遺品整理とは、亡くなれらた方の使用していた品々を丁寧に整理すること。遺品整理サービスとは、専門会社がその作業を代行するサービスです。

大切な方が突然亡くなり、その人の部屋や家を片付けなければいけないタイミングで、「何から始めてよいのかがわからない」方は多いのではないでしょうか?

そのような時に頼りになるのが遺品整理業者です。ここでは、遺品整理の作業を依頼する際に発生する費用や料金相場についてお伝えします。

遺品整理業者の料金相場と費用の目安

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国474社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

※遺品整理には、相続に関わる注意点や業者の質を見極めるポイントがあります。はじめて遺品整理を業者に依頼しようと検討している方は、下の記事もぜひご一読ください。

遺品整理を業者に依頼するメリットと良い業者の選び方

業者に依頼した場合の費用相場と作業時間

遺品整理業者に作業を依頼した場合の費用相場は、一般的に部屋の広さによって異なります。また部屋の広さによって作業時間も変動します。

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。

※ゴミ屋敷清掃や特殊清掃が必要な現場の場合、料金が大きく変わります。

料金に幅がある理由

同じ部屋の広さでも料金が異なる理由は、処分したい家財の量や種類によって料金が大きく変動するためです。そのため、上記した費用はあくまで概算・目安となります。

例えばワンルームの部屋であっても、モノが捨てられない、溜め込んでしまう性格の方が住んでいた部屋は、部屋にあるモノの量が膨大で、処分費用が高くなる傾向があります。

逆にいうと、広い部屋でもきれいに整理整頓されている場合は安く済む可能性もあります。4LDKの部屋であっても1部屋分だけ遺品整理を依頼したいのであればワンルーム・1Kの料金表が適用されます。

また、処分品の中に購入してから新しい家電やまだ使える家具、骨とう品や貴金属などがある場合はそれを買取り、処分費用から差し引き、費用を安くしてくれることもあります。買取やリサイクルの条件も業者により異なるため、確認が必要です。

〈協会認定〉買取に対応した遺品整理業者はこちらから

より具体的な費用・確定料金が知りたい場合

上で見たように、遺品整理の料金は現場の状況によって幅があります。実際の作業量が見えないと最終的な費用を出すことができないのです。そこで、実際にかかる料金が知りたい場合には訪問見積もりを取るようにしましょう

同じことは家族の引っ越しでも言えますね。引越し業者に依頼する際は営業マンに家まできてもらって訪問見積もりを取ります。部屋の間取りだけでなく荷物の多さや建物の状況によって、料金が変わってくるからです。引っ越しと同じように、遺品整理も処分や仕分けをすべき物の量、また対応条件で費用が決まります。

〈参考記事〉遺品整理で損をしない見積もりの取り方

訪問見積もりに応じない場合は…

中には訪問見積もりに応じない、したがらない業者もいます。そのような業者は当日になって追加請求をしてくる悪徳業者の可能性があり、注意が必要です。

また訪問見積もりには、直にスタッフの対応をチェックできるというメリットもあります。

料金の決まり方

では、遺品整理業者はどのように見積もり額を決めているのでしょうか?費用に関わる要素は次のようなものです。

1. 荷物の量

遺品整理において処分する荷物量が最も料金に影響します。反対に、回収する不要品が少ないと、廃棄業者への処分料が安くすむため料金が安くなる傾向にあります。

また状況によっては、不用品の運搬費とそれに伴う人件費が増えることもあります。例えば、広い部屋で家具・家電だけ引き取ってほしいという場合、ゴミ屋敷と化した狭い部屋の清掃よりも料金が安くなる場合があります。これも処分するものを運び出す人や車の作業の多さによるところが大きいためです。

2. 処分品の種類

遺品整理業者はさまざまなリサイクル業者と提携しています。

普段ならゴミとして処分料がかかるものも、無料もしくは買取として引き取ってもらえる場合があります。提携業者によっては紙・衣類・金属なども買い取り品として扱ってくれ、料金から値引きしてくれる業者もあります。また海外に販路を持っている業者は日本では売れないような家具家電や趣味嗜好品を海外に転売するなど、リユースして処分費用を削減する業者もいます。

〈参考記事〉遺品を買い取ってもらうコツは?

3. 作業希望日や対応期日

「賃貸の解約日の関係で明日までに作業を終えてほしい。」など、期日が迫っている緊急な案件よりも、「今月中に作業してほしい。」など、作業完了までの日数に余裕があるほうが、料金を安く抑えられる傾向があります。

理由としては、作業希望日が決まっていて、迅速に作業を終わらせるためには、多くのスタッフを駆り出す必要があるからです。また作業を短期で終わらせる場合には1日に回収トラックを何度も往復させる必要があるので、追加費用が発生します。なるべく余裕を持った見積もりや依頼をすることをおすすめします。

4. 建物や道路の状況

建物状況や、家の周りの道路環境によっても料金が変わります。マンションやアパートに住んでいる方の場合、建物の階層やエレベーターの有無によって作業効率に差が出るためです。また近くにトラックが駐車できるかによっても作業スピードに影響が出るため、状況によっては見積もりの時に追加料金の相談が出る場合もあるでしょう。

例えば、5階建てのマンションでエレベーターがなく階段しかなかったり、建物に隣接した道路が狭く、トラックがつけられなかったりすると作業に時間がかかってしまうため追加で料金がかかる場合があります。

5. オプションサービス

遺品整理業者が提供しているサービスには追加料金がかかるものがあります。

例えば、

  • エアコンの取り外し
  • 遺品の供養やお焚き上げ
  • ハウスクリーニング
  • 原状回復リフォーム
  • 特殊清掃や消臭作業
  • 車やバイクの回収や廃車手続き代行
  • 相続の相談
  • 家屋の解体

を依頼すると別途料金が発生するものがあります。このようなオプションサービスについては必要かどうかをしっかり判断してから依頼するようにしましょう。

遺品整理のオプションサービスの料金相場はどれくらい?

