実家の片付けをしていて、古くなった冷蔵庫や洗濯機、乾燥機を捨てる場合、普通ゴミと違っていろいろと面倒なことをご存じでしょうか?これらの家電は、家電リサイクル法の対象のため法律にのっとって処分する必要があります。この記事では上記家電の様々な処分方法をご紹介します。ぜひあなたに合った方法を試してみてください。

冷蔵庫・洗濯機・乾燥機の処分を安くするにはどうすればいい?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国730社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

家電の処分にはリサイクル料金と運搬料金がかかります

家電リサイクル法とは

冷蔵庫をはじめ、エアコン、テレビ、洗濯機、乾燥機などが対象です。上記家電の有用な部品や材料をリサイクルすることで廃棄物を減らし、資源の有効利用するための法律になります。これらの処分を依頼する際にはリサイクル料金が必要になります。

料金はどれくらい?

リサイクル料金は以下になります。

170リットル以下の小さいもの 3,672円(税込)
171リットル以上の大きいもの 4,644円(税込)

上記費用の他に家電量販店に回収を依頼する収集・運搬料金が発生します。運搬料金は小売業者がそれぞれ定めており、距離によって変動します。実際の金額は各店舗に問い合わせしてみましょう。また自分で持ち込む場合は、収集・運搬料金がかからないため、大きめの車を持っている場合は検討してみてください。

捨てるための6つの方法

家電量販店に回収・下取りを依頼する

冷蔵庫を購入した店舗であれば回収してくれます。この場合もリサイクル料金と運搬料金が発生します。

また新しいものを買い替える場合は下取りがおすすめです。例えば一部家電量販店はリサイクル料金なしで買取までしてくれます。年式が新しいものに限る場合が多いので、各量販店の買取条件をチェックしてみましょう。

郵便局でリサイクル券を購入し、回収をお願いする

郵便局にある家電リサイクル券で料金を支払えば、全国の指定取引場所へ回収をお願いすることができます。直接持ち込む場合、運搬料金はかからないので、車をお持ちの方はおすすめです。指定取引場所は家電製品協会のページでチェックできます。

リサイクルショップに出張買取を依頼する

年式の新しいものであればリサイクルショップがおすすめです。タイミングが合えば自宅まですぐに回収しにきてくれますし、無料で引き取りをしてくれます。

実は冷蔵庫などの白物家電は、リサイクルショップに買いに来るお客さんから人気の商品のため、喜んで回収してくれます。

お近くの店舗を探して問い合わせをしてみましょう。店舗のWebサイトに買取価格が記載されている場合もありますので、確認してみるとよいでしょう。

ネットオークション・フリマアプリ・ジモティーを使う

自分で金額を決められるため、最も高価に販売することが可能な方法です。各サービスのメリットとデメリットを以下に記載します。

ネットオークション(ヤフオクなど)

メリット オークション効果で高価で販売ができる。
デメリット

売れるまでに時間がかかる。自分で発送の手配が必要。

ネットオークション利用の月額料金が発生する場合がある。

フリマアプリ(メルカリなど)

スマホで簡単に出品ができるアプリです。
特に利用ユーザーが多いアプリは、出品してすぐに売る場合もあります。

メリット

ほとんどのサービスは月額費用がかからない。

配送業者の手配・梱包・集荷まで行ってくれる。

デメリット

送料は出品者負担でないと売れづらい。

物々交換ができる掲示板・アプリ(ジモティーなど)

ネットで地元の人向けにモノをあげたり、もらったりできるサービスです。スマホなどで簡単に出品ができるのでおすすめです。

メリット

自宅まで取りに来てもらうことができるサービスもあり、

送料がかからない。

デメリット

一般ユーザーが取りに来るため、連絡なしにキャンセルする人がいる。

またどんな人が取りに来るのか会うまでわからない。

売れるまでのタイムラグがある。送付の場合は発送の手間が発生。

市区町村に問い合わせてみる

引越しで購入した店舗が遠い場合や、購入した店がわからない場合は各自治体に問い合わせると処分方法を教えてくれます。回収をしている小売店や許可業者の紹介も行ってくれる場合があります。

業者に回収を依頼する

なんらかの事情で回収してほしい期日が迫っている場合は専門業者がおすすめです。家までトラックで引取にきてくれるのと、家電リサイクル料金も必要ない場合もあるため、運搬費だけで回収してくれます。

また実家の片付けで遺品整理や生前整理をしている方は冷蔵庫以外の家具家電まで回収してくれます。ただし回収業者は中には悪徳業者も混じっているため利用には注意が必要です。

みんなの遺品整理では廃棄物処理の法令順守をしている優良業者とのみ提携しております。全国700社以上の業者をご紹介できますので大量の家具家電の処分でも対応可能です。

急な依頼や即日対応、複数業者の相見積もり依頼もご相談ください。

片付けサービスの料金やサービスを見てみる

安くて評判のよい処分業者をさがす方法

業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。もちろんまだ利用できるものなどは買取査定も可能です。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国700社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。