部屋が汚くなる原因として、整理整頓ができていないことがあります。部屋に物が多すぎることや、忙しさなどでついつい後回しにしてしまうことも原因の一つです。しかし、部屋が汚い・散らかっていると、生活に悪影響が出てしまいます。

ここでは、部屋が汚い原因と部屋をきれいに保ち続けるコツについて紹介していきます。

部屋が汚い原因と改善策!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国700社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

【動画で解説!】部屋が汚い原因と改善策まとめ

部屋が汚いことによる生活への悪影響

健康への悪影響

部屋が汚いとホコリやカビによって健康への悪影響があります。ホコリやダニの発生によるハウスダストは、アレルギー性鼻炎や皮膚炎などの原因となります。

汚ない部屋は風邪も引きやすくなるだけでなく、カビの中には肺炎につながるものもあります。

また、部屋が汚いと疲れやすく、生活が乱れやすいとも言われています。生活習慣が悪くなると、病気にもかかりやすくなります。

精神面への悪影響

健康面だけでなく、部屋が汚いことは精神的な面でも悪い影響があります。汚い部屋で生活するうちにしらずにストレスがたまり、ネガティブな精神状態になってしまうのです。

仕事などの「やる気」を失わせ、無気力や倦怠感、疲労感を感じやすい状態になります。また、何事においても「後回し」となるため、人生の重要な決断がしにくくなります。

人間関係への影響

他にも、部屋が汚いことで、友人などを部屋に呼ぶことができなくなります。また、一緒に生活をしている家族と衝突することもあります。

部屋をきれいにしたい家族やパートナーとの価値観の違い喧嘩が起こったり、期待ない部屋で過ごすことでイライラして人間関係が悪い影響を及ぼすこともあります。

部屋が汚い人に共通する習慣や特徴

部屋が汚い人には、以下のような共通する習慣や特徴があります。部屋が汚くなるように習慣を見直し改善することで、きれいな部屋が保てるようになります。

1.物を多く溜め込みがち

部屋が汚い人ほど、物が多い傾向があります。実際に使う物だけでなく、「いつか使うかもしれない」と、使わない物を溜め込むためです。うちわや紙袋、スーパーのレジ袋や割り箸などが部屋のスペースを占領します。

部屋の掃除をしたり、新しいものを買った際に部屋の中のものを捨てられないため、ものが増え続けて部屋が汚くなってしまいます。

2.すぐに収納しない 

部屋が汚い人は、部屋に戻ってきて上着をすぐにクローゼットにしまわず、椅子やソファーに一旦置きます。洗濯物もたたまずにソファーの上などに置きっ放しです。

本を読んでも本棚にしまわずに、テーブルやベッドの近くに置いたままです。そのため、どこに何があるのかわからなくなって、慌てて探すことも一度や二度ではありません。

予め収納の場所を決め、そこにしまうことを習慣化しないと、使ったものが床や机に放置され、部屋が汚くなっていきます。

3.買い物でいらないものまで買ってしまう

衝動買いでたくさんものを買ってしまうことも、部屋が汚い人の特徴です。セールで安くなっていたものを大量に買ったものの、部屋に置く場所がなかったり、持っているものを買ってしまい、無駄になる場合もあります。

また、部屋が散らかった状態だと買ったものを把握できないため、同じものを買ってしまうこともあります。

4.明日できることは明日やる

部屋が汚い人には、「明日できることは明日やる」と、何事も後回しにしがちです。そのため、部屋の片付けやゴミをまとめる作業も、なかなか手を付けることはありません。

帰ってきてから着ていたコートを床に放置してしまうなど、手間に感じることを後回ししてすぐに行わないという習慣が、部屋にものが散乱してしまう原因になります。

部屋をキレイに保つコツ

部屋が汚くなる習慣や特徴を紹介しましたが、ではどうしたらきれいな部屋を保てるのでしょうか。部屋をキレイに保つコツとして、次のようなものがあります。

1.物を床に置かない

買い物したばかりの衣服などを紙袋に入れたまま、「とりあえず」と床に置いてしまうかもしれません。仮置き場のつもりが、他の物も置くようになって収拾がつかなくなることもあります。動線の確保のためにも、物は床に置かないようにしましょう。