業者ごとに得意な現場や特徴がある

遺品整理業者は業者ごとに得意な作業が異なります。老人ホームや介護施設への入居などを専門に行っているような業者や、孤独死現場を数多く担当してきた特殊清掃に強い業者などです。

また、ハウスクリーニングや引越し、リサイクルショップを運営している買取業者が遺品整理を兼業している場合もあります。

片付け業者の種類と違い

自分の要望や作業してほしいことに近い業者を選ぶほうが作業もスムーズで費用もかからない可能性があります。下の記事では更に「損をしないための見積もりの取り方」をまとめています。ご興味ある方はあわせてお読みください。

遺品整理で損をしないための見積もりの取り方

遺品整理の料金を安くするには?

①相見積もりをとる

まずは3社を目安に相見積もりをとってみましょう。

相見積もりをとることで相場がわかりますし、業者間で料金やサービスを比較できます。安すぎる、高すぎる料金を提示してくる業者は悪徳業者に可能性があるので候補から外します。

②遺品を買い取ってもらう

貴金属や着物、高級家具をはじめ、遺品の中には買取ができるものもあります。「手元に残して置くほどでもないけれど、処分するにはもったいない」と思うものは買取に出してみてるのも一つです。

遺品整理業者は多くの場合、買い取り分の費用を遺品整理の作業料金から差し引いてくれるため、結果として費用の節約に繋がります。

遺品整理業者による買取以外にも、フリマアプリやネットオークションで出品する、買取専門店で買い取ってもらう、といった方法もあります。買取については下の記事も参考にしてみてくださいね。

〈参考記事〉遺品を買い取ってもらう際のポイント

③できる範囲で事前に片付けておく

遺品整理の料金は処分する物の量が多いほど高くなります。したがって、あらかじめできる範囲で処分をしておくと費用を抑えることができるのです。

ただし無理は禁物ですので、少しでも無理そうだと思ったら業者に任せるのが安全です。

良い業者を選ぶ6つのポイント

全国に9,000社以上いると言われている遺品整理業者の中には、心ない悪徳行為をする業者も存在します。良い業者を選ぶためにも、次の6つのポイントを押さえておくと安心です。

①遺品整理士が在籍しているか

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している民間資格です。この資格は、およそ2ヶ月間の講座を受講したのち、遺品整理士にふさわしい認められた者に与えられる資格です。

現在、遺品整理業は遺品整理士でなくても開業できてしまうのが現状です。なかには遺族の気持ちを考えず遺品を雑に扱ったり、高額請求をしたりする悪徳業者も存在します。

依頼を検討している業者に遺品整理士が在籍しているのか確認すると安心です。

②訪問見積もりに応じてくれるか

上でも述べたように、訪問見積もりに応じてくれない業者は追加請求などの悪徳行為を行う可能性があります。訪問した上で、きちんと説明をしながら見積もりを出してくれる業者を選ぶようにしましょう。

③見積もり書の記載が明確か

見積もり書の記載が曖昧な場合、何にいくらかかったのかが不透明です。内容・金額それぞれに細かな記載がなされているか確認しましょう。また、必要な作業が過不足なく含まれているかもチェックポイントです。

④不用品を適切に処分しているか

遺品整理で出た不用品は一般廃棄物として扱われます。したがって、その回収・運搬・処分には「一般廃棄物収集運搬許可証」という免許を持っているか、免許を持っている別の業者に作業を委託している必要があるのです。

この免許を持っておらず、また別の業者に委託もしていない場合には、不法投棄をしている可能性があります。

⑤対応が丁寧か

電話での対応や訪問見積もりの際の対応が丁寧かどうかも確認しましょう。強引に契約させようと迫ってきたり、細かく説明してくれなかったりする業者は候補から外します。

⑥相見積もりをとる

最初から業者を1社に絞ってしまうと料金やサービス内容を比較できません。3社を目安に相見積もりをとって、料金・サービスを比べてみましょう。あまりにも安すぎる・高すぎる業者は避けるのが無難です。

良い業者はどこで探す?

当サイトみんなの遺品整理」は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。

ご希望のサービス内容、地域に沿った業者を下のリンクからぜひ探してみてくださいね。

〈協会認定〉遺品整理業者の検索はこちらから

業者選びのご相談も承ります

また、「業者選びから相談したい」「どの業者が良いのか分からない」という方のご相談も受け付けております。こちらからお気軽にお問い合わせください。

「みんなの遺品整理」の特長  ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。「みんなの遺品整理」の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。