セルフネグレクトというのは、「自己放任」とも一般的に言われています。簡単に言うと、セルフネグレクトとは関心が自分に対して無くなることです。関心が自分に対して無くなれば、普段の暮らしにもすぐに支障が出てきます。このような状態の原因と改善方法についてご紹介します。

セルフネグレクトとは?原因と改善策をご紹介!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国605社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

セルフネグレクトとは

セルフネグレクトとは関心が自分に対して無くなることです。掃除や洗濯、ゴミ捨てなど身の回りのことができなくなり、人によってはゴミ屋敷になってしまう人もいます。もちろん本人もなりたくてなったわけではなく人間関係やショッキングな出来事などで意図せず陥ってしまうこともあります。

また希薄な対人関係になって、どのようなことについても投げやりになります。一般的に、自分を満足させるために誰もが持っているような欲求も無くなってきて、世の中からも疎外されてきます。自分を生活面において大事にしなくなると、セルフネグレクトの疑いがあるかもしれないので注意しましょう。

セルフネグレクトの症状

セルフネグレクトの顕著な症状は、身の回りのことを自分のためにしなくなることです。例えば、食事を定期的に摂らなくなって、食欲そのものが無いように見えます。また、お風呂に入ったりするというようなきれいさに対する関心も少なくなり、いつまでも洗っていない服を着るようになるでしょう。

自宅も掃除しなくなって、ゴミ屋敷になってきます。さらに、このような状態を無くすためのサポートなどを頑固に拒むようになります。症状がこのように悪くなってもサポートさえも断る場合が多くあるので、さらに悪化してしまうこともあります。

セルフネグレクトの症状原因

セルフネグレクトの症状の一つの原因としては、認知症が挙げられます。認知症を独居老人が発症すると、セルフネグレクトになるのはすぐにイメージできるでしょう。この他にも、セルフネグレクトの原因としては、メンタル的なものが多くあるようです。

例えば、一緒に生活していた配偶者が亡くなったため一人になったり、家族にいじめられて一人になったりするなどで、セルフネグレクトになる場合があるそうです。一人になった場合でも楽しく元気で生活できるといいでしょうが、配偶者が無くなったり、いじめられたりするとダメージがメンタル的にも大きくなります。

セルフネグレクトの改善策は?

改善策としては、セルフネグレクトの症状が酷くなる前に、1人きりならない、もしくは1人にさせないことです。他の人と一緒にいて会話やコミュニケーションをとらない状態にいることです。

長い年月によってセルフネグレクトが深刻になると、改善することはなかなか難しいようです。孤立しないようにサポートしようとしても、本人が嫌うので非常に困難でしょう。関係を無理に持とうとすれば、さらに拒むようになります。

一緒に住む人がいない場合もありますので、近所の方・近くにある行きつけのお店の店員さんなど、普段の挨拶や世間話などをしてみるのもおすすめです。