いつの間にか家がゴミ屋敷状態に…いつかは片付けないといけないと思いつつそのまま放置してしまうのは危険です。そんなとき気軽に清掃を依頼できる業者があります。実際にどのくらい料金がかかるのか、業者に依頼した場合の費用相場から見積もり時のポイントもあわせてご紹介します。「脱ゴミ屋敷」への第一歩、踏み出してみませんか?

ゴミ屋敷業者の片付け費用と料金相場

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国812社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

【動画で解説!】ゴミ屋敷業者の片付け費用と料金相場 まとめ

ゴミ屋敷業者とは?どんなことまで対応してくれる?

ゴミ屋敷の片付けサービスを提供している専門業者のことです。家の中で溜まってしまったゴミを回収するだけでなく、ハウスクリーニングや消臭除菌、不用品の買取まで幅広い対応をしてくれます。

対応してくれるサービス内容

・ゴミの分別

・ゴミや不用品の回収処分(家具家電や粗大ゴミも)

・残すものと不用品の仕分け

・不用品の買取(作業金額からお値引き)

・貴重品の捜索

・部屋の汚れの清掃

・キッチンやお風呂、トイレなどの水回りハウスクリーニング

・消臭除菌

・害虫駆除

・建物の共用部にキズがつかないよう養生

・フローリングや壁紙などのリフォーム

・ベランダや庭の残置物の撤去

・賃貸退去のための原状回復

近所の方や不動産会社に配慮もしてくれる。

またゴミ屋敷の清掃はご近所に気づかれないようにこっそりと作業してほしい場合もあります。その場合にも様々な配慮や対応をしてくれます。

・秘密厳守の配慮

清掃業者だとわからないような服装やトラックに会社のロゴが入っていないもので対応してくれる会社もあります。またもしも近所の方に声をかけられても、「引越し作業中です。」と、ゴミ屋敷の清掃だと気付かれづらい対応をしてくれる業者もいます。

・騒音防止や作業時間の配慮

周りに気づかれないよう音を出さないように作業してくれる業者や、ゴミの搬出も人が少ない時間帯(早朝や深夜など)に対応してくれるような業者も存在します。

・面倒な対応の代行

作業前にご近所への挨拶をおこない断りをいれたほうがよいケースや、大家さんや管理会社とのやりとりをしないといけない場合があります。そういった対応もゴミ屋敷業者が代行してくれます。

短時間で一度にゴミ屋敷を片付けたい、手間をかけずにまとめて作業をおねがいしたいときはゴミ屋敷業者に依頼を検討してみましょう。

ゴミ屋敷片付け業者の料金相場

 

ゴミ屋敷の料金は何で決まる?

同じ「ゴミ屋敷」でも、ゴミの量によって片付けの費用は大きく変わってきます。ひと口にゴミ屋敷と言ってもその状況は様々。床にゴミが散乱している程度から、部屋の天井までゴミが積み重なりドアすら開けられない状況まであります。

また一軒家の場合でも、全ての部屋か一部の部屋を掃除してもらうかで料金は変動します。たとえば3LDKの場合は170,000円からが相場ですが、1部屋分だけのゴミを掃除して欲しい時は30,000円からになります。

【間取り別】ゴミ屋敷の片付け費用の料金表

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~要見積もり 4~10名 6~15時間

※みんなの遺品整理に掲載されている800社以上の業者のホームページ、3万人以上の実際に利用した金額データから算出しています。(2022年6月8日時点)

 

上記金額に含まれるものは?

下記4つの概算費用となります。家の中のゴミの量によって料金が変わります。

1、作業費を含む人件費

2、車両費

3、ゴミの回収運搬費

4、廃棄物の処分費

トラックのサイズによる片付け費用の目安

軽トラック 1台あたり30,000〜40,000円
2トントラック 1台あたり50,000〜80,000円

ゴミ屋敷業者によってはトラック1台あたりの回収量で料金が決まっているケースがあります。

目安としてはゴミ1m3で1万円ほどが回収相場になります。

(1m3=横幅・縦幅・高さがそれぞれ1m程度)

ただしゴミ回収のみしか金額に入っていないケースがあるので注意しましょう。金額に何が含まれるのか問い合わせをしてみたり、見積もりをとって作業内容の内訳を確認するのがおすすめです。

