1人暮らしをしていた人が亡くなると、遺品整理は親族を中心に行うことになります。どこに何がしまってあるかがわからず、苦戦するケースも多いでしょう。特に注意が必要なのが、生活保護受給者が亡くなった場合です。ここでは、生活保護受給者の遺品整理について詳しくご紹介していきます。

生活保護受給者の遺品整理はどうすればいいの?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国644社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品整理は誰がするべき?

生活保護受給者が亡くなった場合、「国の補助で暮らしていたのだから、遺品整理も役所がやってくれるだろう」と考える方も多いでしょう。しかし、実は役所は何もしてくれません。生活保護は受給者が死亡した段階で終了してしまうため、それ以上に役所が世話をしなければならない理由がないのです。

そのため、原則としては親族を中心に遺品整理を進めることになります。ところが、遺品整理を手伝える親族がいないケースは珍しくありません。面倒を見られる親族が近くに住んでいるなら、そもそも生活保護の申請が通っていないはずだからです。

とはいえ、持ち主がいなくなった家を放置するわけにはいきません。遠方の親族であっても、できるだけ遺品整理を手伝うべきでしょう。マンションの場合は、連帯保証人に遺品整理をしてもらう手もあります。それも不可能なら、管理会社が責任を持って原状回復させるしかありません。

相続はどうなるの?

「生活保護受給者の」財産を相続する場合、大きな問題はありません。まとまった財産は持っていないはずですが、相続の手続き自体は必要です。法律に則って手続きを進めればいいでしょう。

逆に、「生活保護受給者が」財産を相続する場合は、少し注意が必要です。相続すること自体は可能ですが、その金額によっては生活保護が打ち切られる可能性があります。長い目で見ると、相続放棄をして生活保護を受け続けた方がいいかもしれません。お悩みの方は役所やケースワーカーに相談してみましょう。

遺品整理の料金は誰が支払うの?

前述の通り、生活保護は受給者が死亡した段階でストップします。したがって、遺品整理業者の作業料金を生活保護費から捻出することはできません。遠くから遺品整理を手伝いに来ている親族にとっては、料金を自分たちで負担しなければならないことに納得のいかないこともあるでしょう。みんなでお金を出し合うなどして、少しでも負担を減らすなど工夫が必要です。

気を付けるべきポイントは?

生活保護受給者の遺品整理を行う場合、1つ注意点があります。それは、「相続放棄をしたければ財産の処分を行ってはいけないことです。

法律上、相続の資格のある人が故人の財産を処分すると、相続の意思があるものとみなされます。そのため、相続放棄を希望しても認められないケースが出てくるのです。ゴミを捨てるくらいなら構いませんが、遺品を勝手に捨てたりしないよう注意しましょう。もちろん、相続の意思があるならあまり気にする必要はありません。

相続放棄するなら遺品整理はNG!詳しくはこちら

業者に依頼する際は「相見積もり」を忘れずに

遺品整理業者に仕事を依頼する時は、3社を目安に複数の業者から見積もりを取るのがおすすめです。これは、より安い業者を選ぶためによく使われる方法ですが、生活保護受給者の遺品整理ではそれ以上の意味があります。

もし高額な費用を払って遺品整理を依頼すると、「そんなお金がある親族がいるなら、なぜ生活保護を受けていたのですか? 生活保護費を返してください」と役所から言われてしまう可能性があるのです。できる限り安い業者を探したことを証明するためにも、相見積もりは必ず行いましょう。

これは、生活保護受給者が生前整理を依頼する場合や、生活保護家庭で死者が出たので遺品整理を依頼する場合も同様です。これらのケースでは、業者の決定権自体が役所にあります。勝手に依頼をせず、役所やケースワーカーと相談しながら進めましょう。

相見積もりをとるなら「みんなの遺品整理」

「一社ごとに見積もりをとる手間を省きたい!」という方は、「みんなの遺品整理」を利用してみてはいかがでしょうか?一度のお問合せで最大3社まで相見積もりができるサービスです。

業者を選べない…そんなときはこちらからお問い合わせください

「みんなの遺品整理」の特長  ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

役所や親族としっかり相談を

生活保護受給者は国の補助によって生活している関係上、行動にはさまざまな制限がかけられています。遺品整理も例外ではありません。遺品整理を担当する人は、トラブルに発展しないよう関係各所への相談を綿密に行いましょう。