本記事では、片付け業者の基本知識をはじめ、片付け業者の種類やメリット、費用相場、費用を安く抑えるポイントなどを解説しています。

「オタク部屋、汚部屋だけど依頼できるのか」

「女性でも安心して利用できるか」

「遺品整理に困っている」など悩まれている方は、ぜひご一読ください。

片付け業者について理解を深めることで、自分のニーズに合った方法を見つけることができるでしょう。

片付け業者の基本知識からメリットまで完全解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国807社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

 片付け業者の基本知識 

そもそも片付け業者とはどういうものか、まずは基本知識を押さえておきしましょう。

 

片付け業者とは?

片付け業者とは、お部屋やおうちの持ち主に代わって片付けや掃除をしてくれる業者を指します。

仕事や家事育児などで忙しく、なかなか自分一人では片付けられない、掃除するのに時間が掛かる、といった場合に利用すると便利なサービスです。

片付け業者には、簡単な片付けから、オタク部屋や汚部屋、遺品整理まで幅広く対応してくれるところもあり、片付け業者の種類ごとに得意な分野が異なります

 

片付け業者の種類

では、片付け業者にはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

 

ゴミ屋敷清掃業者

ゴミ屋敷清掃業者とは、ゴミであふれかえったゴミ屋敷の片付けと掃除を行ってくれる業者のことです。

片付けや掃除のほか、業者によっては不要品の回収や原状回復など、お部屋をきれいな状態にしてくれるサービスもあります。

掃除を行う体力がない高齢者や、忙しくて片付けや掃除まで手が回らない人、事務所や店舗の移転・店じまい、遺品整理など、さまざまなシーンで利用できます。

 

不用品回収業者

不要品回収業者は、不用品をリユース、リサイクルできるものとして回収してくれる業者のことです。

中古品の売買に必要な「古物商許可」や一般家庭から出るゴミを回収できる「一般廃棄物処理業許可」など許可を得ている業者が請け負っています。

不用品回収業者であれば、大型耐火金庫やタイヤなど役所や自治体で回収できないものも、片付けの際にそのまま回収してくれるため便利です。

 

生前整理業者

生前整理業者は、高齢者向けの片付け業者です。老人ホームや介護施設への入居、子どもたちとの同居など、

全ての家財をそのまま持って行けないときの片付け業者として利用されています。

また、「引っ越しはしないが生きている間に断捨離を行いたい」という方も利用しているサービスでもあります。

一方、似たイメージのある福祉整理業者は、死を意識していない本人がより良い環境で暮らすために利用する業者のことです。

 

遺品整理業者

遺品整理業者は、故人のお部屋を片付けてくれる業者のことです。

片付ける前に遺族からヒアリングを行い、故人の思い出の品をはじめ、遺言書などの貴重品を探して仕分けてくれます。

さらに、遺族では捨てにくい故人の写真や思い出の品は、供養を行った上で回収してくれるのです。

故人の持ち家を売るための不動産の仲介を行う業者もあり、業者によってサービスが異なります

自分の両親が遠方にいる方や、何度も整理に行く時間がない方などは検討してみてもよいでしょう。

 

特殊清掃業者

特殊清掃業者とは、孤独死や事故死などで、おうちやお部屋の持ち主が亡くなった場合に、原状回復を行う業者のことです。

特殊と呼ばれるように、上記の片付け業者とは異なり、血液や体液などの汚れの清掃も行います。

一般的な市販の薬剤では落ちないにおいや汚れを特殊清掃業者は得意としており、消臭や除菌まで行ってくれます。

さらに、長年空き家にしていたことで、猫などの動物が住み着いたときにも、特殊清掃業者であれば糞尿の撤去や害虫駆除、消臭作業まで行ってくれます。

 

片付け業者に依頼するメリット

ここからは、片付け業者に依頼するメリットをお伝えします。

「自分の部屋を片付けるのに、わざわざ業者に依頼する必要はあるのか?」

「女性だから、ちょっと頼みづらい」など、

片付け業者に依頼しづらい方こそ、実は片付け業者は頼りになるのです。

 

メリット1.不用品を仕分けてくれる

片付けが苦手な方の中には、「まだ使うかも」という考えで不要なものまで溜め込んでしまうケースがあります。

そのため、いざ片付けを自分で行おうとしても、必要なものと不要なものに仕分ける作業でつまずくことがあります。

片付け業者に依頼すれば、客観的に必要なもの、不要なものに仕分けてくれます

 

メリット2.短時間できれいになる

片付け業者は、連絡した当日中に対応してくれるところがほとんどです。

見積もりの金額や作業内容に問題がなければ、最短で当日中に片付けをスタートしてもらえるでしょう。

自分で片付けや掃除をするよりも、プロの手を借りれば短時間できれいにしてもらえます。

片付け業者によっては、ボロボロになった壁紙や畳なども修復対応が可能なため、

原状回復が必要な賃貸物件に住んでいる方も検討する価値があります。

 

