家族の誰かが亡くなったとき、最初に直面する問題が遺品処理や遺品整理です。特に高齢の家族が亡くなった場合、その遺品は大量になるケースが多く、遺族は途方にくれるかもしれません。この記事では遺品処理に協力してもらえる業者の選び方や遺品処理の具体的な方法、また遺品の買取品リストもあわせてご紹介していきます。

遺品処理の方法と処分費用は? 注意点や不用品買取リストもご紹介!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国634社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

遺品処理は不用品回収業者に任せない方が良い

まず、おさえておくと良いポイントは「遺品処理は不用品回収業者に任せるべきではない」ということです。不用品回収業者が扱う品物はその名の通り「不用品」です。ですから、遺品処理を任せてしまうと次のような不都合なことが起きてしまい、後悔することにもなりかねないでしょう。

① 残すべき貴重な遺品が廃棄される危険性がある

遺族にとって故人との思い出の品は貴重なものです。したがって処分せずにとっておきたいものですよね。

しかし、不用品回収業者は分別を細かく行わなかったり、依頼主に処分の是非を丁寧に尋ねる習慣がなかったりする場合もあり、貴重な遺品を廃棄してしまう危険性があります。

② 処分する遺品が粗雑に扱われる可能性がある

故人に関する品物であったとしても、全てを残しておくことは難しいため品物によっては処分することも必要です。

たとえ処分するものだからといっても、遺品である以上、粗略に扱って欲しくないと思うのが遺族の心情です。しかし不用品業者の中には遺族のそうした気持ちを思いやることができない業者や、遺品を放り投げたり足で蹴ったりする業者もいるのです。

③ 残すべき調度品なども廃棄される可能性がある

遺品の中には残す必要があるものもあるでしょう。例えば、故人が賃貸住宅で暮らしていた場合に備え付けられていた照明やガスコンロ、エアコンのリモコンなどです。そのような調度品や備品類は、不用意に廃棄してしまうと後で大家や不動産会社から費用請求されることがあるかもしれません。

したがって専門知識を持った遺品整理業者が安心

以上のように、不用品回収業者の場合、遺品の処分についてはノウハウや経験が少ないケースが多いと考えられます。そのため依頼主が不利益を受ける場面も出て来ることでしょう。

対して遺品整理業者の場合には、その経験値から貴重品の隠れ場所もよく把握していますし、仏壇の前では必ず手を合わせるといった遺族の気持ちに寄り添った対応をしてくれます。

やはり、遺品処分を依頼するのであれば、ノウハウも経験も豊富な専門の遺品整理業者にお願いするのが得策です。

〈参考記事〉遺品整理士とは?

業者に依頼する前にしておくべきこと

① 現金などの貴重品や形見の品を見つける

下のリストに挙げるものは優先的に見つけたいものです。

貴重品は、机の引き出しやタンス、押し入れなどに仕舞ってあるケースが多いので入念に探してみましょう。

優先的に見つけたいものリスト
貴重品・書類関係
  • 現金
  • 通帳
  • 株券
  • 印鑑
  • 権利証
  • 借用書
  • 遺書
  • 生命保険証書
  • 貴金属類
思い出の品関係
  • アルバム
  • 日記
  • 手紙
  • 電話帳


② DVDなどのレンタル品や定期購入品、備品類を仕分ける

故人が生前借りたままになっていたDVDなどのレンタル品や健康サプリメントなどの定期購入品などは、ただちに返却及び解約の手続きを取るようにします。

また、アパートなどの賃貸住宅の場合、照明やエアコンのリモコン、ガスコンロなど備え付けられていた備品類は処分しないようにしましょう。

③ 家電や紙資源などリサイクル品を仕分ける

テレビや冷蔵庫、洗濯機、AV機器など家電で製造日より5年以内のものは、リサイクルショップでの買取の対象になるので、査定してもらうとよいでしょう。また、新聞紙や雑誌なども紙資源として買取業者に引き取ってもらえる可能性があります。

遺品整理業者の料金相場

業者によって料金体系が異なる

間取り別に料金を設定している業者、回収量ごとに料金を設定している業者、パック料金を設定している業者など、業者によって料金の算出方法は異なります。

【遺品整理】間取り別の料金目安

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。

※ゴミ屋敷清掃や特殊清掃が必要な現場の場合、料金が大きく変わります。

意外と買取してもらえるモノも?

遺品の中には、高額で買い取ってもらえるものもあります。

品整理業者に買取ってもらう場合には、業者によってその分の費用を作業料金から差し引いてくれるので、結果的に費用を抑えることにつながります。

〈協会認定〉買取に対応した業者はこちらから

買取をしてもらえる代表的なものが、貴金属です。他にも次のリストに挙げるものがないか確認してみましょう。

買取品リスト
  • 貴金属、宝石類
  • 金券類
  • 切手類
  • テレホンカード
  • 古札、古銭類
  • 腕時計
  • 本、書籍
  • 着物
  • 骨董品、美術品、古書
  • ブランド品
  • パソコン類(事前にデータの削除を)

〈関連〉デジタル遺品には注意!

  • レコード、CD、DVD
  • 酒類(未開封のもの)
  • 家具、家電
  • 楽器
  • 車、バイク
  • 農具、工具

特に、金や銀、プラチナなどは高額で買い取ってもらえます。納棺師の方に故人のご遺体から金歯を抜き取ってもらい3本で15万円という値が付いたという例もあるほど。金縁の眼鏡や金製の仏像、金のネックレスなど金製品は高値で買い取ってもらえるので憶えておくとよいでしょう。

また、故人が高齢の女性であれば着物をたくさん持っているケースもありますが、着物も高額で売れる場合があります。保存状態が良ければ、査定次第で大島紬や友禅などは10万円という高値で買い取ってもらえる可能性もあります。

〈参考記事〉遺品を高く売るコツは?

ただし買取ができないものも

上記の全てのものが無条件に売れるというわけではありません。状態があまりにもひどい場合には処分品としてみなされてしまうので注意しましょう。

また、大きなもの(大型家具やピアノ等)は別途搬出費用がかかることもあります。

安くて評判の良い業者を探す方法

遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

遺品処理では、すぐにでも専門の遺品整理業者を呼んで早く処理したいと思うかもしれません。ですが、まずは、家族で協力し合って「作業に入る前にしておくべきこと」をしっかり行う必要があります。この工程を疎かにすると、後で金銭的なものも含めてさまざまなトラブルの原因になる可能性があるので特に注意が必要です。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。