遺品整理の料金相場は、部屋の大きさや遺品の量などによって異なりますが、決して安い金額ではないからこそ、できるだけ安く抑えたいですよね。遺品整理の費用を少しでも安くする、4つのコツについてご紹介いたします。

遺品整理の費用を安くするコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国297社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

処分費用を抑えるため、できるだけ自分でゴミを捨てる

遺品整理作業は、処分する不用品の量が少なければ少ないほど、少人数で行います。つまり、事前に遺族側で不用品を処分しておけば、費用をぐっと抑えることができるのです。

いくつかある不用品の処分方法で1番格安なのは、自治体が運営する廃棄物処理施設に直接持ち込むという方法。大量の衣類や布団、新聞紙、椅子、テーブルなど、幅広い種類の不用品を引き取ってくれます。また料金についても処分費用が安いことが多いです。

例えば青森県八戸市の清掃工場では50kgまで150円で処分をしてくれます。非常に格安なので、処分の費用が抑えることができます。デメリットとしては処分場や清掃工場によっては対応していないことがある点です。一度お住まいのエリアや清掃工場や自治体を調べたり問い合わせしてみることをおすすめします。ちなみに、家庭ごみの持ち込みは禁止している自治体や、テレビや冷蔵庫といった大型家電は、引き取り不可能な場合も多いので注意しましょう。

家具家電はリサイクルショップへ

2001年に施行された「家電リサイクル法」によって、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の4種類の家電はリサイクルが義務付けられ、自治体が回収することができません。処分するためには購入した小売店に引き取りを依頼する必要がありますが、この方法だと1,000〜4,000円のリサイクル料金が発生してしまいます。

しかしリサイクルショップへ持ち込んだ場合、リサイクル料金は無料で、また多少古くとも買い取ってくれる場合がほとんどです。4種類の家電に限らず、他にも使えそうな家具家電がある場合は、是非ともリサイクルショップを利用してみてはいかがでしょうか。

ネットの買取サービスを利用する

傷がなく状態が良いものは、ネットの無料買取サービスを利用してみるのも手。自宅でダンボールに詰めて宅配業者に集荷を依頼すれば、査定と入金はネット上で完結します。これにより、手間と時間を大幅に節約することができるのです。また買取アイテムに関しても、電子レンジやポットなどの家電製品から、楽器、インテリア雑貨と、幅広いジャンルが対象となっています。

ちなみにネットの買取サービスを利用する際は、ハードオフの宅配買取や楽天買取といった、大手の買取サービスの利用がおすすめ。全国各地どこからでも、迅速に対応してくれます。

2社以上の遺品整理業者に相見積もりを取る

現在9000社ほどある遺品整理業者の中には、遺族の心情を逆手にとって過剰請求をする悪徳業者も少なくありません。そのため遺品整理業者をを決めるときは、求めるサービスが適正な価格で受けれるかどうかを判断するため、2-3社から相見積もりを取りましょう。不用品の事前の処分と相見積もりを組み合わせれば、料金はぐっと抑えることができるはずです。

また相見積もりをする際は、各担当者の対応にも注目。迅速な対応や明確な料金提示をしてくれる業者は、遺族の気持ちに寄り添ったサービスを提供してくれる可能性が高いと言えます。できれば遺品整理のプロである遺品整理士が在籍している業者がおすすめです。

当サイトみんなの遺品整理では【追加料金一切なし】【すべての業者の遺品整理士が在籍】【1度の問い合わせで複数業者の相見積もり手配】を行っています。もし業者に依頼するのを検討している際には一度サービスや料金をチェックしてみてはいかがでしょうか。

遺品整理業者の料金・サービス・口コミを見てみる

遺品整理に関わる費用が抑えられれば、遺族の精神的不安も少しは和らぐはず。これから遺品整理業者を利用する人は、今回ご紹介した4つのコツを是非参考にしてみてはいかがでしょうか。