引越し時の不用品処分には複数の方法があり、それぞれ内容やメリットが異なります。不用品の量が多いなど、自力での処分が難しい場合は業者への依頼が必要なケースも。

業者利用の判断基準や費用相場なども踏まえて解説します。

引越し時の不用品を処分する5つの方法とは?費用相場まで

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国882社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

0120-905-734受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内

不用品を処分する5つの方法

・引越し業者に依頼する

・不用品回収業者に依頼する

・リサイクルショップで買い取ってもらう

・自治体の回収サービスを利用する

・部屋片付け業者を利用する

引越し時に不用品を処分する方法は大きく5つあり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

ご自身にとって最適な処分方法を知るためにも把握しておきましょう。

引越し業者に依頼する

引越し業者への依頼は、多少お金をかけても手間のかからない方法で処分したい方におすすめです。

処分したい物がリサイクルできる家電など業者の対応範囲内であれば、時間や手間をかけずに引越し作業と処分作業が行えます。 

ただし、品物が引越し業者の対応範囲外だった場合、新たな処分方法を検討する必要があります。業者の対応範囲を事前によく確認しておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

引越し業者とは別に、不用品処分の専門業者に依頼する方法です。

パソコンなどのリサイクルできない家電や汚れた衣類といった、引越し業者が回収できない物でも処分・買取してくれます。

不用品の種類や量が多く、引越し業者では対応できない場合は不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。

人件費などのお金はかかりますが、最も確実に不用品を手放せる方法と言えます。

リサイクルショップで買い取ってもらう

買って間もない衣類や家電・書籍などの値がつきそうな物を、リサイクルショップに持っていく方法もあります。

複数のショップを回って高く買い取ってもらえる場所を探すことで、処分費用がかからなかったり、黒字になったりするケースも。

一方で、高く売るためのクリーニングや運搬が必要な点は難点です。

自治体の回収サービスを利用する

住んでいる地域のルールに従って不用品を処分し、回収してもらう方法もあります。費用を抑えたいけれど、買取に出せるものがない場合にお得な方法です。

人件費がかからない分、業者に依頼する場合と比べて安価ですが、回収センターに申し込んだり、不用品を運搬したりする必要があります。

部屋片付け業者を利用する

部屋片付け業者はゴミの分別、不用品の処分や買取、清掃といった一連の作業を全て行ってくれます。

引越し時は部屋を綺麗にして明け渡しますが、部屋片付け業者に依頼すれば清掃の手間も省けます。

リサイクルできるものは買い取ってもらえるため、費用を少しでも抑えたいという方にもおすすめ。上手に活用すれば、費用と労力の両方を削減できます。

お近くの部屋片付け業者を探す

〈参考記事〉おすすめの部屋片付け業者はこちら

〈参考記事〉部屋片付け業者の選び方

不用品処分にかかる費用相場

・自治体の不用品回収に出す場合

・引越し業者に依頼する場合

・不用品回収業者に依頼する場合

・部屋片付け業者に依頼する場合

不用品処分にかかる費用は処分方法ごとに異なります。あらかじめ相場を知っておくことでどの方法がベストか判断材料にもなるでしょう。

自治体の不用品回収に出す場合

自治体の不用品回収に出す場合は、粗大ゴミ1つあたり300円〜1,000円ほどで回収してもらえます。ただし、細かい費用は粗大ゴミの種類によっても変動します。

費用は抑えられますが、回収の手続きや指定場所までの搬出など手間がかかることは覚えておきましょう。粗大ゴミ以外の不用品は分別して、指定の日に通常ゴミとして出します。

引越し業者に依頼する場合

品目 費用相場
テレビ 4,000円〜6,000円
冷蔵庫 7,000円〜13,000円
洗濯機 5,000円〜7,000円
エアコン

4,000円〜8,000円

※取り外しは別途料金がかかる場合あり

引越し業者に不用品処分を依頼する場合、基本料金に上乗せで処分費用が必要です。輸送費や人件費もかかるため費用は高くなる傾向にあります。

上記はあくまで目安で、引越し業者のホームページには不用品処分に関する料金の記載がない場合もあるため、見積もり時に必ず確認しましょう。

不用品回収業者に依頼する場合

トラックのサイズ 費用相場

軽トラック

(押入れに入る程度のサイズ・量の荷物が積める)

15,000円前後

2トントラック

(タンスやソファなどの大型家具を大量に積める)

50,000円前後

作業現場の立地や不用品の量、住んでいるエリアなどでも費用感は変動するため、上記はあくまで目安になります。

詳細な費用感を知りたい場合は業者へ問い合わせて、見積もりを出してもらうと良いでしょう。

〈参考記事〉不用品回収の相場は?不用品を安く処分する方法も紹介!

