大切な人が亡くなると悲しみに暮れる間もなくやらなければならない遺品整理。近年は核家族化が進み、身寄りのない高齢者が増加傾向にあります。また遺族の方だけでは遺品を整理、処分することが難しいという現実も。今回は突然訪れるかもしれない遺品整理の際に頼りになる「良い遺品整理業者」の選び方についてご紹介します。

良い遺品整理業者の選び方

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国730社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品整理で利用することのできる4つの業者

「遺品整理」を行うときに、利用することのできる業者には以下の4種類あります。これらの業者は、業者ごとに業務内容が異なります。

ご自身の状況に合わせて、遺品整理の負担を減らすために最も適した業者選びを行いましょう。業者ごとの業務内容と業者を利用する場合をまとめると以下のようになります。

業者 業務内容 こんな方におすすめ
片付け代行業者 物の仕分け、片付け 処分や買取はまだ考えておらず、実家の遺品を片付けたい方
不用品回収業者 不用品の回収・処分(買取) 遺品整理で出た大量のゴミがを処分したい方
リサイクル業者 再利用品の買取 遺品の中に再利用できる物が多く、安くに遺品整理を行いたい方
遺品整理業者 物の仕分け、片付け、不用品の処分・買取 実家が遠方な方や、遺品整理を行う時間・体力がない方

遺品整理業者とは遺族に代わって遺品整理を行なってくれる業者のことです。遺族の体力的、精神的な負担が軽くなりますし、プロの手によって短時間で整理を終えることができるため近年利用者が増えています。

この記事では、低価格・安心・高品質な遺品整理業者の選び方について解説をします。

遺品整理業者のサービス内容

遺品整理はご遺族でももちろんできますし、「不用品を回収して欲しい」ということに焦点を当てるなら不用品回収業者に依頼することもできます。

しかし、サービス内容の広さや専門性という点では遺品整理専門の業者に頼むのが良いでしょう。

  遺品整理業者 不用品回収業者
作業目的 遺品の整理 不用品の回収
特徴

「作業対象=遺品」と認識

→物の扱いが丁寧

「作業対象=処分品」と認識

→物の扱いが雑になることも

不用品の回収と処分
必要品と不用品の分別 ×
貴重品の捜索 ×
遺品の買取 ×
遺品の供養・お焚き上げ ×
無料の簡易清掃 ×
ハウスクリーニング ×
消臭作業 ×
家屋の解体 ×
車・バイクの買取処分 ×
リフォーム ×
不動産仲介・買取 ×
相続の相談 ×

※不動産仲介・買取や相続の相談は、提携している専門会社を紹介するという形をとっている場合もあります。

遺品整理ならではの心遣いもポイント

遺品整理業者の特徴として故人・遺族・ご近所への心遣いも挙げることができます。例えば、

お仏壇に手を合わせるといった故人・遺族の気持ちに配慮した行動

・遺品を処分品・不用品と扱わず丁寧に扱う

・ご近所の方への配慮、挨拶の代行を行う

・遠方からの依頼にも対応し、作業完了を写真や動画で報告してくれる

などです。このような点からも、遺品整理業者に依頼することをおすすめします。

悪徳業者に注意

とはいえ、遺品整理業者の中にも悪徳業者はいます。

悪徳業者の代表的な行為としては、回収した遺品を不法投棄する、遺品を盗難する、遺品を乱暴に扱う、高額な請求や追加請求をせまってくる、といったものです。

〈参考記事〉遺品整理の料金相場はいくら?

親族が亡くなると葬儀代などにもお金がかかるため「遺品整理は低価格にしたい」と思う方も多いでしょう。しかし遺品整理を行う業者は必ずしも専門業者とは限らず、無許可のリサイクル業者や便利屋のようなところも存在しますので慎重に選場なければなりません。

では安かろう悪かろうではない業者を見極めるためにはどのようにしたら良いのでしょうか?良い遺品整理業者を選ぶポイントを順に紹介していきます。

良い業者の選び方① 遺品整理士の在籍

遺品整理士という資格をご存知でしょうか?この資格は、一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している資格です。遺品整理の作業や心得に関する2ヶ月ほどの講座を受講したのち、遺品整理士にふさわしいと判断された者のみが手にすることのできる資格なのです。

〈参考記事〉遺品整理士認定協会とは?

