部屋が汚くなる原因として、整理整頓ができていないことがあります。部屋に物が多すぎることや、忙しさなどでついつい後回しにしてしまうことも含まれます。でも、部屋が汚い・散らかっていることで生活に悪影響を与えているって知ってましたか?

実はそんな片付けられない人たちには共通点があったんです。ここでは、部屋が汚い原因と部屋をきれいに保ち続けるコツについて紹介していきます。

部屋が汚い原因と改善策!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国449社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

部屋が汚いと人生に悪影響が

日常生活や健康に悪影響

部屋が汚い人の中には、「ホコリで人は死なない」と豪語する人がいるようです。ところが実際には、部屋が汚いとホコリやカビによる悪影響があります。ホコリやダニの発生によるハウスダストは、アレルギー性鼻炎や皮膚炎などの原因となります。汚ない部屋は風邪も引きやすくなるだけでなく、カビの中には肺炎につながるものもあります。

人間関係にも波及?

他にも、部屋が汚いことで、友人などを部屋に呼ぶことができなくなります。芸術家の場合ならインスピレーションにつながるかもしれませんが、孤独は精神状態を蝕みます。ネガティブな精神状態は、部屋を片付ける気力を失くすだけでなく、仕事などの「やる気」を失わせます。何事においても「後回し」となるため、人生の重要な決断がしにくくなります。

部屋が汚い人に共通する習慣や特徴

部屋が汚い人には、以下の共通する3つの習慣や特徴があります。

1.物が多い

部屋が汚い人ほど、物が多い傾向があります。実際に使う物だけでなく、「いつか使うかもしれない」と、使わない物を溜め込むためです。うちわや紙袋、スーパーのレジ袋や割り箸などが部屋のスペースを占領します。

2.すぐに収納しない

部屋が汚い人は、部屋に戻ってきて上着をすぐにクローゼットにしまうことはありません。どういう訳か、椅子やソファーに一旦置きます。洗濯物もたたまずにソファーの上などに置きっ放しです。

本を読んでも本棚にしまわずに、テーブルやベッドの近くに置いたままです。そのため、どこに何があるのかわからなくなって、慌てて探すことも一度や二度ではありません。

3.明日できることは明日やる

部屋が汚い人には、「明日できることは明日やる」と、何事も後回しにしがちです。そのため、部屋の片付けやゴミをまとめる作業も、なかなか手を付けることはありません。

部屋をキレイに保つコツ

部屋をキレイに保つコツとして、次のようなものがあります。

1.物を床に置かない

買い物したばかりの衣服などを紙袋に入れたまま、「とりあえず」と床に置いてしまうかもしれません。仮置き場のつもりが、他の物も置くようになって収拾がつかなくなることもあります。動線の確保のためにも、物は床に置かないようにしましょう。

2.収納場所を決める

服はクローゼット、本は本棚、食器は食器棚といったように、収納場所を決めることが大切です。床やテーブルに置きっぱなしにしてしまうと、その都度片付ける手間がかかります。

3.定期的に処分する

クローゼットにほとんど着ていない衣服があったり、雑誌などが多くなってきますと、本棚やクローゼットから溢れてしまいます。2~3ヶ月に1度など、定期的に処分する習慣をつけると良いでしょう。

自分で解決できないときは片付け業者に頼もう

一気に現状を打破したいという方や、忙しくて片付ける時間を取れないという方もいると思います。そんな方におススメなのが、片付け業者に依頼することです。

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がいきなり業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

度のお問い合わせで3社まで相見積もり手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

片付け業者の料金や口コミを調べるにはコチラ

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

少しづつの積み重ねが大切

部屋が汚くなる原因の改善策として、「物を床に置かないこと」や、「収納場所を決める」ことと、「定期的に処分する」ことがあります。無理をせずに、できそうなことから少しずつ行動することが大切です。