部屋片付け業者に依頼する場合

間取り 費用相場
1K 35,000円〜
1LDK 76,000円〜
2LDK 100,000円〜
3LDK 175,000円〜
4LDK 220,000円〜

※みんなの遺品整理に掲載されている800社以上の業者を実際に利用した金額データから算出(2023年8月時点)

不用品の回収だけでなく清掃なども含まれるため、他の方法より費用相場は高額ですが、片付けの段階から負担を大きく削減できます。

費用対効果は高いといえるでしょう。リサイクルできるものを買い取ってもらえば、さらに価格を押さえられます。

お近くの部屋片付け業者を探す

〈参考記事〉片付け業者の費用相場

業者に不用品回収を依頼するか否かの判断基準

・金額

・負担の大きさ

不用品の処分方法を選ぶときは、金額と負担の両方を加味して判断することが大切です。

金額だけで判断して後悔するなどがないよう、判断基準を把握しておきましょう。

金額

見積もり時に具体的な費用を提示してもらい、予算を大幅に上回らないようであれば業者に依頼しても良いでしょう。

引越し時は部屋の片付け以外にもさまざまな手続きがあり、時間の余裕が少ないです。

業者に依頼すれば時間も労力も抑えられるため、費用対効果を考えると依頼する価値は十分にあります。

お近くの部屋片付け業者を探す

負担の大きさ

不用品が多かったり、引越しまでの時間が少なかったりする場合は、負担面も考慮して業者へ依頼するのがおすすめです。

処分する量が少なければ、自治体の回収に出しても負担は大きくありません。物量や時間面などを踏まえて、業者に依頼するかどうか判断しましょう。

お近くの部屋片付け業者を探す

業者に依頼するメリット

・引越し業者に依頼するメリット

・不用品回収業者に依頼するメリット

・部屋片付け業者に依頼するメリット

それぞれの業者へ依頼するメリットを知っておけば、自分に合った業者を選びやすいです。ご自身のニーズと照らし合わせた上で判断材料にしてください。

引越し業者に依頼するメリット

・引越しと不用品の処分が1日で完結する

・業者手配の手間が一度で済む

引越し業者に不用品の回収を依頼した場合、当日の荷物の運び出しと同時進行で不用品も回収してもらえます。

依頼の手間や不用品回収にかかる労力を省ける点が大きなメリットです。

不用品回収業者に依頼するメリット

・引越し業者では対応できない物も処分・回収が可能

・買取品と処分品を分けてくれる

冷蔵庫やテレビなど「家電4品目」以外が含まれている場合、引越し業者には依頼できませんが、不用品回収業者であれば対応してもらえます。

買取品は分けて回収したうえで、処分費用から買取額を引いてくれるため費用面も抑えられます。

部屋片付け業者に依頼するメリット

・ゴミの分別、買取や不用品の処分、清掃といった一連の片付けを依頼できる

・買取も行ってくれる

部屋片付け業者は引越し時の片付けをほとんど任せられるため、手間がかからないのが大きな魅力です。清掃終了後はそのまま部屋を引き払えます。

リサイクルできるものを買い取ってもらえば、費用面も抑えられます。

お近くの部屋片付け業者を探す

不用品処分時の注意点

・自治体のルールを守る

・余裕を持ってスケジュールを組む

・悪徳業者に注意する

不用品を処分する際にはいくつかの注意点があります。トラブルを防いだり、スムーズに作業を進めたりするためにも把握しておきましょう。

自治体のルールを守る

各自治体のルールをしっかりと把握せずにゴミを処分すると、不法投棄になる可能性もあります。

直前になって処分できないと判明し、引越しに間に合わなくなるリスクもあるでしょう。分別や処分方法などのルールを把握するのが難しい場合は業者に任せると安心です。

余裕を持ってスケジュールを組む

不用品の処分時は余裕をもってスケジュールを組みます。ギリギリになって行動すると、片付けが間に合わなかったり、業者が見つからなかったりとトラブルが起きやすくなります。

焦って業者を探すことで悪徳業者に依頼してしまう懸念も捨てきれません。

悪徳業者に注意する

不用品回収業者の中には、悪徳業者も存在するため注意しましょう。

無料で回収するといいながら、作業後に「回収は無料だがリサイクル料はかかる」などと言い、高額な請求をする業者もいます。

実績や口コミ、認定の有無などをチェックし、慎重に業者選定しましょう。

優良部屋片付け業者を探す

まとめ

引越し時の不用品処分にはさまざま方法があるため、ご自身に合ったものをチョイスしましょう。費用面だけに目を向けて負担が大きくなりすぎないように注意します。

時間と労力を削減したい場合は、引越し業者や不用品回収業者、部屋片付け業者に依頼するのもおすすめです。

回収だけでなく、まだ使える物を買い取ってもらえる場合もあります。

業者を探す時間がない方は「みんなの遺品整理」がおすすめです。厳しい審査を通過した優良業者のみを掲載しているため、悪徳業者にあたる不安もありません。

不用品買い取りに対応している業者も複数あるため、費用面を押さえられるケースもあります。

お近くの部屋片付け業者を探す

 

【監修者:一般財団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国882社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

0120-905-734受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内