1人暮らしの割合が増加する現代。もし1人暮らしをしていた方が亡くなった場合、その後の部屋の整理はどうしたらよいのでしょうか?賃貸契約の解除や法的手続き、孤独死の場合は特殊清掃の手配など、不安なことはたくさんありますよね。この記事では遺品整理する際の、賃貸物件ならではの注意すべきポイントをご紹介します。

賃貸物件の遺品整理で注意すべきことは?手続きや契約の確認方法

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

まずは賃貸借契約書を確認する

賃貸借契約書とは家賃、退去日、解約や違約金について、その他細かくルールが書いてある契約書です。賃貸物件を退去する際は賃貸借契約書を確認する必要があります。

退去日と家賃について確認する

1.退去に関して

住民が亡くなってしまったら賃貸物件を解約する必要があります。また退去日より早く退去する場合は違約金が必要です。

2.家賃に関して

入居から1年経っていない場合などは短期解約違約金が必要になります。家賃の1か月分をプラスして請求されることが多いです。また月の途中で退去する場合は日割り家賃となります。

公営住宅は契約内容に特に注意

1.原状回復

退去時の原状回復義務が記載されている場合が多いです。特に公営住宅の場合は民営住宅と違い、退去時に換気扇や配線、網戸などの撤去を義務付けられていることがあります。

家具や絨毯などすべて搬出し、掃除をして綺麗にしておくことが基本です。すぐには捨てられない、という場合には一度ご家族で遺品を持ち帰るというのも手です。またハウスクリーニングをする場合、貸主と借主どちらが負担するのかを確認する必要もあるでしょう。

2.敷金

特約による敷金のトラブルにも注意が必要です。敷金からハウスクリーニング代が差し引かれて返ってくるケースも多いです。敷金の返還額に関してトラブルとならないよう、確認が必要です。

3.特約

賃貸物件に損傷があった場合、変色や家具の設置跡など生活している中で自然とできたものは貸主の負担となります。

一方、クリーニングでは除去できない汚れ、傷などは借主の負担になります。つまり普通に綺麗に使っていた分には住民側には修繕費用は負担されないのが原則です。しかし、特約で原則以上の負担を入居者に求めている場合もあります。よくあるケースとしては、退去時のクリーニング費用を借主に負担させることが挙げられます。

4.特約が無効となる場合

借主が認識していたという証拠がない場合には無効となるなど、特約が無効となるケースもあります。契約内容を見直したうえで大家さんと話し合い、無効となる場合を事前に確認しておくことが重要です。

遺品整理をする

退去日が迫っている場合には手際よく遺品整理をしなければなりません。迫っていない場合でも、住人のいなくなった部屋の家賃を払い続けるのは経済的負担になるため、なるべく早く部屋を明け渡したいことでしょう。

遺品整理はもちろん遺族でもできますが、退去日が迫っているなど、短時間での作業が必要な場合には業者への依頼がおすすめです。

遺品整理業者に頼むことで、時間的・体力的な負担が減る、サービスの幅が広いため一度の依頼で様々なことができる、といったメリットが得られます。

〈協会認定〉遺品整理業者の検索はこちらから

孤独死の場合は早急に特殊清掃を

近年、高齢化に伴い孤独死をしてしまう人が増えています。特に死後3日以上放置されると腐敗が始まり、床にも影響が出ます。このような場合は、素人では対応できないため業者による特殊清掃が必要です。室内の荷物を全て撤去した後は業者に依頼することをおすすめします。

特殊清掃の料金相場は?

損をしない特殊清掃業者の選び方とは?

また特殊清掃業者は遺品整理も行ってくれることが多いため、一度の依頼でどちらの作業も完了できる点が特徴です。

〈協会認定〉特殊清掃業者の検索はこちらから

しっかりした業者はどこで探す?

数ある遺品整理業者の中から、しっかりした業者を選びきるのは難しいことかもしれません。

当サイト「みんなの遺品整理」では、遺品整理士認定協会の認定を受けた優良業者のみを掲載しているので、安心して依頼することのできる業者を見つけることができます。ご希望の条件に沿った業者を下のリンクから探してみてくださいね。

〈協会認定〉遺品整理業者の検索はこちらから

業者選びのご相談も承ります

また、「業者選びから相談したい」「候補の業者が多すぎてどの業者が良いのか分からない」という方のご相談も受け付けております。こちらからお気軽にお問い合わせください。

「みんなの遺品整理」の特長  ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。みんなの遺品整理の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。

終わりに

賃貸物件での遺品整理は、持ち家の場合に比べて注意点が多いです。まずは契約書をよく読み、必要ならば特殊清掃も視野に入れて整理に臨みましょう。