終活とは、残りの人生をより良く過ごすための活動です。ご自身の最期を見つめ直すことはもちろん、ご家族の負担を減らす意味でも有効な取り組み。行う意味や具体的な内容など、終活とは何か、網羅的に解説します。

終活とは?行う意味や具体的な内容、いつから始めていくらかかるのかを解説

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国894社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

0120-905-734受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内

終活とは?

終活とは、人生の最期を考えたり、残りの時間をより充実した時間にしたりするための備えです。

具体的に何をするかは人それぞれですが、エンディングノートや資産リスト、遺言書の作成、老後における資産の取り扱い、相続税対策などさまざまなことを実施します。

終活を行う意味

終活には、主に3つの大きな意味や目的があります。適切に理解することで、スムーズに終活が進められるため、把握しておきましょう。

残された時間を前向きに生きるため

終活によって漠然とした不安を解消できれば、残された時間を前向きに生きられます。

人生の最期をどのように過ごすかを明確にすることで具体的な対策が見つかり、目標が立てられます。目標に向かって毎日を過ごすことで充実した時間を送れるのです。

ご家族の負担軽減

終活によってお葬式や埋葬、故人の遺品整理など残されたご家族の負担も軽減できます。

故人の意思が書き残されたエンディングノートの準備が出来ていれば、ご家族が頭を悩ませることもありません。

親族間のトラブル防止

終活は残された親族同士のトラブル防止にもつながります。故人の資産をめぐってトラブルになりやすいのが、親族間の財産分与です。

遺言書を作成して財産分与の内容を明確にするとともに、相続税などについても対応策を講じておけば、後々のトラブルを防止できます。

終活はいつから始める?

終活を始める年齢に決まりはありません。終活を意識したタイミングで始めたり、20代といった若いタイミングから開始したりと人それぞれです。

終活はライフステージによって考え方や進め方も変化します。少なくない時間や労力を費やすため、元気なうちからご自身のペースで進めるのが理想です。

お近くの生前整理業者はこちら

〈参考記事〉終活を20代から始めた方が良い理由とは?

終活にお金はかかる?

終活にはある程度のお金がかかり、詳細な費用は数千円〜数百万まで人それぞれです。

対応内容や状況によっても費用感が異なるため、該当するケースを確認しましょう。

【項目別】終活にかかる費用目安

項目 費用
エンディングノート 無料~2,000円
終活相談 無料~5,000円程度(1時間)
生前整理

30,000円〜(1K)

その他の間取りの費用を見る

葬儀 平均120万円※1
仏壇 平均8.9万円※2
お墓 平均 176.3 万円※3

※1出典:総務省統計局「2020 年基準改定における冠婚葬祭サービス価格の把握について(案) 」(PDF)

※2出典:住宅金融支援機構「表1 住宅種類別・品目別・1世帯当たり平均購入額」(ファイル)

※3出典:参議院「少子高齢時代の墓を考える」(PDF)

上記表の金額は、専門業者などに依頼した場合の価格です。部分的にご自身やご家族で担当することで費用を削減できることもあるため、目安にしてください。

終活では何をする?

  • エンディングノートを作成する
  • 老後の資金計画をたてる
  • 資産を見直しリストアップする
  • 遺言書を作成する
  • 契約サービスを見直す
  • デジタル情報を整理する
  • 介護や治療における意思表示をする
  • 緊急連絡先のリストアップと共有をする
  • 生前整理などを通し不用品を片付ける
  • 葬儀や墓地の準備を行う

終活では上記の表を基に、具体的に何をすべきかを明確にします。ただし、開始のタイミング次第によっては、すべて表の内容通りに作業が進むとは限りません。

ご自身の状況や優先度に沿って取り組むのがおすすめです。

〈参考記事〉終活における10のやることリストとは?

終活を効果的に行うポイント

終活を進めるにあたっては押さえておきたいポイントが複数あります。予め把握することで作業もスムーズになるため、ぜひ参考にしてください。

デジタルデータも必ず整理する

終活では、デジタルデータの整理も重要な作業の一つです。デジタルデータには、パソコンのファイルや写真、サイトIDやパスワードなどの個人情報が詰まっています。

情報流出を防いでプライバシーを保護するためにも、データを整理しましょう。特に会社関連や財務関連の重要ファイルなどが流出すると大きな損失を招くリスクがあります。

〈参考記事〉デジタルデータの整理について詳しく見る

老後を前向きに考える

終活は、最期を考え現状を客観的に把握することで、残りの人生をより有意義なものにすることが目的です。

残された時間でどう過ごすかを整理することで、目標が定まりやすくなります。老後を心身ともに健康で過ごすためにも、前向きに終活することが重要です。

家族とコミュニケーションをとる

終活は1人で行わず、ご家族とコミュニケーションを取りながら行うことが大切です

厚生労働省も「人生会議」と題して、周囲とのコミュニケーションを推奨しています。

ご自身が認知症になったり、延命治療が必要になったりした場合にご家族の負担を減らすためにも、普段から意思を伝えておくと安心でしょう。

出典:厚生労働省「「人生会議」してみませんか」

専門家へ依頼して適切に処理する

終活の一環である生前整理を専門家に依頼する方法もあります。状況次第では、専門的な知識を要する手続きなどが発生するケースもあるでしょう。

専門家に依頼することで時間や労力を削減可能です。ご自身やご家族の負担を軽減する意味でも、業者利用を検討しましょう。

お近くの生前整理業者はこちら

〈参考記事〉生前整理の業者利用について詳しく見る

まとめ

終活は残りの人生を充実して過ごすためのものです。いつ、どのように始めるという明確な決まりがないため、状況に合わせて無理のないペースで進めましょう。

ご自身にとってはもちろん、ご家族の負担を軽減する意味でも大切な作業です。

実際に終活を考えているものの、ご自身での対応が困難だったり、何から手を付けて良いか分からなかったりする場合は「みんなの遺品整理」がおすすめです。

終活の一環である生前整理をお手伝いする優良業者を多数掲載しています。専門のスタッフによる相談も受け付けているため、ぜひ参考にしてください。

お近くのおすすめ生前整理業者ランキングを見る

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国894社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

0120-905-734受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内