人が亡くなると、残された家族は遺品整理をすることになります。これはとても大変な仕事なので、本人がまだ元気なうちに生前整理をするのがおすすめです。ここでは、生前整理のポイントやメリットについて解説します。

遺品整理よりも生前整理したほうがよい理由

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国481社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

生前整理とは

生前整理は、自分の死後に備えて持ち物を整理しておくことをいいます。不要なものを処分し、必要なものはしまう場所や引き取り手を決めます。 長い間放置していた押入れなどにも手をつけなければなりません。人によってはかなりの大掃除になります。

また、自分の死後に家族が困らないよう、いろいろなことを決めておくのも生前整理に含まれます。遺書の作成はもちろん、遺産相続や葬儀の形態などについても相談しておく必要があるでしょう。

生前整理のメリット

生前整理のメリットは、持ち主本人が中心となって整理を進められることです。必要なものと不要なものの区別がつきやすく、大切なものを見逃す可能性も低くなるので、効率よく行うことができるでしょう。

本人にとっても、死後の心配が少なくなるので、老後の生活を安心して送れるメリットがあります。特に一人暮らしをしている人は、万が一の時に備えて少しずつ生前整理を進めることをおすすめします。

遺品整理では家族への負担が増える

まだ生きているうちに死後の準備を始めるのは気分が悪い、家族に任せればいいと考える人もいるかもしれません。しかし、遺品整理は家族にとって大きな負担となることをご存知でしょうか。

大量の遺品を整理するのは、それだけでも大変な作業です。しかも、持ち主本人はすでに亡くなっているわけですから、大切なものがどこにしまってあるのかさえ簡単には把握できません。預金通帳証券類が見つからなければ大変なことになるでしょう。パスワードがわからず、故人のパソコンにログインできない事態もよく発生します。

遺品の整理をめぐって、家族や親族が争う可能性も否定できません。家族に負担をかけたくなければ、生前整理をしておくのが懸命です。

生前整理をするタイミング

生前整理は、本人がまだ元気なうちに行うのがポイントです。とはいえ、とにかく早ければいいわけではありません。30代や40代だと、まだ子供がいなかったり未成年だったりして、死後の準備をするのが現実的ではないケースもあります。1度生前整理をしたあとに、状況が変化してしまうことも考えられるでしょう。

したがって、50代から60代ごろに始めるのがおすすめです。また、大きな病気を患った時など、生命の危機を感じた時も生前整理の始め時です。まずは、自分の死後について家族に相談することから始めてください。

負担を減らしたいなら生前整理業者に依頼する

遺品整理よりは効率がいいとはいえ、生前整理にもかなりの労力が必要です。1人暮らしで家族の助けも借りにくいとなれば、大変な仕事になります。そんな時は、生前整理業者に依頼してみましょう。

生前整理業者は持ち物を丁寧に仕分け、不用品は引き取ってくれます。不用品回収業者とは異なりすべての持ち物を大切に扱ってくれるので安心です。見積もりや相談は無料であることが多いので、気軽に連絡してみましょう。

終わりに

生前整理を行えば、家族の負担を減らし、自分自身もゆとりのある老後を送ることができます。近年では、少子化によって遺品整理の負担がさらに大きくなっているため、生前整理の重要さも増しています。自分の死後のことについて、一度よく考えてみてください。