家族や親族が亡くなった後には、遺品整理をおこなわなければなりません。そんなときは、前もって遺品整理のやり方や流れを理解しておくスムーズに進めることができます。遺品整理の仕方と手順について詳しく説明いたします。

自分でおこなう遺品整理の仕方と手順

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

準備するもの

まずは服装の準備から

軍手

汚れてもよい服

マスク

スリッパやクロックス(履いておくと、思わぬ怪我を防げます。)
厚手の靴下

処分品の分別のために準備するもの

ゴミ袋

自治体指定のものがあれば選びます。大きすぎるとゴミを入れたときに運搬しにくいので、45〜70リットル程度がよいでしょう。

・ダンボール

ダンボールも大きすぎると重くなり、運ぶのが難しくなってしまいます。120サイズを多めに、大きい物用に160サイズもいくつか用意しておくと便利です。

・ガムテープ

布でもクラフトタイプでもどちらのテープでも構いません。

・ハサミやカッターナイフ

切れ味のよいものを人数分用意しておくとよいでしょう。

・油性マジックペン

ダンボールに何を入れたか分からなくならないように、入れた物の名前を書いておきます。

片付けの流れ

遺品整理の作業は大きく分けると、分類と処分の2つです。

1.遺品の仕分けをする

分類まずは遺品を以下の3つのジャンル別に分類していきます。

・貴重品や形見

・リサイクル可能なもの

・廃棄するもの

2.不用品を処分する

処分分類が完了したら、それぞれ適した方法で処分を行います。貴重品は、保管を担当する遺族が責任を持って預かり、形見は話し合って遺族で分けましょう。

リサイクル可能なものは、業者に買い取りや無料での引き取りを依頼します。まだ十分に使えるものなら、ネットオークションやフリマアプリなどでの販売や寄付をするのもよいでしょう。

廃棄するものは、自治体の決まりに沿って燃えるゴミ、燃えないゴミなどに分別して正しく処分します。

仕分けや処分のおすすめのやり方

1.リサイクルショップに買い取りに来てもらう

まだ使えるものが多くあるのなら、リサイクルショップに出張買い取りに来てもらうとよいでしょう。よい状態であれば、高値がつくことも。まとめて買い取りしてもらうことで効率よく、遺品整理を進めることができます。

2.不用品回収業者に依頼する

廃棄したい不用品が多くあるのなら、不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。遠方に住んでいてゴミ回収日に出せない場合や、大量の不用品をゴミ捨て場に出さなければならない場合などに便利です。

3.遺品整理業者に依頼する

遺品が多く、分類するのも大変な場合には、遺品整理業者に依頼するとよいでしょう。不用品の処分だけでなく、買い取りに対応している業者も多いため、遺品整理を一気に終わらせることができます。

遺品整理を自分でおこなう場合、まずはしっかり準備をします。実際の作業では、分類と処分の2つ手順を確認しておきましょう。遺品整理をおこなう負担が大きい場合には、業者も上手に利用して無理なく進めることが重要です。