家族や親族が亡くなると悲しみに暮れる間もなく、葬儀や多くの手続きに追われます。同時に頭を悩ませるのが、いつから遺品整理を始めるべきか、ということ。この記事では遺品整理を始めるおすすめの時期について紹介いたします。

遺品整理はいつからすればいい?おすすめ時期をご紹介!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品整理をする一般的なタイミング

遺品整理を始めるのは以下のようなタイミングが一般的です。

1.四十九日を迎えた後

仏教では、故人の魂は死後四十九日まで現世をさまよっていると考えられています。そのため、魂が次の世へ旅立っていく四十九日を目安に多くの方が遺品整理を行います。また遺族が多く集まるため、遺品整理に合わせて形見分けを行いやすいという点も理由のひとつです。

2.諸手続きの完了後

誰かが亡くなると多くの手続きをしなければなりません。死亡届に始まり、電気や水道、ガス、年金、保険金など手続きは多岐にわたり、遺品整理まで手が回らないことも。そのため多くの方が、ひと通りの手続きが終わってから遺品整理に手をつけます。

3.葬儀後すぐ

故人が賃貸に住んでいた場合、契約の問題が発生するため葬儀後すぐに遺品整理を行わざるをえません。また遺族の多くが遠方に住んでいて、集まる機会が少ない場合にも葬儀後すぐに行うことが多いようです。

遺品整理をする時期でおすすめなのは?

遺品整理をする時期としておすすめなのは、自分の気持ちに整理がついたタイミングです。確かに一般的なタイミングでの遺品整理は、効率的に行うことができます。しかし、まだ精神的に落ち着いていない時期に無理して遺品整理を行うと、余計に心が乱されてしまい、思うように進みません。

そのため、故人への思いに整理がついたタイミングが遺品整理を行うのにもっともよい時期です。しかし長く年月を空けすぎると、面倒に感じるようになってしまうこともあります。いつ頃から遺品整理を始める、という目安となる時期を決めておくと、気持ちの整理もつけやすくなるでしょう。

遺品整理をはじめる時の注意点

1.相続や手続きに必要な書類を捜索する

諸手続きに必要となる書類をまず探し出し、保管しておきましょう。手続きには死後いつまでといった期限が設定されているものもあり、優先的に済ませる必要があります。

2.遺言書やエンディングノートなど故人の想いがわかるものを見つける

遺言書やエンディングノートを見つけたら、それに沿って遺品整理を行いましょう。遺産相続や形見分けなど、遺品整理に必要な内容が記してあり、遺族間のトラブルを防ぐためにも必ず確認します。

3.遺族に合意をとっておく

遺品整理は遺族全員がそろってから行いましょう。他の遺族の了承を得ず勝手に遺品整理を行うことは、トラブルの元です。前もってどのような方針で遺品整理を行うか話し合っておくと、効率的に行うことができます。

4.遺品整理は計画を立ててから行う

特に高齢で亡くなられた方の場合は「もったいない」という気持ちから、たくさんの遺品が残されている場合が多くあります。そのような場合、やみくもに整理してもなかなか終わりません。

また写真や想い出の形見を発見すると、涙が止まらずに作業が進まないこともよくあるでしょう。遠方の場合など作業時間が限られている場合は特に注意が必要です。計画を立ててから効率よく行いましょう。

まずは業者をチェックしてみよう

「みんなの遺品整理」では、遺品整理士認定協会より認定を受けた優良業者のみを掲載しています。女性スタッフが対応できる業者遺品の供養をしてくれる業者遺品や不用品の買い取りをしてくれる業者など、ご希望に沿ったサービスを提供している業者も多いので、ぜひ検索してみてくださいね。

依頼してみようかな?業者検索はこちらから

「みんなの遺品整理」の特長

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームはどのようなものか・追加料金の請求をしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

タイミングに正解はない

遺品整理を行うタイミングに、いつという決まった答えはありません。周りや慣例に惑わされず、それぞれの事情や気持ちと相談して決めることをおすすめします。