遺品整理業者の中には特に資格を持たずに営業しているところも少なくありません。そのような中で遺品整理士という資格を持っているということは、信頼するに足る業者であることを示す一つの基準なのです。

良い業者の選び方② 訪問見積もりを行う

見積もりを取る際に、まずは訪問見積もり、すなわち実際に家の状況を見た上で見積もりをとってくれるかチェックしましょう。訪問見積もりをしたがらない、応じない業者は、当日になって追加請求をしてくる悪徳業者の可能性があります。

追加請求などの業者トラブルを避けるためには、現場の作業内容を正しく業者に把握してもらうことが必要です。

電話やメールなどの口頭や文章だけでは家の状況やすべての家財について伝えるのは難しいですし、買い取ってもらえる可能性のある家具・家電を事前に確認してもらうことがでるので、手間でも訪問見積もりを必ずとるのがおすすめです。

また、遺品整理を依頼する物件にできるだけ近い業者を選ぶことで、交通費を抑えることになり、費用を節約することができます。業者のサービスエリア外の物件を依頼してしまうと、多額の出張費がかかる可能性があります。依頼する物件に近い業者がどこにあるのかを調べるのは手間がかかります。

急ぎで近くの業者を探してほしい方はこちら

対応エリアの業者の口コミ・料金をご自身でチェックされたい方はこちら

良い業者の選び方③ 見積もり書の明確な記載

見積書をチェックして、作業内容や料金の内訳が細かく記載されているかどうかを確認しましょう。最初は安く見積もりをだし、作業後に見積額以上の高額な料金を請求する悪質な業者も存在します。

見積書を確認する際のポイントを4つほど紹介します。

①書面で見積書を渡してくれる

見積書を渡してくれない業者には注意が必要です。後々、作業内容が変わって金額が追加される可能性があります。

まずは見積もりの際に、書面で見積書を出してもらうようにしましょう。

②作業内容と料金が明確に記載されている

「作業一式」など曖昧な記載ではなく、作業内容が具体的に記載されているかがポイントです。

また、同じ値段でも対応可能なサービス内容は業者によって異なります。必要な作業が含まれているか、余計な作業がないかも確認しましょう。

③追加料金の有無が明記されている

「見積もり書に記載されていない事を当日に依頼されたので、追加で費用を請求します」など、悪質業者は様々な言い分をつけて高額な請求をします。

追加料金が発生する可能性があるのかどうか、あるとすればどのような場合なのかといった説明がきちんと記載されているかどうかを確認しましょう。

④不用品の買取価格、処分費用が明記されている

買取価格と不用品の処分にかかる費用がそれぞれいくらなのか明記されているかどうかを確認しましょう。

良い業者の選び方④ 丁寧な対応

亡くなった大切な人の遺品を扱う相手が、きちんとした業者かどうかを見極めるためには、実績や丁寧に対応してくれるかが重要です。

①ホームページに実績・口コミがあるか

まず、ホームページに掲載された実績や口コミを見て、信頼できる業者を選びましょう。特に、遺品整理の作業前後の写真が載っているかどうかや、作業にかかった料金の実例などを確認してみましょう。

また、ホームページに、スタッフや代表者の名前や顔写真の有無も確認しましょう。悪徳業者は顔写真などを載せたがらないことが多いです。

②実際に丁寧な対応をしてくれるか

また、電話対応や見積もりで、スタッフの言葉遣いや説明が丁寧かどうかや、服装がきちんとしているか、ホームページと説明で違う点がないかなどは大切なポイントです。

電話やメールにて、気になるところを質問してみて、不快な気持ちにならないか、親切に対応してくれるかを確認してみましょう。

また実際見積もりしてもらう時も、何にどのくらいの料金が発生するのか詳しく説明ができる業者が好ましいです。

より詳しく業者の対応について知りたい方は、こちらから遺品整理業者に依頼した方の感想が見られるので参考にしてみてください。

遺品整理業者の口コミを見るならこちらから

良い業者の選び方⑤ 許可・届出や資格の有無

「遺品整理業者のサービス内容」を記事前半で紹介したように、遺品整理業者のサービスは多岐にわたります。業務を行うために必要な許可や届出は、サービス毎に異なります。これらの許可や届出を公開している業者を選ぶことで、より質の高いサービスを受けられる可能性が高いです。

不用品を処分するには「一般廃棄物収集運搬許可証」を持っているか、持っていないなくとも許可証を持った業者に委託している必要があります。

業者が適切に廃棄物を処分しなければ、委託した消費者側も罪に問われる可能性があるので、特に注意が必要です。従って、業者を探す際には、事前にこの許可を持っているかを確認しましょう。

必ず確認すべきもの

求められる許可や届出 対応サービス
一般廃棄物収集運搬業許可 廃棄物の処理
古物商許可 遺品などの家財の買取
一般貨物自動車運送事業許可
もしくは貨物自動車運送事業の届出
(配送する際に運賃が必要な場合)
形見分けの配送など
※有料で家財を運搬する場合

※業者によっては一般廃棄物許可に関しては自社で保持せず、保持している業者に処分を委託しているケースもあります。

※みんなの遺品整理では法令順守をしている有資格業者のみご紹介をしております。

必ずしも必要ではないが、あった方がいいもの

求められる許可や届出 対応サービス
遺品整理士 遺品整理
遺品査定士 不用品の買取
事件現場特殊清掃士 特殊清掃
生前整理技能Pro1級 生前整理

〈参考記事〉遺品整理業者が持つべき資格

良い業者の選び方のチェックリスト

上記で紹介した選ぶ際のポイントをまとめてチェックリストにしました。業者を選ぶ際に確認してみてください。

〇見積書の明確な記載

  • 書面で見積書を渡してくれる
  • 作業内容と料金が明確に記載されている
  • 追加料金の有無が明記されている
  • 不用品の買取価格、処分費用が明記されている

