いつの間にか家がゴミ屋敷状態に…いつかは片付けないといけないと思いつつそのまま放置してしまうのは危険です。そんなとき気軽に清掃を依頼できる業者があります。実際にどのくらい料金がかかるのか、業者に依頼した場合の費用相場から見積もり時のポイントもあわせてご紹介します。「脱ゴミ屋敷」への第一歩、踏み出してみませんか?

ゴミ屋敷業者の片付け費用と料金相場

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

ゴミ屋敷になる原因

ゴミ屋敷はある日突然できるものではなく、長い歳月を重ねてできてしまったものです。ゴミ屋敷化してしまう原因として次のようなものが挙げられます。

片付けや整理整頓が苦手

誰しも得手不得手はあるものなので、片付けが苦手な人もいます。いざ片付けようにもどこから手をつけて良いのかわからない、片付け始めても途中で面倒臭くなり中途半端に終わらせてしまう、といったケースです。

また、ADHD(注意欠陥多動性障害)の場合にも片付けが困難なことが多いです。ひとつのことに対して集中力を継続させることが難しいので、片付ける際には他の人の手を借りてみましょう。

〈協会認定〉片付け業者の検索はこちらから

散らかっていても抵抗を感じない

「部屋が散らかっていても生活ができればいいや」と部屋が汚いことに抵抗を感じない人もいます。

ゴミを出し忘れても来週出せばいい、食器は溜まるまで待ってあとで一気に洗おう、と考えてしまっては整理しなければならないものが増えていくばかり。そのうちやる気を失ってしまうこともあるでしょう。

ものを捨てられない性格

「もったいない」と思うあまり、ものが捨てられない人もいます。贈りものや貴重品、高価なものや思い出の詰まったものは確かに簡単には捨てることはできないでしょう。

しかし、何年も着ていない服や、とりあえずとっておいた包装紙、紙袋といったものにまで「もったいない」と感じてしまってはものがどんどん溜まっていってしまいます。「2年間着ていない服は捨てる」など一定の線引きをすることも大切です。

収納のスペースより物量が多い

もともとある収納スペースに収まらないほど物量がある状態では、片付けても片付けても溢れるもののためすぐに散らかってしまい、汚くなってしまいます。収納スペースに入る分だけを残し、あとはすべて処分する、といったようにしないと、物が増え続ける一方で全然減らなくなってしまいます。

多忙で片付ける時間がない

片付けなければ、と思っていても時間がない人もいます。仕事が忙しく、帰宅したらご飯だけを食べて倒れこむように寝てしまう、休日も日頃の疲れからなかなか動くことができない、という人は片付けるための時間を確保することが難しいでしょう。

片付ける体力がない

高齢者に多いのがこのケースです。ゴミをまとめたり、大きな荷物を整理したり、掃除機をかけたりするのには体力が必要です。

足腰が弱く立ち上がるのがつらい場合には日々の片付けをするのも億劫になってしまいます。また、さほど動かなくでも手の届く範囲にものを置いてしまうので、自ずと床や布団の周りにものが多くなってしまうのです。

放置することで生じる危険やトラブル

ゴミ屋敷を放置してしまうと、

  • 害虫やねずみの発生
  • カビやホコリによる体への悪影響
  • 悪臭の発生
  • 火災の温床
  • 隣家に迷惑がかかる

といった危険もあります。

さらに、行政の指導や勧告を受けたにも関わらずそのまま放置した場合には、行政が代わって片付けを行い(行政代執行)、後日費用を請求されるケースもあります。家の規模によっては100万円を超えることもあるようです。

行政代執行について詳しくはこちら

ゴミ屋敷を自力で片付ける場合

メリット:費用がかからない

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するとどうしても費用が多くかかってしまいます。一般的には1部屋でも約10~20万円程度はかかることもありますので、決して安いとはいえないでしょう。

しかし、片付ける部屋がワンルームなど比較的狭い場合やゴミの量が少ない場合には自分で片付けることも充分可能です。この場合1~2日で終わらせることができ、費用も安く抑えられるというメリットがあります。

デメリット:体力的・時間的な負担がかかる

床が見えないくらいのゴミの量が一軒家の大半を占めていると、自力で行うには大変な苦労となります。片付けに要する日数も多くかかってしまったり、ゴミの回収や分別も素人では難しかったりと、途中で心が折れてしまうことも。

ゴミ屋敷を自分で片付けるのは手間と労力がかかりますので根気が必要ですが、家族や友人の手を借りて複数人で行う場合は負担が軽減されるでしょう。

しかし、ゴミが多く出たり、自治体のゴミ回収日に間に合わなかったりすると作業が滞ってしまいますので注意してください。

業者に依頼する場合

業者に依頼するべきか、自力で頑張ってみるべきか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

業者に頼むべき目安となる状況をいくつかご紹介いたします。当てはまるものがある場合には業者依頼がおすすめです。

①ゴミで溢れた部屋が多い、ゴミが散乱している

限られた部屋だけでなく多くの部屋がゴミ屋敷となっている場合、一人で片付けようとすると時間がかかってしまいます。また、ゴミの量や処分する家財も多いと搬出を含め力作業となります。

②水回りが使用できない

掃除中には拭き掃除などで水を使用します。水回りが機能していない場合に業者へ修理を依頼することも検討しましょう。

③仕事などで時間がない

長い時間をかけて作られたゴミ屋敷は、短時間で片付くものではありません。片付けにはまとまった時間が必要となるため、時間を確保できない場合にも業者への依頼がおすすめです。

