遺品整理では、捨てるには忍びない遺品が出てくることがあります。故人の愛用品や思い出の品などは、遺品供養やお焚き上げをしてから手放すとよいでしょう。この記事では、遺品供養やお焚き上げと料金相場についてご紹介いたします。

遺品の供養やお焚き上げはどうすればいい?料金はいくら?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品供養とは?

遺品供養とは、お寺や神社で僧侶や神主にお経や祝詞を唱えてもらい、物に宿っている魂を抜いてから処分してもらうことです。感謝を込めて遺品を供養することで、故人を偲びます。供養には自宅まで訪問してくれる現場供養と、他の遺品と合同で行う合同供養があります。

お焚き上げとは?

お焚き上げとは、大切にしていた物を焼却し浄火することで、魂を天に送って供養することです。古くは神棚や仏壇など粗末に扱えない物に対して、お焚き上げをすることが一般的でした。

現在では手帳や手紙、写真や寝具などさまざまな遺品も、焼却できる物であればお焚き上げの対象となっています。

供養やお焚き上げは必要なの?

遺品の供養やお焚き上げは必須項目ではありません。しかし、遺品整理では故人が大切にしていた物を処分する必要があり、そのような行為は遺族にとって精神的に大きな負担となることでしょう。遺品供養やお焚き上げは、そのような心の負担を軽くするためのものでもあるのです。

遺品は処分してしまうと、二度と手元に戻ることはありません。もし供養やお焚き上げをするべきか迷う場合には、後悔しないためにも行うことをおすすめします。

どこでしてもらえるの?

以前では、お寺や神社で供養やお焚き上げをしてもらうことが一般的でした。しかし最近では、お寺や神社だけでなく、遺品供養を請け負う業者や葬祭場など供養やお焚き上げを行っていることも珍しくありません。

また、昨今では環境問題への配慮から、神社やお寺ではお焚き上げを行うことが少なくなってきました。近所に供養やお焚き上げを依頼できる場所がない場合でも、宅配で遺品を送ることで対応してくれるお寺や神社、業者も多くあります。

供養やお焚き上げの料金相場

サービス内容 作業費用
合同供養 0円~10,000円
現地訪問供養 20,000円~70,000円
お焚き上げ(段ボール1箱) 3,000円~10,000円
お焚き上げ(神棚・位牌) 10,000円~30,000円

供養やお焚き上げにかかる料金はさまざまです。自宅での現地供養は20,000〜70,000円ほど、寺院への持ち込みや、遺品整理業者が定期的に行っている合同供養では3,000〜10,000円ほどに設定されていることが多いようです。

お焚き上げはみかん箱ほどのダンボール1個で5,000〜10,000円ほど、写真や手紙など比較的小さな物だけの場合には3,000円ほどです。位牌や神棚の場合は大きさにもよりますが10,000円~30,000円程度かかるのが一般的なようです。

また遺品整理業者では、作業費用の中に供養やお焚き上げが含まれていることもあります。遺品整理業者を利用する場合には、問い合わせてみましょう。

お寺や神社、業者によってサービスの内容や料金は大きく変わってくるので、依頼する前に必ず確認することが重要です。いくつかの業者に見積もりを出してもらい、比較して決めるようにしましょう。

みんなの遺品整理では遺品の合同供養を無料で行っている業者も多く掲載されています。検討している人はチェックしてみてもよいかもしれません。

合同供養に対応している遺品整理業者はコチラ

「みんなの遺品整理」の特長

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで片付け業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

遺品整理を悔いなく終わらせるために

遺品供養やお焚き上げは、遺品に感謝を込めてお別れする最後の儀式です。遺品整理を悔いなく終わらせるためにも、遺品供養やお焚き上げに誠実に対応してくれるお寺や神社、業者を選びたいものですね。