〇業者の実績・口コミ、丁寧な対応

  • ホームページに実績・口コミがある
  • ホームページに作業前後の写真や料金相場がある
  • ホームページにスタッフの顔写真や代表の名前がある
  • スタッフの言葉遣いや説明が丁寧
  • スタッフの服装はきちんとしている
  • ホームページと説明で違う点はない

〇資格の有無

  • 配送する際に運賃が必要な場合、一般貨物自動車運送事業許可もしくは貨物自動車運送事業の届出がある
  • 廃棄物の処理を依頼する場合、一般廃棄物収集運搬業許可がある
  • 遺品などの家財の買取を依頼する場合、古物商許可がある
  • 遺品整理士の資格を持ったスタッフが在籍している(必須ではない)

必ず相見積もりをとろう

遺品整理の料金は、各家の大きさや家財の量で値段が異なります。具体的な料金を知るためには、見積もりを取ることが必要になります。

その場合、一つの業者だけでなく3社を目安に相見積もりをとるようにしましょう。相見積もりをとることで、自分の家の遺品整理にかかる大まかな料金を把握できます。

業者ごとのサービスや料金も比較でき、高すぎる料金を提示してくる業者を見分けることもできるでしょう。

料金が高い業者と安い業者の違いは何か?

遺品整理業者によって、同じ遺品整理のサービスでも内容でも料金が異なる場合があります。以下では、同じ遺品整理のサービスでも料金を安くできるケースを解説します。

企業独自の工夫をしているケース

料金を安くするために、工夫して作業効率をあげているケースがあります。

例えば、

・作業員一人一人の熟練度を上げ、一人あたりの作業量を増やすことで、人件費を抑えているケース

・特殊清掃や家財の買取などを他社へ委託するのではなく、自社で行うことで、委託手数料を抑えているケース

・丁寧に見積もりを行い、正確に家財量を把握することで、トラックの大きさを小さくしているケース

・トラックの積み方を工夫し、運搬に必要なトラックの台数を節約しているケース

・海外リユース業者やリサイクル業者と連携し、廃棄物処理のコストを企業努力によって削減しているケース

無理に料金を下げようとしているケース

業者の中には、無理に料金を低くしようとした結果、違法な行為を行う業者もあります。

・処分費用を抑えるために、不法投棄しているケース

・人件費を抑えるために作業員の給料を減らしているケース

無理に料金を下げる場合、ユーザーにとって、悪い影響しか与えません。不法投棄をした場合は、前述のように依頼したユーザーも罪に問われます。人件費を抑えた場合も、結果的に作業員のモチベーションの低下に繋がり、ユーザーへの質の高いサービスを提供できなくなってしまいます。

工夫で料金を抑えている業者を選ぶためには、前述の業者選びのポイントを踏まえ、許可や資格の有無を確認する必要があります。

優良な遺品整理業者の作業事例

作業実例①:関西の遺品整理

作業現場 京都府京都市右京区
間取り 3LDK
作業日数 5時間
作業人数 11名
料金 198,000円

今回はお母様の遺品整理、そしてご依頼者様が娘様でしたので女性スタッフを増員して対応いたしました。へそくりの捜索もご依頼いただいたので、本も一冊一冊丁寧に、衣類もポケットまでくまなく探しました。

作業の最後にはお風呂場を含めて清掃を施し、ご依頼者様には満足していいただくことができました。

※この事例は当サイト掲載「プロアシスト」の事例です。

作業実例②:関東の遺品整理

作業現場 埼玉県春日部市
間取り 4LDK
作業日数 3日
作業人数 14名(1日目4名・2日目5名・3日目5名)
料金 650,000円

延べ14名で作業にあたり完了となりました。かなりのお金やジュエリーが捜索により発見され 、随時ご依頼者様へ確認のうえお引渡しさせて頂き、その他にも新品のお洋服や雑貨類などは バザーに提供する事となり、 お引渡しさせて頂きました。

5月中頃に整理させて頂いた際にお会いしたご依頼者様がお亡くなりになってのご遺品整理となり、以前明るく会話もさせて頂いておりましたのに祭壇でご挨拶させて頂きました際には悲しみもより一層でした。

そんな中、この度のご依頼者でありますお兄様が我々スタッフに対しとても親切にお気遣い下さり

お優しいお人柄をうかがい知る場面が沢山ありました。 最後に簡単な清掃も行い、 見違えるように綺麗になったとお喜び戴けた事 スタッフ一同大変嬉しく思ております。

※この事例は当サイト掲載「プライムハート」の事例です。

安くて評判の良い業者を探す方法

遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

遺品には貴重品や高級なものも含まれるので、これを狙った悪徳業者は少なからず存在します。大切な遺品を大切に整理するためにも、この記事を参考にして優良な業者を選んでみてくださいね。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。