日本中に増え続けていると言われているのが「空き家」です。地方の両親が亡くなった後の実家・・・そのまま空き家になってしまうと心配される方も多いでしょう。家族の思い出の家をいきなり処分するのは忍びないかも知れませんが、空き家をそのままにしておくのは大きなデメリットがあります。その理由と片付けのコツをご紹介します。

空き家の片付けのコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

空き家を片付けたほうがよい理由

ご存知の方も多いでしょうが、2015年より「空家等対策の推進に関する特別処置法(空家対策特別措置法)」が施行されています。これにより、空き家の片付けに国の強制力が付いたと言っても良いでしょう。

「更地にしておくより、どんなボロな住宅でも建っていた方が税金は安く済む」という話を聞いたことありかもしれません。これは住宅用地に掛る固定資産税を軽減させて、住宅建設の促進を図るという国の政策です。今から50年も前の政策ですが、これにより誰も住まなくなった空き家も、そのままにしておいた方が良い(無理して更地にすると、固定資産税が高くなる)という人達が増えてきました。

ところがこの「空家対策特別措置法」により、「倒壊する危険がある」「衛生上有害」「景観が悪い」などと自治体から指摘を受けた空き家は、持ち主が修繕や解体を行わなくてはならなくなったのです。自治体の命令に従わなければ、行政が代執行を行い、費用は持ち主に請求されます。さらに優遇されていた固定資産税も減免規定の対象外となり、数倍に跳ね上がります。

こうならない為にも、人が住まなくなった空き家は、早目に片づけることをおすすめします。

空き家の片付け方

実家を片づけようとすると、いざかたづけるとなるとその家財量に驚くということを耳にします。確かに人が住んでいると物がどうしても増えていくようです。特に親が高齢だったりすると物を捨てずにため込んでしまうケースも増えているようです。スムーズに片づけるためには、大きく2種類(処分するもの・残すもの)に分けましょう。

処分するものと残すものを分ける

以下のようなパターンで分けるのをおすすめします。

ゴミに出すもの

自治体のゴミ収集に出せる「可燃物」「不燃物」「空き瓶・空き缶等の資源ゴミ」そして電化製品などの「粗大ゴミ」もこちらに入ります。

リサイクルショップ等に売るもの

ブランド品や新しい家電、新品の食器や書籍etc.リサイクルショップも店頭買取の他、出張や宅配もあります。ただし高額で売れるものは遺産対象となりますから、個人で勝手に売却するのは避けて下さい。

遺産相続に関係するもの

現金や有価証券、高額な宝石や着物、絵画、骨董品などは相続財産ですから売却はできません。また形見ということでも、個人の判断で貰ったり誰かに差し上げるのも止めましょう。

思い出の品

アルバムや手紙、故人が身に付けていたものなどは、その時がくるまで片づけるのは難しい場合があります。無理せず、一旦どこかにまとめて、気持ちの整理が付いた時に片づけましょう。

もし自分で片付けられない場合は専門業者へ依頼

空き家が自宅と近い場所にあったりすれば、休日のたびに空き家に出向いて片づけることも可能かも知れません。でも空き家が遠方だったり、片づける体力がなかったり、相続人が沢山いて対応が難しいといった場合は、思い切って専門業者に依頼するのも一つの方法です。

リユース・リサイクルも扱う業者や、遺品整理業者、終わった後に清掃も出来る片づけサービス業者など特色がありますから、何をどうして欲しいのかを決めてから見積りを取りましょう。

参考記事:空き家片付けの費用相場

また片づけ当日は、数人で同席することをおすすめします。片づけるものの中には、家族でないと判断できないものもあるのです。また、一人では処分するかどうか迷う時もありますから、都合のつく人達で片づけに同席すればトラブルも少なくて済みます。

人が住まなくなった家は急速に劣化していきます。「まだまだ放っておいても大丈夫」と思っていても、ある日突然役所の方から「特定空家等に指定されました」と連絡が入ったら大変です。そうなる前に空き家を片づけて、次のステップに進みましょう。

空き家の片付け業者の料金と口コミを見てみる