業者に頼むメリット・デメリット

メリット:体力的な負担がなく、短時間で綺麗にしてもらえる

業者は片付けのプロですので、ゴミがまるまる一軒分に広がっていたとしても1日で元の綺麗な状態にしてもらえます。また、素人が悩んでしまうゴミの分別や搬出も全てお任せすることができるのでおすすめです。

デメリット:費用がかかる

しかし比較的費用が多くかかってしまうというデメリットも。片付けを行う部屋数や出たゴミの量によって料金は変わりますが、まるまる一軒分になる場合は約15万~50万円程度をみておく必要があります。この価格には作業時間や人件費、運搬やゴミの廃棄処分費などが含まれていますので、程度により価格差が大きくなっています。

ゴミ屋敷片付け業者の料金相場

短時間で一度にゴミ屋敷を片付けたい場合には、ゴミ屋敷清掃業者に行ってもらうのが簡単です。

しかしひと口にゴミ屋敷と言ってもその状況は様々。床にゴミが散乱している程度から、部屋の天井までゴミが積み重なりドアすら開けられない状況まであります。そのため、同じ「ゴミ屋敷」でも、ゴミの量によって片付けの費用は大きく変わってきます。

【間取り別】片付け費用の目安

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~要見積もり 4~10名 6~15時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。家の中のゴミの量によって料金が変わります。

トラックのサイズによる片付け費用の目安

軽トラック 1台あたり30,000〜40,000円
2トントラック 1台あたり50,000〜80,000円

あまり広くないワンルームマンションでゴミが敷き詰められている程度の場合は軽トラックで何とか運ぶことができる場合もあります。

しかし家中がゴミだらけの場合は2トントラック1台では到底収まりません。2トントラック2台を利用し、さらに人件費もかさむため20~30万円の費用がかかるのが相場のようです。

お近くのゴミ屋敷清掃業者の検索はこちらから

費用を安く抑えるコツ

① 見積もりは3社へ

3社を目安に相見積もりをとりましょう。「安い」と思っても、慌てて決めないことです。何が、どこまで含まれているかをしっかり確認しましょう。

追加料金が増えると、思った以上の金額になることも少なくありません。パック料金があるのなら多少高くてもパックでお願いした方が割安の時もありますから、担当者に見積もりの段階できちんと相談してみて下さい。

② 買取可能なものは買取にだす

まだ使えそうなものや高く売れそうなものは、ネットオークションやフリマアプリで買い取りに出してみましょう。

また片付け業者の中には買取に対応した業者もあります。多くの場合、作業料金から買取分の費用を差し引いてくれるのでお得です。さらに一度の依頼で片付けから買取までできるので、手間を省けるという点でもおすすめです。

買取に対応した業者はこちらから

③ できる範囲で事前に片付けておく

料金は処分する物の量が多いほど高くなります。したがって、料金を安くするためにもあらかじめできる範囲で処分をしておきましょう。

ただし無理は禁物ですので、少しでも無理そうだと思ったら業者に任せるようにしましょう。

業者に依頼する際の注意点

片付け業者は全国に数百社あるといわれており、その全てが優良業者とはいえない現状があります。回収した不用品やゴミを山林などに不法投棄する悪徳業者がいると、その責任は依頼者に問われてしまうため、被害が多発しているのです。

直接被害を受けるケースでは、料金トラブルが最も多くなっています。業者に依頼する時は信頼できる業者かどうかしっかり確認するようにしましょう。

優良業者を見分ける時のポイント

① 訪問見積もりに応じてくれる

見積もりをとる際には、部屋の状況を正確に把握してもらうためにも訪問見積もりをとるようにしましょう。訪問見積もりを嫌がる、あるいは応じてくれない業者は、当日になって想定外の作業を行い追加料金を請求してくる場合もあります。

見積もりをとるときの注意点は?詳しくはこちら

② ホームページに明確な料金体系がある

間取り別や物の量ごとに料金体系がなされていない場合、不当に高額な請求をされてしまうので注意が必要です。

特に料金に関しては、他の業者と比較して相場を知るためにも相見積もりをとることをおすすめします。

③ 必要な資格を持っている

家庭から出たゴミを運搬・処分するためには「一般廃棄物収集運搬許可証」を保有しているか、保有している別の業者に作業を委託している必要があります。

よく混同されがちな「産業廃棄物収集運搬許可証」では処分できないので注意しましょう。

良い業者はどこで探す?

当サイトみんなの遺品整理」は遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。ゴミ屋敷清掃を請け負っている業者も多く掲載しておりますので、下のリンクから探してみてくださいね。

〈協会認定〉ゴミ屋敷清掃業者の検索はこちらから

業者選びのご相談も承ります

また、「業者選びから相談したい」「どの業者が良いのか分からない」という方のご相談も受け付けております。こちらからお気軽にお問い合わせください。

「みんなの遺品整理」の特長  ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


ゴミ屋敷清掃業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。「みんなの遺品整理」の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。

終わりに

せっかく業者に以来して綺麗にしてもらっても、時間が経って再度ゴミ屋敷化してしまっては同じことの繰り返しになってしまいます。

ゴミ屋敷を防ぐには日々のちょっとした片付けが大切です。使ったものは元に戻す、食器はその日のうちに片付けるなど、小さな習慣を作ってみるのもいいかもしれませんね。