テレビの処分には通常であればお金がかかります。しかしできることならコストをかけずに処分したいですよね。その方法や処分時の注意点とともに、テレビの処分時の費用をお伝えします。

テレビの処分方法と費用

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

テレビの廃棄にはリサイクル料金がかかります。

テレビの廃棄にはお金がかかります。まずはリサイクル料です。テレビは分解され液晶内の材料が再利用されるため費用がかかるからです。メーカーごとにリサイクル料金が細かく設定されています。テレビにはブラウン管型と液晶型がありますがそれぞれ料金が違います。例をあげてみましょう。

・ブラウン管型16型以上の場合:2,376円

・液晶・プラズマ式16型以上の場合:2,916円

一般的にリサイクル料金は液晶型の方が500円ほど高くなっています。

※上記は一例です。リサイクル料金はTVのメーカーごと、収集・運搬の料金は業者ごとに変動いたしますのでご注意ください。

大きさによってもリサイクル料は変化することもあります。15型と16型のテレビを処分する場合、16型以上のテレビの方が1,000円ほど高くなることも。

 

さらに、量販店などに引き取りに来てもらう場合は運搬料もかかるようです。各都道府県にはいくつかクリーン業者や専門処理施設があります。そこへセルフで持参するなら運搬料はかからないようです。ガソリン代よりも運搬料が高ければ持参した方がお得ですね。

持参の場合、リサイクル料金支払について、あらかじめ郵便局でリサイクル券を買っておきましょう。

テレビのおすすめの処分方法

人気モデルや新しいものはフリマアプリやネットオークションで販売

テレビを処分する場合、いくつかのおすすめ方法があります。液晶型で新しい場合はフリマアプリ(メルカリなど)やネットオークション(ヤフオクなど)がお得です。ただし、テレビはサイズ的に配送料が高くつくことがあるため、販売価格より送料が上回ると損になるのでご注意ください。
 

燃やさないゴミの45リットルのポリ袋に入る大きさだからと、粗大ごみの日に出してしまうと引き取ってくれないことも。環境省も専門リサイクル業者や量販店へ引き取ってもらい、正しく処分することを勧めているくらいです。

小さい液晶型やブラウン管タイプでもリサイクル料金が必要

小さな液晶型で古いタイプやブラウン管タイプは粗大ごみで処分出来るのでしょうか。答えはNOです。「家電リサイクル法」により、テレビはリサイクル料金や運搬料を支払い、専門業者に引き取ってもらわなければいけない決まりがあるからです。

ちなみにリサイクル料金には引き取り業者の手数料も入っているため、引き取り業者によってリサイクル料金が変化するようです。

故障している場合は?

利用価値が無かったりするテレビを処分するおすすめ方法は、リサイクル料金の説明のところにも出て来ましたが、運送料金がかからないクリーン業者や専門処理施設やクリーン業者へ持参することです。そうでない場合のおすすめは、量販店に引き取りに来てもらうことです。個人電気店でも引き取り可能なお店があるようですが、少し運搬料が高く設定されているかも知れません。

テレビを処分する際の注意点

注意点として、無許可回収業者を利用しないことです。広告などの折り込みチラシに激安で回収とあるにもかかわらず、人件費という理由などで上乗せされてしまい結局、高額なリサイクル料を請求されることも。さらに、悪質業者は不法投棄をするので環境にも悪いことになります。リサイクル料金の相場は3,000円くらいなので、5,000円以上にもなる場合は、近くの量販店や電気店も一緒に見積りを立てることで詐欺防止となりそうです。

チラシやインターネット広告などから予約する場合は、一般廃棄物処理業者かどうかを最初に確認しましょう。各都道府県のホームページで業者名を確認したり、直接市役所へ問い合わせしてみましょう。

 

テレビは処分するだけなのに費用がかかる家電です。リサイクル料金と運搬料金を持参、量販店、個人電気店などのパターンであらかじめ調べてから、一番安い処理方法をチョイスすることがポイントです。