トラックで運べる量の目安

一般的な広さのワンルームマンションで、床全体にゴミが敷き詰められている程度であれば軽トラック1台で何とか運ぶことができることもあります。

しかしワンルームであってもゴミが部屋全体に高く積もっている場合だと2トントラック1台でも収まらないケースがあります。

お近くのゴミ屋敷清掃業者の実際の料金と口コミを見てみる

ゴミ屋敷掃除の作業事例・料金実例

実際にみんなの遺品整理からゴミ屋敷掃除をご依頼していただいた方の費用の作業実例をご紹介いたします。

消臭作業などのオプションサービスの依頼されていると料金表よりも高い場合がございます。

作業事例①:1DKで膝上までゴミが積もっている場合【140,000円】

作業現場

【中部】愛知県名古屋市緑区

間取り

1DK

作業日数

5時間

作業人数

4名

料金

140,000円

オプション:異臭除去

オプションとして異臭の除去を行いました。長年ゴミが溜まっている場合、専用の機材や薬剤で消臭除菌いたします。

この部屋に住んでいらした方はパソコンのほかタブレットやスマートフォンをお持ちでした。データ消去から買取までさせていただきました。

その他テレビや冷蔵庫といった基本的な家電も、状態や年式によって買い取りが可能な場合もあります。  

※この事例は当サイト掲載「ウィルケア」の事例です。

作業事例②:3DKで天井までゴミが積もっている場合【650,000円】

作業現場

【関東】

間取り

3DK マンション(約50㎡)

作業日数

1週間

作業人数

4~5名/日

料金

650,000円

室内は天井まで物が積まれた状態でした。このお部屋にはお母さまと息子さまがお二人でお住まいだったそうです。

かなり物が多く、写真以外のお部屋も含めて4〜5名体制で1週間ほどかけて作業いたしました。

女性スタッフと男性スタッフですべてのゴミや不用品の撤去をいたしました。

※この事例は当サイト掲載「遺品整理Bxia(ビクシア)」の事例です。

作業事例③:2Kで胸までゴミが積もっている場合【150,000円】

作業現場

【中部】長野県上田市

間取り

2K(アパート)

作業日数

2日

作業人数

2名

料金

150,000円

お部屋の中は胸の高さまでゴミが積もっていました。

ゴミ袋は一つひとつ中身を確認したうえで分別し、まだ使えそうなものは処分費用の削減のためにリサイクルやリユースにまわしました。

ゴミの片付け後にはお部屋のクリーニングも施しました。

※この事例は当サイト掲載「遺品整理のGOEN」の事例です。

作業事例④:1LDKでゴミが膝下くらいの場合【76,000円】

作業現場

【近畿】大阪府泉佐野市

間取り

1LDK(マンション)

作業日数

4時間

作業人数

2名

料金

76,000円

部屋の中は写真のような状態でございましたので、全て処分させていただきました。

ご自身では手が付けられないようなお部屋の整理もお任せください。

※この事例は当サイト掲載「クリーンケア」の事例です。

ゴミ屋敷業者の費用を安く抑えるコツ

 

① 見積もりは3社を目安にとり、実際の金額や作業内容を比較する。

3社を目安に相見積もりをとりましょう。ゴミ屋敷業者の料金は、引越しと似たように業者によって見積もり金額が変動します。またホームページなどでは「安い」「格安」「1万円以下から対応!」と記載があっても、慌てて決めないことをおすすめしています。

実際に問い合わせして見積もりを取るとホームページに記載されている金額の数倍以上になるケースが当サイト「みんなの遺品整理」にも多く報告されています。

また見積もり金額には作業内容に何が、どこまで含まれているかをしっかり確認しましょう。安いと思っても実際はゴミを部屋の外に搬出するだけで、回収費用は別料金だというケースもございます。

追加料金やキャンセル金額に注意!

見積書に追加料金がないかどうかも確認しましょう。安いと思っても作業当日に追加料金が増えると、思った以上の金額になることも少なくありません。

もしトラックの定額パック料金があるのなら多少高くてもパックでお願いした方が結果として割安の時もありますから、担当者に見積もりの段階できちんと確認しましょう。

キャンセルについても契約後に何日前なら無料でできるかをチェックすることをおすすめしています。

※当サイトみんなの遺品整理では、掲載されているすべてのゴミ屋敷業者が「追加料金一切なし」「見積もり無料」でサービスを提供しております。

② 買取可能なものは自分で買取にだす

まだ使えそうなものや高く売れそうなものは、ネットオークションやフリマアプリで買い取りに出してみましょう。リサイクルショップや買取専門店に持ち込むのもおすすめです。

ゴミ屋敷片付け業者は買取にも対応している。

買取対応しているゴミ屋敷業者は、料金から買取分を差し引いてくれるのでお得です。さらに一度の依頼で片付けから買取までできるので、手間を省けるという点でもおすすめです。

買取値引きに対応したゴミ屋敷業者の料金と口コミを見てみる

③ できる範囲で事前に片付けておく

料金は処分する物の量が多いほど高くなります。したがって、料金を安くするためにもあらかじめできる範囲で処分をしておきましょう。不要なものを一般ゴミや粗大ゴミに出しておくことで費用を抑えることができます。

