遺品整理とは、亡くなれらた方の使用していた品々を丁寧に整理すること。遺品整理サービスとは、専門会社がその作業を代行するサービスです。

大切な方が突然亡くなり、その人の部屋や家を片付けなければいけないタイミングで、「何から始めてよいのかがわからない」人は多いのではないでしょうか?

そのような時に頼りになるのが遺品整理業者です。ここでは、遺品整理の作業を依頼する際に発生する費用や料金相場についてお伝えします。

遺品整理業者の料金相場と費用の目安

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国250社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

※遺品整理には、相続に関わる落とし穴や頼む業者の質を見極めるコツがあります。はじめて遺品整理を業者に依頼しようと検討している方は、以下の記事もぜひご一読ください。

遺品整理を業者に依頼するメリットと良い業者の選び方

業者に依頼した場合の費用相場

遺品整理業者に作業を依頼した場合の費用相場は、一般的に部屋の広さによって異なります。

間取り 料金相場
1R 30,000円~80,000円
1DK 50,000円~120,000円
1LDK 70,000円~200,000円
2DK 90,000円~250,000円
2LDK 120,000円~300,000円
3DK 150,000円~400,000円
3LDK 170,000円~500,000円
4LDK以上 220,000円~800,000円

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。 ※ゴミ屋敷清掃や特殊清掃が必要な現場の場合、料金が大きく変わります。

料金に幅がある理由

同じ部屋の広さでも料金が異なる理由は、処分したい家財の量や種類によって料金が大きく変動するためです。そのため、上記した広さでの費用はあくまで概算・目安となります。

例えばワンルームの部屋であっても、モノが捨てられない、溜め込んでしまう性格の方が住んでいた部屋は、部屋にあるモノの量が膨大で、処分費用が高くなる傾向があります。逆にいうと、広い部屋でもきれいに整理整頓されている場合は安く済む可能性もあります。

また、処分品の中に購入してから新しい家電などがある場合はそれを買取して、処分費用から差し引き、費用を安くしてくれることもあります。

買取やリサイクルの条件も会社により異なるため、そこは確認する必要があるでしょう。

もっと具体的な費用・確定料金が知りたい場合

結論から言うと実際にかかる料金が知りたい場合は訪問見積もりを取りましょう

遺品整理はサービスの性質上、実際の作業量が見えないと最終的な作業費用が出せません。理由としては遺品整理というサービス自体に定価というものがなく、処分する荷物の量など現場の作業量により見積もりが決まるためです。

同じことは家族の引っ越しでも言えますね。引越し業者に依頼する際は営業マンに家まできてもらって訪問見積もりを取ります。部屋の間取りだけでなく荷物の多さや建物の状況によって、料金が変わってくるわけです。引っ越しと同じように、遺品整理も処分や仕分けをするものの量や対応条件で費用が決まります。

遺品整理で損をしないための見積もりの取り方

料金の決まり方

では、遺品整理業者は、具体的にどのような物事で見積もりを判断するのでしょうか?業者に頼む際は主に以下の内容で費用が変動します。

1. 荷物の量

遺品整理において処分する荷物量が最も料金に影響します。逆に回収する不要品が少ないほど料金が安くなる傾向にあります。理由としては廃棄業者への処分料が減額するためです。

他にも必要であれば、不用品の運搬費とそれにともなう人件費も増える可能性があります。例えば、広い部屋で家具家電だけ引き取ってほしいという場合は、狭い部屋でモノが腰の高さまであふれてしまっているようないわゆるゴミ屋敷となってしまっている現場よりも料金が安くなる場合があります。これも処分するものを運び出す人や車の作業の多さによるところが大きいためです。

2. 処分品の種類

遺品整理業者はさまざまなリサイクル業者と提携しています。

普段ならゴミとして処分料がかかるものも、無料もしくは買取としてひきとってもらえる場合があります。提携業者によっては紙・衣類・金属なども買い取り品として扱ってくれ、料金から値引きしてくれる業者もあります。また海外に販路を持っている業者は日本では売れないような家具家電や趣味嗜好品を海外に転売するなど、リユースして処分費用を削減する業者もいます。

3. 作業希望日や対応期日

「賃貸の解約日の関係で明日までに作業を終えてほしい。」など、期日が迫っている緊急な案件よりも、「今月中に作業してほしい。」など、作業完了までに日数に余裕がある案件のほうが、料金を安く抑えられることがあります。

理由としては、作業希望日が決まっていて、迅速に作業を終わらせるためには、多くのスタッフを駆り出す必要があるからです。また作業を短期で終わらせる場合には1日に回収トラックを何度も往復させる必要があるので、追加費用が発生します。なるべく余裕を持った見積もりや依頼をすることをおすすめします。

4. 建物や道路の状況

建物状況や、家の周りの道路環境によっても料金が変わります。マンションやアパートに住んでいる方の場合、建物の階層やエレベーターの有無によって作業効率に差が出るためです。また近くにトラックが駐車できるかによっても作業スピードに影響が出るため、状況によっては見積もりの時に追加料金の相談が出る場合もあるでしょう。

例えば、5階建てのマンションでエレベーターがなく階段しかない状況や、建物に隣接した道路が狭く、トラックがつけられなかったりすると作業に時間がかかってしまうため追加で料金がかかる場合があります。

5. オプションサービス

遺品整理業者が提供しているサービスには追加料金がかかるものがあります

例えば、

  • エアコンの取り外し
  • 遺品の供養やお焚き上げ
  • ハウスクリーニング
  • 原状回復リフォーム
  • 特殊清掃や消臭作業
  • 車やバイクの回収や廃車手続き代行
  • 相続の相談
  • 家屋の解体

を依頼すると別途料金が発生するものがあります。このようなオプションサービスについては必要かどうかをしっかり判断してから依頼するようにしましょう。

業者ごとに得意な現場や特徴がある

遺品整理業者は業者ごとに得意な作業が異なります。老人ホームや介護施設への入居などを専門に行っているような業者や、孤独死現場を数多く担当してきた特殊清掃に強い業者などです。

また遺品整理だけでなくハウスクリーニングや引越し、リサイクルショップを運営している買取業者が兼業している場合もあります。

片付け業者の種類と違い

自分の要望や作業してほしいことに近い業者を選ぶほうが作業もスムーズで費用もかからない可能性があります。以下の記事では更に「損をしないための見積もりの取り方」をまとめています。ご興味ある方はあわせてお読みください。

遺品整理で損をしないための見積もりの取り方