1人暮らしの割合が増加する現代。もし1人暮らしをしていた方が亡くなった場合、その後の部屋の整理はどうしたらよいのでしょうか?賃貸契約の解除や法的手続き、孤独死の場合は特殊清掃の手配など、不安なことはたくさんありますよね。この記事では遺品整理する際の、賃貸物件ならではの注意すべきポイントをご紹介します。

賃貸物件の遺品整理で注意すべきことは?手続きや契約の確認方法

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国644社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

まずは賃貸借契約書を確認する

賃貸借契約書とは家賃、退去日、解約や違約金について、その他細かくルールが書いてある契約書です。賃貸物件を退去する際は賃貸借契約書を確認する必要があります。

退去日と家賃について確認する

1.退去に関して

住民が亡くなってしまったら賃貸物件を解約する必要があります。また退去日より早く退去する場合は違約金が必要です。

2.家賃に関して

入居から1年経っていない場合などは短期解約違約金が必要になります。家賃の1か月分をプラスして請求されることが多いです。また月の途中で退去する場合は日割り家賃となります。

公営住宅は契約内容に特に注意

1.原状回復

退去時の原状回復義務が記載されている場合が多いです。特に公営住宅の場合は民営住宅と違い、退去時に換気扇や配線、網戸などの撤去を義務付けられていることがあります。

家具や絨毯などすべて搬出し、掃除をして綺麗にしておくことが基本です。すぐには捨てられない、という場合には一度ご家族で遺品を持ち帰るというのも手です。またハウスクリーニングをする場合、貸主と借主どちらが負担するのかを確認する必要もあるでしょう。

2.敷金

特約による敷金のトラブルにも注意が必要です。敷金からハウスクリーニング代が差し引かれて返ってくるケースも多いです。敷金の返還額に関してトラブルとならないよう、確認が必要です。

3.特約

賃貸物件に損傷があった場合、変色や家具の設置跡など生活している中で自然とできたものは貸主の負担となります。

一方、クリーニングでは除去できない汚れ、傷などは借主の負担になります。つまり普通に綺麗に使っていた分には住民側には修繕費用は負担されないのが原則です。しかし、特約で原則以上の負担を入居者に求めている場合もあります。よくあるケースとしては、退去時のクリーニング費用を借主に負担させることが挙げられます。

4.特約が無効となる場合

借主が認識していたという証拠がない場合には無効となるなど、特約が無効となるケースもあります。契約内容を見直したうえで大家さんと話し合い、無効となる場合を事前に確認しておくことが重要です。

遺品整理をする

退去日が迫っている場合には手際よく遺品整理をしなければなりません。迫っていない場合でも、住人のいなくなった部屋の家賃を払い続けるのは経済的負担になるため、なるべく早く部屋を明け渡したいことでしょう。

遺品整理はもちろん遺族でもできますが、退去日が迫っているなど、短時間での作業が必要な場合には業者への依頼がおすすめです。

遺品整理業者に頼むことで、時間的・体力的な負担が減る、サービスの幅が広いため一度の依頼で様々なことができる、といったメリットが得られます。

〈協会認定〉遺品整理業者の検索はこちらから

孤独死の場合は早急に特殊清掃を

近年、高齢化に伴い孤独死をしてしまう人が増えています。特に死後3日以上放置されると腐敗が始まり、床にも影響が出ます。このような場合は、素人では対応できないため業者による特殊清掃が必要です。室内の荷物を全て撤去した後は業者に依頼することをおすすめします。

特殊清掃の料金相場は?

損をしない特殊清掃業者の選び方とは?

また特殊清掃業者は遺品整理も行ってくれることが多いため、一度の依頼でどちらの作業も完了できる点が特徴です。

〈協会認定〉特殊清掃業者の検索はこちらから

安くて評判の良い業者を探す方法

遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

賃貸物件での遺品整理は、持ち家の場合に比べて注意点が多いです。まずは契約書をよく読み、必要ならば特殊清掃も視野に入れて整理に臨みましょう。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。