ただし無理は禁物ですので、精神的・体力的に少しでも無理そうだと思ったら親族や友人、業者に任せるようにしましょう。

ゴミ屋敷業者に頼むメリット・デメリット

メリット:体力的な負担がなく、短時間で綺麗にしてもらえる

業者は片付けのプロですので、ゴミがまるまる一軒分に広がっていたとしても1日で元の綺麗な状態にしてもらえます。素人が悩んでしまうゴミの分別や搬出も全てお任せすることができます。

また短時間で作業してほしい場合、大人数のスタッフで対応してくれる業者もいます。静かに作業して欲しい場合はもちろん少人数で対応してくれます。

女性のゴミ屋敷には、女性スタッフ対応の業者がおすすめ

女性の部屋に男性スタッフが入ることに抵抗がある人は、女性スタッフを派遣してくれる業者がおすすめです。衣類が入ったタンスや生理用品のようなデリケートなものや、気持ちに配慮しながら作業をしてくれるので安心ができます。

女性スタッフに対応した業者の料金や口コミを見てみる

デメリット:費用がかかる

ゴミ屋敷業者におねがいすると自分で清掃するよりも費用がかかります。片付けてほしい部屋数やゴミの量によって料金は変わります。この価格には作業時間や人件費、運搬やゴミの廃棄処分費などが含まれていますので、程度により価格差が大きくなっています。

ゴミ屋敷業者に依頼する際の注意点

すべての業者が良い業者とは言えない。

ゴミ屋敷の片付け業者は全国に約9000社いるといわれており、そのすべてが優良業者とはいえない現状があります。高額請求や金品の盗難を始めとした被害報告も発生しています。

また回収した不用品やゴミを山林などに不法投棄する悪徳業者がいると、その責任は依頼者に問われてしまう被害もあります。

直接被害を受けるケースでは、料金トラブルが最も多くなっています。業者に依頼する時は信頼できる業者かどうかしっかり確認するようにしましょう。

無許可のゴミ屋敷業者について

チラシやホームページで無料と記載のある回収業者がありますが、注意をした方がよいでしょう。実際にあった例として、下記のように誤認させる悪質なケースも見られます。

・見積もりは無料だが、訪問には基本料金がかかると記載がある。

・ゴミ回収のみ無料で、小さい文字で処分費はかかると記載がある。

環境省や経済産業省では無許可の業者をつかわないようにと警告をだしています。

環境省:無許可の回収業者を利用しないでください。(外部リンク)

経済産業省:家電4品目の「正しい処分」早わかり!|家電リサイクル法。(外部リンク)

国民生活センターでも多くの被害報告が入っており、呼びかけをしています。

国民生活センター:廃品回収を依頼したら高額な請求をされた(外部リンク)

優良業者を見分ける時のポイント

① 訪問見積もりに応じてくれる

見積もりをとる際には、部屋の状況を正確に把握してもらうためにも訪問見積もりをとるようにしましょう。訪問見積もりを嫌がる、あるいは応じてくれない業者は、当日になって想定外の追加料金を請求してくる場合もあります。

見積もりをとるときの注意点は?詳しくはこちら

② ホームページに明確な料金体系がある

間取り別や物の量ごとに料金体系がなされていない場合、不当に高額な請求をされてしまうので注意が必要です。特に料金に関しては、他の業者と比較して相場を知るためにも相見積もりをとることをおすすめします。

③ 必要な資格を持っている

家庭から出たゴミを運搬・処分するためには「一般廃棄物収集運搬許可証」を保有しているか、保有している別の業者に回収を委託している必要があります。

よく混同されがちな「産業廃棄物収集運搬許可証」では処分できないので注意しましょう。法令順守をしている業者を選ぶのが安全です。

安くて評判の良いゴミ屋敷業者を探すには?

ゴミ屋敷の清掃を業者におねがいするときに重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。自分の部屋に入ってきて作業をするのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。みんなの遺品整理では「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較でゴミ屋敷の最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料、追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国780社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

・秘密厳守や深夜早朝対応の業者を紹介

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、ハウスクリーニング、買取、消臭まで豊富なワンストップサービス

ゴミ屋敷業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍するゴミ屋敷業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。780社以上のゴミ屋敷業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

優良なゴミ屋敷業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめてのゴミ屋敷片付けでどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・ゴミ屋敷業者の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

せっかく業者に以来して綺麗にしてもらっても、時間が経って再度ゴミ屋敷化してしまっては同じことの繰り返しになってしまいます。

ゴミ屋敷を防ぐには日々のちょっとした片付けが大切です。使ったものは元に戻す、食器はその日のうちに片付けるなど、小さな習慣を作ってみるのもいいかもしれませんね。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者・ゴミ屋敷業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめてのゴミ屋敷清掃でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。