遺品整理を業者に依頼すると、思いもよらないトラブルに見舞われることがあります。大切な遺品を乱暴に扱われるだけでなく、不当請求などの被害も報告されているのです。遺品整理でよくあるトラブルと、その対策を見ていきましょう。

遺品整理のよくあるトラブル事例と対策を紹介!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

トラブル① 高額請求や不当な追加請

遺品整理は、依頼する前に見積もりを出してもらい、納得した上で契約するのが基本です。しかし、見積もりになかった料金を勝手に追加請求したり、見積もり自体を提出しなかったりする悪徳業者も存在します。

対策

不当な請求を受けないためには、何の作業にいくらかかるのかという詳細な見積もりを出してもらうことが大切です。さらに、追加請求はない旨を契約書に盛り込んでおくと安心です。これらを拒否する業者には依頼しない方がよいでしょう。

また遺品整理は人生で何度も行うものではないため、相場がわかりづらいのも特徴です。そのため3社以上に相見積もりをとって料金を比較することをおすすめです。3社に見積もりをとれば何にいくらかかるのか相場がわかり、交渉することもできるようになります。

トラブル② 相場以下の値段で買取する悪質業者

遺品整理業者には、美術品など価値の高い遺品を買い取ってくれる業者もいます。きちんと査定を行い、適切な価格をつけてくれるならいいのですが、相場以下の値段をつけられてしまうこともあります。仕入れ値を不当に安くすることで、利益を高くしようとしているのです。

対策

遺品を業者に売却する場合は、その場で決断するのは避け、見積もりをもらってしばらく考えるようにしましょう。リサイクルショップなどに鑑定を依頼してみるのも有効です。

特に宝石や貴金属、ブランド品や趣味嗜好品、骨とう品や美術品は素人では相場がわからないものです。こういった価値がわからないものは専門の買取業者に鑑定を依頼したほうが買取価格が高くなる可能性があります。

トラブル③ 作業中の貴金属や金品、発見された現金の盗難

遺品整理を依頼する以上は、業者を家に入れなければなりません。悪質な業者の場合、家人のいないスキに貴金属や金品を盗むこともあります。また、遺品の中から現金や貴金属が発見されても、報告をせず懐に入れてしまうこともあるのです。

対策

このような盗難を防ぐためには、業者を家に入れる前に、貴重品を金庫にしまうことがポイントです。また作業中は立会いをして、できるだけ業者のそばにいるようにし、遺品の盗難が起こらないように目を光らせてください。

トラブル④ 回収した遺品の不法投棄

業者が回収した遺品は、自治体が定めた施設に搬入されます。しかし、無許可の業者はそもそも回収を認められていないため、正規の施設へ回収品を引き渡すことができません。その結果、山中への不法投棄など、違法な手段で遺品が処理されてしまうのです。

対策

遺品整理には、一般廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。「産業廃棄物収集運搬許可証」や「古物商許可証」だけでは遺品の回収はできません。業者に遺品整理を依頼する際には、必要な許可を持っているかを必ず確認してください。

トラブル⑤ 形見や権利書を確認せずに処分

現金や貴金属と同様に、土地の権利書などの大切なものが遺品に混ざっていることもあります。また、できれば保管しておきたい形見の品が発見されることもあるでしょう。いい加減な業者は、依頼者への確認をすることなく、どんなものでも「不用品」として処分してしまいます。

対策

要なものを勝手に処分されないためには、依頼者の許可なく遺品を引き取らないよう、業者に厳命してください。業者にはまず仕分けをしてもらい、保管する・しないの判断は必ず依頼者が行うようにしましょう。

悪徳業者への対策

悪徳業者への対策は、悪徳な業者に依頼せず優良な業者に依頼するということです。次の項目からは良い業者を選ぶポイントを順にご紹介します。

良い業者選びの6つのポイント

① 遺品整理士の在籍

「遺品整理士」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している資格です。遺品整理の作業や心得に関する講座を2ヶ月ほど受講したのち、遺品整理士の適性を認められた者のみに与えられる資格なのです。

〈参考記事〉遺品整理士認定協会とは?

遺品整理業を開業するにあたり遺品整理士の資格は必須ではありません。中には特に資格を持たずに営業している業者もあるのです。

したがってサービスの幅や、レベルは業者によって非常に異なります。遺品整理士という資格を持っているということは、信頼するに足る業者であることを示す一つの基準となりうるでしょう。

② 訪問見積もりに対応

見積もりにはいくつか方法がありますが「訪問見積もり」依頼するようにしましょう。電話やメール越しでは部屋の状況を詳細に伝えることはなかなか困難ですし、買取品がある場合には事前に確認してもらうこともできます。

訪問見積もりをしたがらない、応じない業者は、当日になって追加請求をしてくる悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

追加請求などの業者トラブルを防ぐためにも、現場の状況や必要な作業内容を正しく業者に把握してもらうことが重要です。

③ 見積もり書の明確な記載

見積もり書の記載内容にも着目しましょう。「作業一式」など抽象的で曖昧な記載はありませんか?作業内容とそれに伴う料金が具体的に記載されているかが着目ポイントです。

また、必要な作業が含まれているか、余計な作業が含まれていないかも確認しましょう。

④ 不用品の適切な処分 

不用品を処分するには「一般廃棄物収集運搬許可証」を持っているか、持っていないなくとも許可証を持った業者に委託していなければなりません。

悪徳業者の場合には、処分費用を浮かせるために不法投棄してしまいます。この場合、依頼者側に不法投棄の責任が問われることになってしまうので、許可を持っているのか、あるいは委託しているのかを必ず確認しましょう。

〈参考記事〉遺品整理業者が持つべき資格

⑤ 丁寧な対応

遺品整理業者を比較する際、接客態度も注意深く見ておきましょう。こちらの要望を丁寧にヒアリングしてくれるか、質問にも誠実に答えてくれるかどうかはとても重要ですね。また実際見積もりしてもらう時も、どの作業にいくらくらい料金がかかるのか詳しく説明ができる業者が望ましいです。

大切な遺品を扱う繊細な作業だからこそ、依頼者の意図を組み、誠実に対応してくれる業者を選びましょう。

⑥ 相見積もりをとる

業者を選ぶ際には、最初から一つの業者に絞るのではなく3社を目安に相見積もりをとるようにしましょう。

相見積もりをとることで、だいたいの相場が把握できますし、業者ごとのサービスや料金を比較することもできます。また、安すぎる、高すぎる料金を提示してくる業者を疑うこともできるので、業者間での比較は必須です。

良い業者はどこで探す?

当サイトみんなの遺品整理」は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。

ご希望のサービス内容、地域に沿った業者を下のリンクからぜひ探してみてくださいね。

〈協会認定〉遺品整理業者の検索はこちらから

業者選びのご相談も承ります

また、「業者選びから相談したい」「どの業者が良いのか分からない」という方のご相談も受け付けております。こちらからお気軽にお問い合わせください。

「みんなの遺品整理」の特長  ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。「みんなの遺品整理」の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。

終わりに

遺品整理は故人の持ち物を供養する大切な作業です。悪徳業者に依頼してしまったがために大金を失ったり、遺品を不法投棄されたりする事態は絶対に避けなければなりません。ご紹介した業者選びのポイントを参考に、信頼できる業者に依頼してみましょう。