大切な方が亡くなり、お葬式などが終わって一息ついた後に実施する住まいや部屋の片づけ、所謂遺品整理の作業。亡くなってからそう日にちも経っていない状況で、思い出がたくさんある部屋の家財や日用品を処分することは心苦しいものです。実際になかなか手を付けられない方もいるのではないでしょうか?

また、心の問題だけでなく、いざ手をつけると思ったより時間がかかってしまって困っている方も多いのではないかと思います。この記事では自分で実家の片づけをする際の注意点やコツをご紹介していきます。

実家の片付けにお困りの方へ!親の家を片付ける3つのコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国250社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

1.遺品の仕分けをしよう

まずは残しておきたいものと、処分するものを分ける作業が必要です。以下のポイントに注意しながら、仕分け作業をしましょう。

作業スペースの確保

作業時の注意点としてまず玄関などの入り口、大きな窓の近く、廊下などの通路付近から作業しましょう。理由としては仕分けをする際には仕分け用の段ボールを置くスペースが必要なためです。段ボールを置く余裕のある空間を先につくれるように、作業していくことをおすすめします。

分別する順番

最初は食器や衣服など日用品が入っているタンスなどから手を付けることをおすすめします。それは、中身を処分しないとタンス自体が粗大ごみに出せないためです。

また、貴重品や故人との思い出の品についても後回しにしたほうがよいでしょう。なぜならば、アルバムなど思い出の詰まったものは想い出がよみがえって作業の手が止まってしまうことがあるからです。また貴重品についても、処分するか残すか迷って、時間がかかってしまう場合があるので、後回しにしたほうがよいでしょう。

先に片づけやすいものから着手して、迷いそうなものはすべて作業し終わった残り時間でじっくり処分の仕方を考えるようにしましょう。

2.貴重品の捜索をする

亡くなる前にどこに何がしまってあるのかを聞いておくのは同じ家族であってもなかなか難しいことです。遺言書にはじまり、形見の宝飾品や腕時計、株券や土地の権利書まで家の中には様々なものが保管してあります。亡くなった方の性格や行動パターンをもとに、それらを根気よく探し出す必要があります。

遺品整理士の資格を管理する一般社団法人遺品整理士認定協会によると、よくある場所としてはタンスの奥や、仏壇の引き出し、女性であればドレッサーの引き出しの中に貴重品が入っている場合が多いようです。本棚の本の間に大切な書面が挟まっていることもありますので、捜索の際には慎重に作業を行うことをおすすめします。

3.遺品の処分方法を調べる

遺品の供養・お焚き上げ・魂抜きが必要なもの

仏壇や神棚は処分する前に魂抜き(お性根抜き)が必要になります。また写真やぬいぐるみなど、故人の想いがこもっているものに関しては、供養やお焚き上げをする人も増えています。愛用品や想い出の品を、不用品として普通のゴミと一緒に捨てることに抵抗があるためです。

少量であればぜひ家で保管してほしいのですが、家に十分なスペースがない状況や、量が多い場合に困りますよね。そういったものは近くの寺院に供養を依頼してみましょう。ゆかりのあるお寺がない場合は遺品整理業者も供養の手配をしてくれます。

例えばMISお焚き上げステーションは、当サイトを共同運営する一般社団法人遺品整理士認定協会が運営しており、段ボール1つあたり10,000円からお焚き上げを行っています。供養を希望するものを郵送で送ればパソコンなどのデジタル遺品も含めすべてお焚き上げをしてくれます。更にお焚き上げが完了した遺品は、高温焼却されるので、安心です。

仏壇の4つ処分方法と供養について

デジタル遺品って何?放置するとどうなるの?

その他処分に困るもの、いろいろな処分方法があるもの

以下のような特殊な不用品の場合、みなさんどのように処分すればよいのか、頭を悩ますのではないでしょうか?

上記を含め一見処分に困るものや、処分の依頼先が様々あるものについて以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

仏壇・パソコン、家具家電など、捨てるのに困りがちな不用品処分方法ガイド