家族が亡くなったあと、残された人たちが直面するのが遺品の扱いです。全部とっておくことはできませんし、適当に捨ててしまうわけにもいきません。そんな時に頼りになるのが遺品整理業者です。ここでは、遺品整理の基本と不用品回収業者との違いについて解説します。

遺品整理とは?不用品回収と何が違うの?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品整理とは

遺品整理とは、亡くなった人の持ち物を整理し、部屋をきれいに清掃することです。多くのものをスッキリと片付ける、という点で大掃除と同じ感覚を持つかもしれませんが、掃除の性質は異なります。

遺品整理はただの掃除ではない

故人の持ち物には、遺書や預金通帳、証券類といった貴重品が含まれている可能性があります。つまり、パッと見ただけで迂闊に捨ててしまっては危険なのです。貴重品には相続に関連するものも多くあるので、ポケットの中やタンスの裏など細かなところまで入念に確認することが必要です。

また、遺品は亡くなった方の思い出の詰まった品物ばかりなので処分をためらってしまうこともあるでしょう。整理をしているうちに手が止まってしまったり、捨てる決断がつかずに物の量が減らなかったり、といったことも起きてきます。

思うように整理が進まない。そんなときは業者に依頼してみよう

遺品を見ると故人を思い出してしまって手がつけられない、実家が遠方で整理に行く時間がない、仕事が忙しく遺品整理をする時間が確保できない…遺品整理を進めることができない理由は多くあることでしょう。

そんな時は、遺品整理業者に依頼してみるのも一つです。依頼者に代わって遺品整理をしてくれるので、精神的、身体的な負担を大きく軽減できます。近年では遺品整理で困る人も多く、遺品整理業者の需要も増えてきているのです。

また、当サイト「みんなの遺品整理」では遺品整理士認定協会より認定を受けた優良業者のみを掲載しているので安心して業者を検索することができます。

〈協会認定〉お近くの業者検索はこちらから

不用品回収との違い

遺品の片付けを頼める業者としては、不用品回収業者も挙げられます。では、遺品整理業者とは何が違うのでしょうか?

不用品回収業者の仕事は、基本的に「回収」するだけです。遺品を細かく整理・分別してくれるわけではありません。大事な書類などの貴重品だろうが、大切な思い出のものであっても、なんでも回収して処分してしまいます。そのため、必要なものと不要なものを分別しなければならない遺品整理には向いていないのです。

大量の不用品を引き取ってくれる点では頼りになりますが、それは遺品整理業者も同じです。遺品整理をするなら、専門の遺品整理業者に頼むのが最適だといえます。

遺品整理業者のサービス内容

遺品整理業者のサービス内容は、大きく分けて4つあります。

1、遺品の仕分け

遺品を種類ごとに仕分けてくれます。遺品の全体像が把握でき、必要なものと不要なものを区別しやすくなります。中には女性スタッフが在籍し、タンスなどに入っている衣服などを整理してくれますので、デリケートな作業であっても依頼がしやすいよう配慮されています。

2、不用品の引取・買取

遺品整理によって出た不用品は、基本的に回収してくれます。改めて別の業者を手配する必要がなく、とても便利です。大きな家具家電は女性の方や高齢な方で運び出すのが大変なのでうまく活用しましょう。中にはリサイクルショップと提携し、価値ある遺品を買取までしてくれる業者もいます。

遺品の買取をしてくれる業者はこちらから

3、家の清掃

故人の部屋や家は、とても汚れていることがあります。遺品整理が終わったあとは、家や部屋の清掃もしっかりと行ってくれます。オプションサービスで水回りの掃除や現状回復までしてくれる技術を持っている業者も増えています。

4、貴重品の捜索

遺言書や土地の権利書から、想い出の形見、貴金属などの価値あるものなどを代わりに探してくれます。プロの遺品整理士は衣服のポケットの中からタンスの引き出しの裏まで、隅々まで捜索してくれます。

遠方からの依頼でも対応

また実家と住んでいる場所が離れている場合、遠方からの依頼でも対応しています。家のカギを事前に渡せば、大家さんに許可を取って片付け作業を開始してくれます。見つかった現金や貴重品は後日段ボールなどに詰めて郵送してくれるので、当日立ち会うことができなくても安心して依頼することができるのです。

無許可の不用品回収業者に気を付けよう

業者が遺品整理を行うには、「一般廃棄物処理業」の許可が必要です。また、骨董などの貴重品を不用品とは別に買い取るには、「古物商」の許可がなければなりません。これらの許可なしに遺品整理を行うと、違法行為になってしまいます。

無許可の業者は、引き取った遺品を適正に供養することができません。そのため、横流しされたり不法投棄されたりするおそれがあります。遺品整理自体も丁寧に行わないことが多いため、必ず許可を持った業者に依頼しましょう。

遺品整理業者が取得すべき資格はこちらで解説しております

丁寧な作業は遺品整理士に依頼するのがおすすめ

より丁寧な遺品整理を希望するなら、「遺品整理士」の所属している業者への依頼をおすすめします。遺品整理士は、一般社団法人「遺品整理士認定協会」が認定している資格です。法律の知識や遺品の取り扱い手順など、さまざまな知識を身に着けています。

遺品整理士認定協会とは?詳しくはこちらから

近年では、孤独死などの増加によって遺品整理業者の需要が高まる一方、悪質な業者も目立ち始めています。悪徳業者は不法投棄や高額請求、作業中の金品盗難をおこなうなどの被害が増えています。遺品整理士は、業界の健全化のために努力している人たちでもあるのです。依頼をする時は、遺品整理士が所属しているかどうかを確認してみましょう。

〈遺品整理士在籍〉遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

故人の持ち物は、たとえ不用品であっても丁寧に扱ってほしいものです。専門の遺品整理業者なら、心を込めて遺品整理を行ってくれるでしょう。現場の確認や見積もりは無料で行ってくれることが多いので、まずは相談してみてください。