メリット3.重いものを運んでもらえる

戸建てはもちろん、マンションやアパートから冷蔵庫や大型テレビなど、重たいものを運ぶのはかなり大変です。

重いものを運ぶ際に、目測を誤って家具・家電をぶつけてしまったり、腰を痛めたりといった可能性も少なくありません。

片付け業者であれば、研修を受けた複数名のスタッフが適切に運んでくれるため安心です。

また、不要なものは、当日中に処分までしてもらえるため便利です。

 

メリット4.染みついたにおいを消せる場合もある

ゴミが溜まり、汚れてしまったお部屋には、腐敗が進んだゴミが散乱していることもあります。

自分で片付けることができても、染みついたにおいまで消すのは個人では難しいもの。

片付け業者によっては、ゴミの腐敗臭やペットのにおい、たばこのヤニのにおいなど、さまざまなにおいを強力な消臭剤で取り除いてくれるところもあります。

 

メリット5.状態のよい不用品を買い取ってもらえる

片付け業者によっては、冷蔵庫や洗濯機、ソファ、テレビ、エアコンなど、状態の良い不要品を買い取ってもらえることがあります

片付けに掛かった費用から買い取り金額を差し引いてくれるため、費用を安く抑えられることも。

せっかく買ったのに捨てるのがもったいなくて捨てられない方でも、買い取ってもらえるのであれば罪悪感が少なく済むでしょう。

 

メリット6.周囲の人にバレない

周囲の人にバレたくないという方こそ、片付け業者を利用しない手はありません。

何カ月にもわたって自分で何度も大量のゴミを運ぶより、最短1日でスピーディに片付けられる業者に依頼したほうが人目につきにくく、安心です。

片付け業者によっては、女性スタッフが在籍しているところもあります

お部屋の持ち主が女性の場合、女性スタッフが片付けてくれるのであれば抵抗も少ないはず。

オタクグッズを多く所有していても、プロの手で迅速に的確に作業してくれるため、周囲の人にバレる可能性は低いでしょう。

 

片付け業者ができること

片付け業者に依頼するメリットをお伝えしましたが、今一度、片付け業者ができることを再確認していきましょう。

片付け業者ができることをチェックしながら、「ここは自分でできそう」「この部分は難しいから業者に依頼しよう」と当たりをつけてみてくださいね。

 

ゴミの処理

片付け業者は掃除のプロのため、個人では処理しきれないゴミも処理してくれます

例えば、腐敗が進んだゴミや大型家電、分別がよく分からない不要品なども、

許可を受けた片付け業者が適切に処理してくれるため、ゴミの処理方法に頭を悩ませることはありません。

 

不用品の買い取り

洋服やおもちゃなど自分で運べるサイズの不要品であれば、リサイクルショップを利用してもよいかもしれません。

しかし、タンスや食器棚、ソファなど大型の家具・家電となると途方に暮れる方もいるでしょう。

片付け業者によっては、片付けながらその場で不要品の買い取りを行ってくれるため、リサイクルショップへ自分で持って行く手間が省けます。

状態が良く買い取りできる不要品が多ければ、片付け業者に掛かった費用から値引きできることもあるのです。

 

においの消臭

自分で片付けたり、掃除したりできても、においまでは完全に取り除けない場合があります。

そうしたときにも、片付け業者であれば、ゴミの腐敗臭から血液、体液まで、丁寧ににおいを取り除いてくれることがあります。

ひどいにおいに悩まれている方は、その部分だけでも片付け業者に依頼するのがよいかもしれません。

 

原状回復

原状回復とは、退去時に入居する前の状態まできれいにすることです。

通常の使用範囲による経年劣化などは請求されませんが、故意の汚れやキズなどは退去時に費用を請求される可能性があります。

例えば、ゴミの腐敗臭が染みこんだ床やボロボロになった壁紙など、個人で修復するのが難しいケースがあります。

個人では難しい原状回復も、片付け業者によっては対応可能です。

 

こんな方に片付け業者はおすすめ

以下のようなケースの場合は、片付け業者に依頼するのがおすすめです。

 

一人では手に負えないゴミの量

ゴミを何年にもわたって溜め込むと、いざ片付けようとしても一人では困難な場合があります。

だからといって、そのまま放置しておくと害虫や害獣の住みかになってしまうことも少なくありません。一人では手に負えないからこそ、プロの手を借りましょう。

 

片付けが苦手な女性

女性は片付けや掃除が得意なイメージがありますが、そんなことはありません。

女性でも住んでいるうちに、お部屋が汚れてしまうのはよくあることです。

忙しくて掃除まで手が回らない、そもそも片付けが苦手、という女性にも片付け業者はおすすめです。

 

近所から苦情がくるほど悪臭を放つ汚部屋

お部屋やおうち全体にゴミが溜まり、腐敗臭が強くなると、近所に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

今すぐに片付けてにおいを少なくしたい、近所からの苦情が気になるという方は、ぜひ片付け業者を検討しましょう。

 

両親の住む実家のゴミ屋敷を片付けたい

久しぶりに帰省した実家がゴミ屋敷になっていた、両親が高齢となり片付けられるか心配という方は、実は少なくありません。

自分の生活もあるため、実家の片付けや掃除まで手が回らないときは、ぜひ片付け業者に相談してみましょう。

特に両親が遠方に住んでいる場合、往復費用や手間を考えると、片付け業者に依頼したほうがコストを抑えられることもあります。

 

