使わなくなった物置の処分ってどうすればいいのでしょうか。

庭やベランダに置いてある使わなくなった物置や倉庫をいざ撤去するとなると、困ってしまう方も多い方と思います。この記事では解体方法と処分にかかる費用について紹介します。

物置や倉庫の解体方法と処分費用について

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国273社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

解体方法について

安く済ませるなら自分でドライバーを使って解体する

もっとも安くすむ方法が自力での解体です。男性の方であればドライバーやスパナがあれば、できる方もいらっしゃるかと思います。「100人乗っても大丈夫」で有名なイナバの物置やヨドの物置などの鉄製(スチール)のものは、まず天井のボルトから外していきます。次に側面部のボルトを外していき、最後に床部分と基礎の部分を撤去します。

また、自分で解体作業を行おうと考えている方はぜひ家族や友人に手伝ってもらいましょう。支えがないと部品が変形してしまう場合や壁が倒れてしまうこともあります。他にも古くなって金属部分がサビついてしまった場合や、プレハブ・木造のような素材の物置は自力で分解すること自体が困難なこともあります。

解体業者に依頼する

自分で作業する時間がとれない、体力的に難しいという場合は専門の解体業者や回収業者に依頼することも検討してみましょう。ベランダや屋上に置いてあって運ぶのが大変な場合や、サイズの大きな倉庫であっても対応してくれます。事前に伝えておけば、近隣の方々に騒音などで迷惑をかけないよう静かに作業してもらうことも可能です。

料金はいくらかかるの?

物置や倉庫の作業料金は一概にいくらとは言えません。業者に依頼するときは下記条件によって料金が変動します。

サイズ・大きさ

小さいものであれば15,000円程度で作業してくれます。一戸建ての庭などにある大きなものであれば25,000円~30,000円程度に行ってくれる業者もあるようです。この基本料金に加えて条件ごとに料金が変動します。大きな倉庫になってくる場合は専門の解体業者でないと対応してくれませんので、注意しましょう。

何でできているか・素材(スチール・木材・プレハブなど)

鉄製(スチール)の場合はほかの素材よりは撤去費用が安いです。理由としては鉄くずとしてリユースできるため廃棄物業者から買い取ってもらえるためです。

状態や劣化の進行具合

雨風にさらされて老朽化してしまうとネジやボルトにサビがでます。これが進行すると解体業者としても分解作業が大変になってしまうため、料金が上がる場合があります。

中身の回収

物置の中に入っているものを不用品として回収をお願いする場合、その分の費用が発生します。費用を抑えるためにはなるべく中身を減らしておきましょう。

基礎部分の解体、回収

物置を設置するときは地面と物置の間に基礎と呼ばれる部分があります。よくあるパターンとしてはコンクリートブロックをいくつか置いてその上に設置します。稀に工事でしっかり基礎を作っていることがあります。その場合はハンマーで壊すところからの作業となります。

養生作業の有無

ベランダや屋上から運び出す場合は階段などの共用部分を傷つけないために養生作業が必要となります。

依頼するときは業者に見積もりをとりましょう。

上記したとおり、様々な条件で料金は変動します。実際の具体的な料金が知りたいときは見積もりをとることをおすすめします。当サイトみんなの遺品整理では全国の解体業者。片付け業者と提携しています。

業者によっては、お電話で概算料金をお伝えすることもできますので、作業の費用を知りたい方はぜひご相談ください。

物置・倉庫の解体業者の料金やサービスを見てみる