遺品整理をしていると、「色んなものが出てきて驚いた」「初めて目にするものもあった」など、衝撃を受けることも多いでしょう。遺品の中でも処分して良いものと、残しておいた方が良いものは分かれてきます。では、「残しておいた方が良いもの」とはどのようなものなのでしょうか?

遺品整理で残しておいたほうがよいもの

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

残したいものと保管場所とのギャップ

遺品整理を始めると、思い出の品が出てきたり、こんなものがあったんだと思うようなものも見つかります。その中で、これは残しておきたいなと感じるものが見つかるはずです。

しかし、その残しておきたいものの保管場所に困ってしまうパターンもあります。「立派な掛け軸が見つかったけれど飾るような部屋がない」「高価な食器を置いておきたいけれど、日々使う食器棚に入れるのはちょっと・・・」などと、残したいものと保管場所とにギャップが生じる場合があります。

捨てるに忍びない…そんなときは買い取ってもらうのも一つ

残したいものが見つかったときは、どこに保管できるのか考えてみましょう。小さなマンションに住んでいるのに残したい遺品が大きい、孫と一緒に住んでいるので保管場所がないといったように、それぞれの暮らし方によってもこのギャップは生じてしまうのです。

残しておくものを選ぶ基準

遺品整理でたくさんの遺品が出てきた場合、すべてを保管しておくのは難しいです。そこで、重要となるのが残しておくものを選ぶ基準です。

まずは、故人が大切にしていたものかどうかを思い出しましょう。故人が大事にしていたものなら残しておきたいですよね。故人の衣類がたくさん出てきた時は、気に入ってよく着ていた服を残しておくと良いです。故人の趣味に関するものは、特に大事にしていたものを思い出して保管しておくのが良いでしょう。

遺品整理の際は、故人がどんなふうに毎日を過ごしていたかを振り返ってみると、残しておくものが見えてきます。人それぞれ残しておいた方が良いものは異なります。故人を思い出しながら何を残せば良いのかじっくりと考えてみましょう。

残しておいたほうがいいもの

写真

遺品整理では残しておいた方が良いとされるものもあります。代表的なものが写真です。写真に収められている瞬間は、その時にしか撮れないものです。故人の写真を撮ることはもうできませんし、過去は戻ってきません。アルバムや写真はぜひ残しておきましょう。

故人の字を思い出せるもの

また、故人の字が残っているものも残しておきたいです。故人が字を書いている姿を見ることはもうできませんし、字を見ることで故人のことを思い出すこともできます。

信頼できる遺品整理業者を探す

遺品整理をじっくりする時間がない、という方もいると思います。できるなら業者に頼みたいけど、ポンポン捨てられたら怖いですよね。こういう場合は、なんといっても信頼できる業者さんに頼むことが大切です。「みんなの遺品整理」では遺品整理士認定協会からの認定を受けた優良業者のみを掲載しているので、安心して任せられる業者が見つかることでしょう。

みんなの遺品整理」は、『安心な業者を、カンタンに比較できて、お得に利用できるサービス』です。

「みんなの遺品整理」の特長

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。 

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がいきなり業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれる遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

思い出と向き合って判断してみて

遺品整理はいざ始めてみると大変です。しかし、故人のことを思い出させてくれる遺品は慎重に仕分けをしたいものです。特に故人が大切にしていたもの、着ていた服、写真やアルバムはずっと保管しておきたいですよね。

残しておいた方がよいものは人によって異なりますが、上に挙げたようなものをチェックしておくと納得のいく遺品整理ができることでしょう。