孤独死や遺品整理などによる片付け

一人暮らしをしていた方が孤独死したことで、ゴミ屋敷が放置されているケースも珍しくありません。

その場合は、特殊清掃を行う片付け業者を検討しましょう。

また、遺品整理を個人でする場合、慣れていないことであるため、処分してはいけないものを処分してしまったなど失敗する可能性もあります。

財産相続など法的な部分も出てくるため、親族間でのトラブルを防ぐ意味でもプロの業者に依頼するのが理想的です。

 

※遺品整理・生前整理・特殊清掃・空き家片付け・ごみ屋敷片付け業者を全国から探す

 

片付け業者に依頼したときの費用相場

片付け業者に依頼したときの費用相場は、お部屋の広さや荷物の量によって変わります

以下に、一般的な間取りと費用の目安をまとめています。

                                          

間取り

費用の目安

1K~1R

78,000~280,400円

1DK~3LDK

135,000~482,000円

4DK~

245,000~690,000円

ゴミ屋敷

見積もりが必要

 

実例として以下のような内容の場合、掛かる費用は7万円弱です。

・作業スタッフ:3人

・作業衣時間:4時間

・作業内容:

※洋服の取りまとめ、ゴミの撤去、簡単な清掃は片付け業者に依頼し、ゴミの処分は依頼人が行う場合

 

片付け業者を依頼する前にやるべきこと

片付け業者に依頼する前に自分でできることをしておくと、さらに料金を抑えられるでしょう。

 

自分でできる範囲はやる

少し手間ではありますが、自分でできる範囲の簡単な片付けはしておきましょう。

ある程度、ゴミの分別だけは終わらせておいて、片付け業者にゴミ回収と買い取りだけを依頼するのも一つの手です。

 

家具や家電をきれいにしておく

片付け業者に買い取りを依頼する予定であれば、買い取り対象となりそうな家具・家電はきれいな状態にしておきましょう。

また、少しでも高額で売れるようにするため、取扱説明書やケーブルなど付属品をそろえておくのもおすすめです。

 

複数の片付け業者に見積もりを依頼する

片付け業者によって料金体系は異なります。

実際に依頼する前に、さまざまな片付け業者から見積もりを取ることと、どこまで作業を行ってくれるかなどを確認するのがおすすめです。

見積もりだけなら無料で行ってくれるところが多くあるため、負担のない範囲で数社から見積もりをもらうと比較検討しやすいでしょう。

 

片付け業者を安い費用で使うときの注意点

片付け業者への依頼を、なるべく安い費用で抑えたい場合、以下の点に注意しましょう。

必要なサービスがないことで安い場合もあるため、見積もりの段階でチェックする必要があります。

 

1.依頼する片付け業者は許可業者かどうか

片付け業者の中には、無許可で廃棄物回収を行う違法業者も存在します。

無許可業者の場合、回収した不要品を不法投棄されたり、作業後に高額な請求をされたりといったトラブルになることもあります。

依頼したいと考えている業者が、市区町村公認の許可業者であるかどうか、事前に調べておくとよいでしょう。

 

2.遺品整理士など資格を持つスタッフが在籍しているか

不要品の中には貴重品が含まれていることも多く、必要なものと不要なものを仕分けるのは一苦労です

片付け業者に遺品整理士などの資格を持つスタッフが在籍していると、適切に仕分けをしてくれるため安心して依頼ができます。

 

3.トラブル回避のため、見積書は書面でもらう

見積もりは口頭ではなく、書面でもらうと安心です。

口頭だと、後に「伝えられていた金額と違う」といったトラブルに発展する可能性があります。

また、複数社からの見積もりを比較検討する際にも、書面で明記されていると比べやすいでしょう。

 

4.追加料金が発生しないか事前に確認

片付けの作業当日になって、急に追加料金が発生するといった可能性も少なからずあります。

例えば、片付けと清掃は別ものとして取り扱う片付け業者の場合、当日現場でクリーニングを依頼したら料金が割高になったというケースもあります。

見積書にハウスクリーニング代が含まれているか、追加料金が発生しないかどうかは、事前に確認しておきましょう。

 

5.適切な業者か、自治体に確認する

適切な片付け業者であれば「古物商許可」や「一般廃棄物収集運搬業の許可」などを自治体から受けています。

見積もりを依頼しても問題ない片付け業者かどうか不安なときは、自治体に確認すると安心して利用できます。

 

まとめ

片付け業者の基本知識から、片付け業者の種類やメリット、注意点などについて紹介しました。

ゴミが溜まったお部屋の片付けやおうち全体の遺品整理などを一人で行うのは、体力的にも精神的にも大変です。

不要なトラブルや失敗を防ぐためにも、困ったときはプロの手を借りるなど自分のニーズにあった最適な方法を取るとよいでしょう。

適切な片付け業者を選ぶポイントや、業者依頼時の交渉などに本記事を役立てていただければ幸いです。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。