あまり関わって来なかった親戚の家の大家さんから突然、「孤独死していることが分かったので早く処理をして欲しい」と連絡が来る。一人暮らしをされている高齢の方の単身世帯が急増している今、このようなことは決して珍しいことではありません。この記事では、もしあなたがこのような場面に遭遇した場合どうすればいいのかをまとめてみました。

孤独死掃除の料金相場と手続きまとめ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国644社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

孤独死の掃除って自分でできるの?

孤独死現場の掃除は、家に残された遺品の整理や、ゴミ屋敷の片付けとは異なります。特に遺体の死後数日間が経過している場合、遺体が腐敗している可能性があったり、また一見きれいなように見えても、体液や臭いが家の基礎の部分まで染み込んでいる可能性があったりします。

それらを処理するためには、特殊な清掃道具が必要となるため、自力での掃除は難しいでしょう。

孤独死現場の掃除費用の目安はいくらくらい?

実際に孤独死現場の掃除を業者に依頼した場合、どれほどの予算がかかるのでしょうか。

孤独死現場の料金相場

サービス内容 作業費用
床上の特殊清掃 30,000円~
浴室清掃 30,000円~
消臭剤・除菌剤の散布 10,000円~
汚れた畳の撤去 1枚:3,000円~
オゾン脱臭 1日:30,000円~
作業員の人件費 20,000円~

※特殊清掃の費用は、清掃を実施する部屋の間取りや広さによって異なります。

※長く遺体が放置された場合など、リフォームやオゾン脱臭が必要になった場合、料金が高くなることがあります。

孤独死の清掃に要する詳しい料金相場はこちら

孤独死の掃除の作業事例

孤独死現場などの清掃を行う特殊清掃は、作業現場の状況や、亡くなられてからの経過時間によって作業内容・料金が変動します。作業日数・時間の例をご紹介します。

また多くの例で、特殊清掃ではそこに住まわれていた故人の遺品整理も伴います。以下の料金には、その料金を含んでいることがあります。

マンション7階・死後1週間で発見された現場の場合

ご集金総額 金額
作業人件費 40,000円(2名)
オゾン脱臭作業(3日間) 50,000円
消毒剤の散布(複合型二酸化塩素) 10,000円(1式)
特殊清掃(床下) 30,000円
床解体(廃材処理含む) 15,000円(1式)
床下防臭剤下地塗布 10,000円(1式)
特殊清掃代小計 155,000円
現状回復工事(一式) 578,000円
小計 733,000円
消費税(8%) 58,640円
ご集金総額 791,640円

この事例は、階下のお住まいまで汚染が広がっていた状態で、どちらも合わせて原状復帰された事例の費用総額です。亡くなってから早期発見された場合や、フローリングに体液がしみこんでおらず、現状回復工事が不要になると料金が抑えられます。そのため孤独死を発見したら早めに業者に依頼することをおすすめします。

このように、その部屋だけでなく家の基礎や近隣のお住まいにまで汚染が広がっている可能性があります。

死後2ヶ月で発見された現場の場合
 

内容 金額
遺品整理(ルームクリーニング代込) 110,000円
特殊清掃(消毒作業込) 20,000円
オゾン脱臭作業(3日間) 50,000円
原状回復工事(一式) 255,200円
小計 435,200円
消費税(8%) 34,816円
ご集金総額 470,000円

この事例では、カーペットや壁紙・エアコンなどをすべて撤去した後、カーペットをクッションフロアに張替えする工事なども行っています。

事例を詳しく知りたい場合

ほかにも、特殊清掃を行っている事例・業者はたくさんあります。実際の現場の写真や状況などを詳しく載せたページをご覧になりたい方は、下記のページをご参照ください。

特捜最前線(全国対応)の作業事例

特殊清掃マインドカンパニー(関東対応)の作業事例

身内や関係者が孤独死された場合の手続き

もし自分が、「親戚や関係者が孤独死してしまう」という状況に遭遇した場合、どういった手続きが必要なのでしょうか。絶対に必要となる手続きをまとめてみました。

手続き①:警察・救急への連絡

その場で、もし生死の判断がつかない場合、救急(119)に連絡する必要があります。病院にて診断され、死亡が確認された場合はそこで警察に連絡が行くようになっています。

これは、事件性がなく、自然死だったとしても、最初は異状死として取り扱われるためです。警察が現場検証をするまでは、現状維持するようにしましょう。また、現場検証が終わるまでは、家族でも現場には立ち入れません。

もし死亡の判断が付く場合、警察(110)に連絡します。警察が家宅捜索を行い、事件性がないかどうか判断されます。このとき、現金や通帳など、金品に関わる貴重品は警察に預かられます。

警察から、血縁関係の近い親戚に連絡が行きます。また事件性がないことが確認された場合「死体検案書」とご遺体が引き渡されます。同時に現金や通帳、遺品などの品も引き渡されます。

手続き②:死亡書の提出・葬儀の準備

警察への手続きに並行して、葬儀社を探しておくとよいでしょう。警察から「死体検案書」を受け取ったら、何部かコピーしておくと安心です。

ご遺体は警察によって検死が行われ、解剖された遺体は自治体・葬儀社の霊安室へ運ばれます。それらの費用は多くの場合、自治体が負担してくれます。

孤独死の場合、遺体の損傷がひどく搬送が難しいため、その地区で火葬されるというのが一般的です。

火葬の費用ですが、住民票のある自治体では、無料または低価格でできることが多いです。その際、死亡届の提出が必要です。死亡届は死後7日間に提出しなければならないため、早めに手続きしましょう。

手続き③:世帯主・名義の変更と解約

生前に個人名義で契約していたものは、名義変更・解約する必要があります。

  • 住民業:世帯主を変更する必要があります。14日以内に自治体へ届け出ましょう。
  • 公共料金:電気・ガス・水道・電話など、契約している会社に名義変更・または解約を届け出る必要があります。
  • 年金・保険など:契約状況を調べ、各事業者へ連絡する必要があります。

他にも、クレジットカードやインターネットサービスのアカウント、携帯電話回線なども、契約解除する必要があります。

預貯金・不動産・株式などの財産は、死亡の直後から相続人間での共有財産となり、名義変更などの手続きは相続が確定してからでなければなりません。まずは相続人間で話し合い、相続を確定させましょう。

孤独死の清掃作業は特殊清掃士に依頼!

孤独死現場の特殊清掃を業者に依頼する場合、たくさんある業者の中から、どのように業者を探せばよいのでしょうか。以下に、業者の探し方をまとめます。

実績があり事件現場特殊清掃士がいる業者を

特殊清掃は、特殊な技術・器具などを用いて行う専門的な作業です。熟練した技術を持つ業者でないと、異臭が取れないケースなどが起こりえます。

また悪質な業者もおり、しっかりと処置をしなかったために別業者へ再度依頼しなければならず、二重払いになってしまうケースなどもあります。

遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

 

親戚・関係者の孤独死に直面したら

高齢者の単身世帯が増えている今、孤独死現場も必然と増えていっています。そういった状況に直面しても決して慌てることなく、落ち着いて適切な手続きができるようにしましょう。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。