大切な人が亡くなると悲しみに暮れる間もなくやらなければならない遺品整理。近年は核家族化が進み、身寄りのない高齢者が増加傾向にあります。また遺族の方だけではなかなか遺品を整理、処分することが難しいという現実も。今回は突然訪れるかもしれない遺品整理で頼りになる良い遺品整理業者の選び方についてご紹介します。

良い遺品整理業者の選び方

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国297社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

優良な遺品整理業者と悪徳業者の違い

遺品整理は故人の大切な遺品を慎重に仕分けしていかなければならない作業なので、信頼できる業者にお願いしたいものです。しかし遺品ということを逆手に取って不法に投棄されたり、まるで遺品を不要物のように扱ってしまう悪徳業者もなかには存在したりします。まず遺品整理の優良業者と悪徳業者の特徴をそれぞれみてみましょう。

優良業者の特徴

・分かりやすく詳細な見積もり提示、かつ適正な価格

・遺品整理の知識がある遺品整理士がいる

・故人や遺族に対する心配りができる

・適切な廃品処分先やリサイクル品の処理先(提携業者や清掃工場)がある

悪徳業者の特徴

・相場より格安で料金が不透明(料金明細を教えてくれないなど)

・後から高額な追加料金を請求する

・対応が不親切(電話対応が粗雑)

身内が亡くなると遺族の方は葬儀代などお金がかかることも多いので、なるべく遺品整理は低価格で!と思われるかもしれません。しかし遺品整理を行う業者は必ずしも専門業者とは限らず、無許可のリサイクル業者や便利屋のようなところも存在しますので慎重に選びましょう。

作業料金が明瞭会計かどうか

遺品整理を業者に頼む時に最も重要したいのは料金ですよね。業者によって料金設定はまちまちですが、基本的には整理するお部屋の間取りの料金とオプションの追加料金になります。オプションというのはお部屋の清掃作業、エアコンなどの撤去作業の他には人形や写真の供養があります。

遺品整理業者の料金相場や口コミについてはみんなの遺品整理でチェックできますので、正式な見積もりをしてもらう前に様々な業者の料金を比較検討しておきましょう。

接客態度や見積もり時の丁寧さ

遺品整理業者を比較する際、接客態度も重要事項になります。落ち着いて丁寧に話しができるか、こちらの質問に誠実に答えてもらえるかどうかはとても重要ですね。また実際見積もりしてもらう時も、何にどのくらいの料金が発生するのか詳しく説明ができる業者が好ましいです。

近隣に知られたくないじょうな状況や、大切な遺品を扱う慎重な作業だからこそ細かいことを質問しても面倒臭がらずに答えてもらえる業者を選びましょう。

遺品整理士がいるかどうか

遺品整理は故人の所有物だったものを正しい方法でかつ、丁寧にしなければなりませんから廃棄物処理の法規制や供養などの幅広い知識が必要です。そこで、優良な遺品整理業者を見分ける為にはこれらの知識や対応ができる遺品整理士の資格を持つスタッフが在籍しているかどうかが重要になります。

とくに悪徳業者は廃棄物処理についていいかげんなケースが多いです。通常であれば一般廃棄物免許という許可を行政から受けていないと自社で処理ができません。もし取得していなかった場合は取得済みの業者や工場に処理を委託しなければなりません。見積もり時や問い合わせ時に質問してみて、あいまいな回答だった場合は不法投棄や適切な処理をしていない悪徳業者の可能性があります。

複数業者に相見積もりをとりましょう

葬儀後は気持ちの面でもすぐに遺品整理とはいかない状況かもしれません。業者を探すことも億劫で、インターネットではじめに検索したところでいいやと即決してしまうことも。

しかしここで手を抜いてしまうと後にトラブルになることが多いので、複数の業者に見積もりをとることをオススメします。遺品整理を業者に頼むメリットは便利で整理にかかる時間が短縮できることです。複数社に訪問見積もりをしてもらい、スタッフの説明や接客態度を自分の目で見て、信頼できる業者に依頼するのがもっともよい方法です。

しかし遺品には貴重品や高級なものも含まれるので、これを狙った悪徳業者は少なからず存在します。大切な遺品を大切に整理するためにも優良業者を比較して選ぶようにしましょう。