介護整理(福祉住環境整理)とは特に高齢者や身体の不自由な方が住まわれる部屋をより良い環境になるよう片付けることをいいます。この記事では介護整理について詳しく紹介いたします。

介護整理(福祉住環境整理)とは?介護整理を行う際のコツまとめ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国331社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

介護整理はなぜ必要なのか

近年は超高齢化社会で1人暮らしの高齢者が増えていることから、なかなか1人では部屋の掃除や片付けができない方が多いようです。また障害がある方はなおさら困難になります。部屋の掃除や片付けをしないと衛生的に良くなく、最悪の場合ゴミ屋敷にまで発展してしまうケースもあります。

安全な環境を作るために

住環境というのはとても大事で、物が散乱している部屋で過ごすのは身体はもちろんのこと、精神面でも悪影響を及ぼします。また実際に高齢者がケガをしてしまう場所は圧倒的に居住スペースが多いというデータもあります。

介護整理をすることは1人暮らしのお年寄り方や片付けができない理由のある方が、長く安全に過ごしやすくなるためにはとても大切なことなのです。

福祉住環境コーディネーターとは

介護整理をするにあたって頼りになるのが福祉住環境コーディネーターです。福祉住環境コーディネーターは医療や福祉、建築の知識を持ち、それぞれの専門家と一緒に高齢者や障害をある方の住環境を整えてくれるアドバイザーです。

専門職との仲介役

一般的な住環境では、医療や介護の必要なお年寄りの方々が住むには不便が多いところがあります。部屋を改善するには医師や介護福祉士また建築士が関わる必要がありますが、現実的にそれぞれの専門職が介入するのは難しいものです。

福祉住環境コーディネーターはそんな専門職の仲介役として住環境の改善が必要な方のためにある資格です。

介護整理のコツ

介護整理は家族のお手伝いと実際に整理する部屋に住む方の理解を得られればそれほど難しいものではありません。そこでまず1番重視したいのが、安全な部屋かどうかという点です。詳しく見ていきましょう。

床に物をおかない

高齢者や身体の不自由な方は足元に物が散乱しているととても危険です。床に置いてある本や小物類などにつまづき転んでしまってケガをすると、今後の生活にも影響します。なるべく床には物を置かないように整理しましょう。

高い場所に物を置かない

家具によっては背の高い収納棚があるため、上の物を取る時に手をいっぱいに伸ばしたり踏み台に乗って取ったりする場面があります。これもとても危険で事故を招く危険性も。ほとんど使わないような物は良いですが、普段使うものは取りやすい高さのところに収納するようにしましょう。

ホコリがかぶりにくい部屋

写真立てや置物は部屋にあるとオシャレに見えますが、たくさんあると必ずホコリがかぶってしまいます。小さい隙間やふちを掃除するのは意外と大変で見落としやすいため、不衛生になりがちです。お年寄りは物を大切にするため、掃除をする場所が増えてしまうことがあります。なるべくケースに収納するなど工夫してみましょう。

住みやすい老後の環境作りのために

介護整理は普段の生活でケガを防ぐことをはじめ、必要な物が簡単にすぐ手にできる環境づくりが大切です。高齢者や障害のある方が楽しく幸せに暮らせるように相談しながら片付けてみてはいかがでしょうか。