

供養や処分の費用について

年中行事の一つである「お焚きあげ」は無料という神社も多いでしょう。ただし、早々に処分したいと思っているなら、お焚きあげとはいっても別途費用が掛ることが多いようです。もちろんお寺やセレモニーホールで行う「人形供養」も出費が伴います。

人形一体なら3,000円~、数体であれば段ボール一箱5,000円~(段ボールの大きさによって値段は変わります)というのが一般的のようです。人形ケースも一緒でOKの場合もあれば、人形しか対応しないという所もあります。お寺によっては、塔婆料も掛る場合がありますから、個別に相談するのが一番でしょう。

終わりに

人形供養は、どうしても行わなくてはいけないという訳ではありません。人形への想い入れは人によって違うし、時代によっても変化します。時間や費用を掛けるのが難しいという方は、自宅で塩を使って人形を清めてから人形を処分するという方法もあります。

どんな時でも、人形に感謝を込めて大切に処分すれば、きっと人形も安らかに役目の終わりを納得してくれるでしょう。ご自分に合った人形供養を探してみて下さい。