遺品整理業者は、活動する上でいくつかの資格や許可を持っている必要があります。無資格の業者に依頼すると、取り返しの付かないことになるケースもあるのです。ここでは、遺品整理業者が取得すべき資格や取るべき許可について解説します。

遺品整理業者が取得すべき資格を解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国331社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

遺品整理士とは

遺品整理士は、一般社団法人・遺品整理士認定協会の認定資格です。法令に沿った廃棄物処理方法や、遺品の取り扱いや遺品整理に関係する法律について講義を受け、合格した人だけが取得できます。遺品整理業者にとって必須ではありませんが、持っていると信頼性が大きくアップします。

遺品整理は最近注目され始めた仕事であり、経験豊富な業者が多いとはいえません。悪質な業者を排除し、安心して遺品整理を依頼できるように、プロフェッショナルを育成を通して業界を健全化しているのです。現在は取得者数が20,000人を超え、毎年3000人以上が資格を取得しています。合格率は65%程度で、2年毎に更新が必要です。

一般廃棄物収集運搬許可証とは

遺品整理業者は、一般の家庭から多くの遺品を引き取ることになります。そのために必要なのが「一般廃棄物収集運搬許可証」です。この資格があれば「家庭系一般廃棄物」、つまり私たちの日常生活の中で出る不用品を回収することができるようになります。

一般廃棄物収集運搬業の許可は、各市町村が出しています。依頼したい業者がこの許可を持っているか確認できない場合は、役所の担当部署に問い合わせてみましょう。

また一般廃棄物の許可を持っていなくても、一般廃棄物の許可を持った業者に廃棄物処理を依頼していれば適切に処分されています。もし一般廃棄物の許可をもっていない場合はどこの処理業者に依頼をしているか念のために確認すると安心です。

産業廃棄物収集運搬許可証とは

一般廃棄物収集運搬許可証と混同しやすいのが「産業廃棄物収集運搬許可証」です。これは文字通り、産業廃棄物を回収できるようになる資格です。産業廃棄物は、事業活動によって生じる金属くず、紙くず、廃油、燃え殻などのことを指します。

つまり、産業廃棄物収集運搬業の許可だけでは、一般家庭から遺品を回収することができません。それにも関わらず、「許可を持っている」として活動している業者は少なからず存在します。依頼をする際には、2つの資格を混同しないようにしましょう。

古物商許可証とは

遺品の中には、骨董や絵画といった価値あるものが含まれていることもあります。これらはただ回収してもらうよりも、売却した方がお得です。遺品整理にあわせて価値ある遺品を買い取り、リサイクル販売している業者も存在します。

業者が中古品の売買を行うには、「古物商許可証」が必要になります。古物商許可証は、各都道府県の公安委員会に申請することで取得できます。遺品整理業者が「買取」の形で遺品を引き取りたいと言ってきた場合は、古物商許可証を持っているか確認してください。

資格や許可証をもっていない業者に注意

遺品整理の需要増加に伴い、必要な資格や許可証を持っていない悪質な業者も増えてきています。無許可の業者は、専門的な研修も受けていないことが多いでしょう。遺品を乱暴に扱う、しっかりと仕分けをしないなど、問題のある仕事をする可能性が高いのです。格安や激安、最安値といった宣伝文句だけで業者を決めないように許可をもっているかどうかを確認しましょう。

また、許可を持っていないということは、引き取った遺品を適切な処理施設に運び込めないということでもあります。不法投棄される可能性も否定できません。もしそうなれば、遺品にとって最も望まれない最後となってしまうでしょう。故人の供養のためにも、遺品整理は正式な許可を持った業者に依頼してください。

遺品整理は、正式な資格を持ち専門的な教育を受けた業者だけができる仕事です。遺品整理がうまくいくかどうかは、業者選びでほぼ決まります。依頼する前に、信頼できる業者かどうかを必ずチェックするようにしましょう。