片付かないままの部屋を見て、「この片付けを誰かにお願いできたら楽なのに…」と考えたことはありませんか?時間がない、やる気が起きない、手の施しようがない、といったように自分で片付けることが難しいときは片付け屋(片付け業者)に依頼してみるのも一つです。

ここでは依頼できる内容、料金相場、依頼時のポイントをご紹介します。

片付け屋の料金相場・作業内容は?依頼時のポイントも紹介

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国385社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

「片づけ屋」とは一体?

片付け屋、すなわち片付け業者とは部屋の片付け・掃除を代行してくれる業者のことです。

自分では片付けられない部屋、あるいは片付けることはできるが時間がかかってしまいそうな部屋でも、プロである業者に依頼すれば短時間できれいに片付けることができます。

 

どんなことを頼めるの?

基本的には部屋の一部分の片付けからゴミ屋敷化した部屋の清掃まで、幅広く対応してくれます。

また、業者によって差はありますが、

  • 荷物の選別・仕分け
  • 遺品整理
  • 不用品の買い取り
  • 庭の清掃・手入れ
  • ハウスクリーニング
  • リフォーム
  • 部屋をきれいに保つアドバイス
  • 家財の搬出
  • 引っ越し

を行ってくれる業者も多いです。

このような業者は引っ越し業や不用品買取業を兼ねている場合が多いので、一度の依頼で片付けの悩み・不用品の処分の悩みを全て解決できます。

ただし、依頼するサービスによっては料金が別途かかるので注意しましょう。

全国の業者検索はコチラ

また女性スタッフが在籍している業者もあるので、「恥ずかしくて頼みづらい」という女性の方も安心して依頼できるのもポイントです。

女性スタッフ在籍の業者はコチラ

 

料金相場は?

部屋の広さ、処分品の量、作業時間、人数によって料金は大きく変動します。そのため料金に幅はありますが、以下が目安です。

(※金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。)

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

買取品が多いほど、また高値で買い取ってもらうほど、差し引かれる料金は増えるのでお得です。処分するには忍びないものでも、再利用されたり、誰かの手に渡ったりすることを考えると気持ちも穏やかですよね。高値で買い取ってもらうためにも、買取ってもらえそうなものは前もって整理をし、きれいにしておきましょう。

不用品買取に対応している業者はコチラ

 

失敗しないためのポイント

せっかく依頼したにも関わらず「高額な料金を請求された」「作業がいい加減だった」といったトラブルが起きることも…。そこで業者に依頼する際、失敗しないためのコツをいくつか挙げてみました。

1.見積もりは複数社に

3社が目安です。最初から1社に絞るのではなく複数社の見積もりを比較して、料金、サービス内容を確認しましょう。

また、「みんなの遺品整理」では、一度のお問合せで最大3社まで相見積もりができるので便利です。

「みんなの遺品整理」の特長

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで片付け業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

片付け業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

2.事前に詳細な状況を伝えておく

部屋の広さ、不用品の量、買取品の有無、現場周辺の状況、建物の構造などを事前に伝えておくとスムーズです。

3.できる範囲の片付けは自分でしておく

依頼する片付けの量が多いほど、それだけ料金も時間もかかってしまいます。手の付けやすいところは自分で片付けたり、荷物の仕分け・選別を行ったりしておくことも大切です。

 

思い切って業者に依頼しよう

片付かない部屋を放置しておくと、片付ける気力がだんだんと無くなっていってしまいます。プロに依頼をすることで、片付けをしてもらうだけではなく整理整頓のコツも教えてもらうことができたら一石二鳥ではないでしょうか。