空き家となった実家の整理や終活の一環として実家を整理する際には業者に依頼することもできます。しかし業者を利用するのは案外費用がかかってしまうもの。ここでは、実家の片付け費用を安くするコツについてご紹介していきます。

実家の片付け費用を安くするコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

実家を放置することで起きる問題

実家が遠方にある場合には、実家の片付けをするのが億劫になってしまいがちです。しかし、そのまま放置してしまうと無駄にお金がかかってしまうことになるのです。

実家が土地付き一戸建ての場合には、維持するだけで固定資産税と都市計画税を毎年支払うことになります。固定資産税は、建物○円、土地○円といった形で発生します。

また実家を片付けずに放置し、倒壊の危険性や衛生上有害であると判断された場合には市区町村から「特定空き家」に認定されることもあります。特定空き家に認定されると、自治体によって強制的に建物が解体され、解体費用を請求されます。

さらに建物がなくなって土地だけとなるため、固定資産税が値上がりします。土地面積200平方メートル未満の場合に6倍、200平方メートル以上の場合には3倍となります。

このような問題に直面しないためにも、業者に依頼して実家を片付けてもらうのが良いでしょう。

協会認定の業者はこちらから検索できます

実家の片付け業者のサービス内容

片付け業者のサービス内容には、次のようなものがあります。

①不用品の回収

家具や家電、衣類などの不用品を回収してくれます。家電製品の中には、家電リサイクル法によって処分料金を支払う必要があるものもあります。冷蔵庫や洗濯機、エアコンやパソコン、テレビや衣類乾燥機がその対象です。このようなリサイクル家電も、業者ならきちんと処分してくれます。

②不用品の買取

購入後1年以内で、かつ状態の良い家電製品や家具を買取して現金化してくれるサービスもあります。必ず「古物商許可証」を取得していることを確認してから買取をしてもらいましょう。古物商許可証は、所轄の警察署に申請することで取得できます。リサイクルショップはもちろん、楽器や書籍、時計や貴金属、絵画や骨董品の買取には必須の資格です。

③遺品整理

片付け業者が、遺品整理を専門としている業者の場合です。遺品整理とは、故人の形見の品となるものと、不用品をきちんと分けて処分することです。遺族の意思を反映した遺品整理をする業者ばかりではなく、中には悪徳業者も存在するので注意が必要です。

④ゴミ屋敷清掃

実家の物や荷物の量が過度に多く、ゴミ屋敷と化している場合にも業者なら綺麗に清掃してくれます。自分では手のつけようがないと判断した場合に依頼してみましょう。

片付け業者に頼むといくらかかる?

実家の片付けを業者に依頼した場合の料金は、間取りや不用品の量などで左右されます。作業に必要な人数、不用品を積みこむ車の大きさ、業者から作業現場の距離も関係します。

片付け業者ごとに費用の設定価格が異なります。その他、遺品整理や清掃などが加わると、より一層費用が増えていくことになります。

間取り別の料金目安

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。

※ゴミ屋敷清掃や特殊清掃が必要な現場の場合、料金が大きく変わります。

同じ部屋の広さでも料金が異なる理由は、処分する物の量によって料金が変動するためです。ワンルームであっても一般的な部屋とゴミ屋敷のような状態ではまったく金額が異なってきます。そのため片付け業者に依頼をするときは訪問してもらって、見積もりを取ってもらうことが大切です。

安くするコツは相見積もり

片付け業者に依頼する際に少しでも安くするコツは、3社ほどに絞って相見積もりを取ることです。

相見積もりを取る際には、まず料金が予算内であることが大切なポイントです。他にも見積もり時の対応もチェックしておきましょう。特に料金や作業内容についての質問に対して、素人でもわかりやすく答えてくれるところは、良い業者である確率が高いです。

また実家の整理と同時に遺品整理を依頼したい場合には、遺品整理の専門業者に片付けを依頼することをおすすめします。そうすることで残すものと処分品の仕分け、貴重品の捜索(形見や遺言書など)まで対応してくれます。

どの片付け業者がいいかわからないときは?

「業者をどう選べばよいかわからない」そんな方のご相談も受け付けております。

こちらからお気軽にお問い合わせください

相見積もりをとるなら「みんなの遺品整理」

「一社ごとに見積もりをとる手間を省きたい」という方は、「みんなの遺品整理」を利用してみてはいかがでしょうか?一度のお問合せで最大3社まで相見積もりをとることができるサービスです。

「みんなの遺品整理」の特長 ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


片付け業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。「みんなの遺品整理」の相談員にメールや電話で質問をし、納得してからの依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。