2.収納場所を決める

服はクローゼット、本は本棚、食器は食器棚といったように、収納場所を決めることが大切です。床やテーブルに置きっぱなしにしてしまうと、その都度片付ける手間がかかります。

一方で、ものをすべて収納しようと収納用品を買い足してしまうと、ものが増える原因になります。思い切って収納用品を減らし、収納場所がみつからないものは捨てる、買わないと決めてしまうのも、ものを減らすための一つの手です。

3.定期的に片付け、処分する

クローゼットにほとんど着ていない衣服があったり、雑誌などが多くなってきますと、本棚やクローゼットから溢れてしまいます。2~3ヶ月に1度など、定期的に処分する習慣をつけると良いでしょう。

また、収納場所から出したものはもとの場所に戻すように日々の習慣をつけましょう。たとえば、毎日夜寝る前に収納場所にしまいなすなど、時間を決めて片付けを習慣化すると、気づいたら散らかってたということがなくなります。

4.ものを増やしすぎない

まずは部屋の片付けをして、自分の持っているものを把握できるようにしましょう。そうすることで、同じものを買ってしまうことを防ぐことができます。

片付いた状態を維持するには、ものの量を一定に保つように意識することも大切です。買ったものを収納するスペースが足りなければ、買った分だけ部屋にあるものを捨てるようにするとよいでしょう。

また、買ったものだけでなく、包装紙やチラシなど、意図しなくても部屋の中にものが増えていきます。ゴミはすぐに捨てることを習慣づけ、またゴミになるビニール袋、紙袋や割り箸などは貰わないように心がけましょう。

汚い部屋を片付ける方法

上記では部屋をきれいに保つコツを紹介してきましたが、部屋をきれいにするにはまず片付けをして部屋にあるものを減らす必要があります。ここでは、汚い部屋を片付ける方法を紹介します。汚い部屋は、以下の4ステップで片付けることができます。

①害虫の駆除、作業スペースを確保する

まずは、部屋の掃除ができる状態にするために、害虫の駆除し、人が通れる程度の作業スペースの確保をするために片付けをします。

②明らかなゴミを処分する

ものの仕分けに入る前に、ひと目でゴミと分かる空き缶、ペットボトル、紙袋などを捨てていきます。

③モノを3つに仕分けする

ゴミが処分できたら、部屋の中のものを「手元に残すモノ」「手放すモノ」「迷うモノ」の3つに分類していきます。

④出たゴミの処分とクリーニング

最後に、不用品を処分し、汚れの残っている床や壁をきれいに掃除します。

片付け方のコツや片付けの準備について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【参考記事】汚部屋の片付け手順とコツ

汚部屋片付けの依頼にかかる費用相場

ここまで、自力で行う汚部屋の片付け方についてまとめてきました。しかし、「やっぱり自力では無理だ…」と思うこともあるかもしれません。

そんなときには、業者に依頼してみるのも一つの手です。業者に依頼することで、以下のようなメリットが得られます。

業者に頼むメリット

・短時間で部屋がきれいになる

・ものの仕分けから不用品の処分まで行うため手間がかからない

・買取対応業者なら買取額を作業費用から差し引いてくれる

・作業終了後には簡易清掃を行なってくれる

間取り別:業者の料金相場の目安

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。家の中のゴミの量によって料金が変わります。 

お近くの汚部屋清掃業者はこちら

自分で解決できないときは片付け業者に頼もう

実は、遺品整理業者は汚部屋の片付けにも対応しています。

汚部屋片付けを業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。

汚れているとはいえ、自分のプライベートな空間に他人を招き入れるわけですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

少しづつの積み重ねが大切

部屋が汚くなる原因の改善策として、「物を床に置かないこと」や、「収納場所を決める」ことと、「定期的に処分する」ことがあります。無理をせずに、できそうなことから少しずつ行動することが大切です。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。