2009年に改正された家電リサイクル法により、大型家電を粗大ゴミで捨てることができなくなりました。今やゴミを捨てるのにもお金がかかるご時世です。壊れたり、要らなくなった粗大ゴミをどう処分すればよいのか?ご紹介していきたいと思います。

粗大ゴミをまとめて処分する方法

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

自治体の回収場へ持ち込む

費用を安く抑えたい場合は自分で要らなくなった粗大ゴミを自治体の清掃工場などに搬入すれば、処分してもらうことが可能です。行政によっては対応していないところもあるので、事前に確認してみましょう。問題としては自分で重い洗濯機や冷蔵庫といった家電を搬入するのは非常に大変です。また運ぶための車や人の力を借りないと女性や高齢の方では難しいかもしれません。

回収業者に依頼する

近年粗大ごみの回収方法で一般的になっているのは「粗大ゴミ回収業者」に依頼する方法です。清掃工場などに自分で搬入する手間もなく、不用品1つから手軽に回収してくれます。また、引っ越しや実家の整理などで大量に粗大ゴミが出るケースなどではトラック1台分単位の料金で粗大ごみを回収してくれます。加えて、ハウスクリーニングが必要なケースでは、ハウスクリーニングまで一貫して請け負ってくれることも人気の秘訣です。

粗大ゴミ回収業者の料金相場

基本的に粗大ゴミ回収業者には下記の料金体系になります。

基本料金*+処分料金+オプション料金-買取料金=粗大ゴミ回収料金

*基本料金を処分料金に含めている業者もあります。

① 基本料金

4,000円前後の業者が一般的です。基本料金は粗大ゴミを搬出する人件費や車両運搬費になります。

② 処分料金

処分料金は処分する粗大ごみにより料金が異なります。たいてい3,000~6,000円(1品)になっています。

③ オプション料金

高層マンションの場合などはオプション料金が加算される場合が多いです。また、エアコンの取り外しなどにもオプション料金がかかるケースが多くなっています。

④ 買取料金

粗大ゴミ回収業者では、リサイクルできる品物を買い取ってリサイクルしてくれる業者が一般的です。そして買取した料金を粗大ゴミ回収費用と相殺してもらえるので便利です。

トラック1台単位での料金の場合も

粗大ゴミの量が多い場合はトラックで回収してもらったほうが割安にすむこともあります。軽トラック1台分で20,000円、2tトラックで60,000円あたりが相場の値段になっています。

このように、粗大ゴミ回収業者の料金は明確に提示してくれる業者も増えてきています。粗大ゴミ回収を依頼する際には見積もりを取ってみると良いでしょう。

業者を選ぶ時の注意点

粗大ゴミ回収業者を選ぶ際には下記の点に注意して依頼するようにすると、悪質な回収業に引っかかることがなくスムーズに依頼することができます。

① 見積を複数社からとる

見積もりを拒否するような業者は論外です。また、相場より異常に安い値段を提示する業者にも注意です。後で追加料金を請求される可能性が高いからです。

② 粗大ゴミ回収に必要な許認可を持っているか確認する

粗大ごみ回収には「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要です。この認可は市町村単位でとらなければならないため、かなりとるのが難しい認可になっています。事業系のごみをあつかう産業廃棄物収集運搬ではないので注意してください。家庭ごみは一般廃棄物にあたるので一般廃棄物の許可が必要になっています。

今回は粗大ゴミをまとめて処分する方法をご紹介してきました。粗大ゴミの量が多い場合は便利な粗大ゴミ回収業者に依頼したほうが早く・的確・便利に粗大ゴミを処分することができます。