大量の漫画本やフィギュアなど、ものが増えがちなオタク部屋は汚部屋化しやすいため、

「どう片付けたらいいのか分からない…」「オタク部屋がゴミ屋敷のようになって困っている」

などとお悩みの方も少なくないはず。

そこでこの記事では、汚部屋になってしまったオタク部屋を綺麗にするメリットや片付け手順をご紹介します。

また、片付け業者に依頼した場合の費用相場もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

オタク部屋が汚部屋化?片付け業者に依頼した場合の費用相場を解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国807社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

オタク部屋は汚部屋やゴミ屋敷化しやすい?

オタク部屋が、汚部屋やゴミ屋敷化してしまう理由は、漫画やアニメの本、フィギュアなど、好きなものをどんどん集めてコレクションする傾向にあるためです。

中には、オタク活動こと“オタ活“にも精を出すが故に、「好きなもののコレクションの他にオタ活グッズまで増え続けてしまい収納場所がなくて困っている…」

のように、部屋の収納スペースの容量を大幅にオーバーしてしまうケースも。

最終的には、部屋にオタクグッズやオタ活グッズが溢れかえってしまい、どこから片付けていいのか分からなくなり、汚部屋やゴミ屋敷化が進んでしまうのです。

解決策としては、クリアケースなどの収納アイテムを買い足して収納を増やす方法や、押し入れなどのデッドスペースに収納アイテムを設置するなどが考えられます。

しかし、まずは不要なものがないか確認し、どこに何を収納するのか分類する必要があるでしょう。

 

オタク部屋を綺麗にするとメリットだらけ!

汚部屋やゴミ屋敷化してしまったオタク部屋を綺麗に片付けるとどんなメリットがあるのかお伝えしていきます。

 

大切なオタクグッズがすぐ取り出せる

オタク部屋を綺麗に片付けると、どこにどんなオタクグッズがあるのか一目で分かるようになります。

汚部屋やゴミ屋敷化しているオタク部屋は、ものが溢れかえっているため、どこに何があるのか分からず、

必要なときに大切なオタクグッズを見つけ出すことができません。

しかし、整理整頓して部屋を綺麗に片付ければ、必要なオタクグッズが簡単に見つかり、

使いたいときに即取り出すことができるので、オタ活もスムーズに行えるのがメリットです。

 

オタク仲間を招待することもできる

オタク部屋が綺麗に片付いていると、オタク仲間を部屋に招待することもできます。

汚部屋やゴミ屋敷化しているオタク部屋は、ものが多すぎるため座るような場所がなく、仲間を呼ぶことは難しいでしょう。

さらに、近年ではオンラインのオフ会なども盛んに行われていますが、汚部屋の場合オンラインでカメラを映す箇所を確保するのが難しいため、

情報交換や情報共有のチャンスを逃して、オタ活にも支障をきたす可能性もあります。

しかし、オタク部屋が綺麗であれば、仲間を部屋に招待でき、大切なオタクグッズの情報を交換したり、共有したりすることもできるのがメリットです。

 

自然災害などの被害も防げる

もし地震などの自然災害があった場合でも、オタク部屋を綺麗に片付けていれば転倒被害などを防ぐことができます。

オタク部屋が汚部屋やゴミ屋敷化している場合、部屋の高い位置までオタクグッズが山積みになっていたり、

本棚の上の段に重い漫画本やアニメ本などがギッシリ詰め込まれたりしていていると転倒の恐れがあり大変危険です。

その他にも、避難経路になるドアの前にまでオタクグッズが置いてあったり、オタクグッズを収納した棚が倒れてくる方向にベッドを設置したりしている場合なども注意が必要になります。

オタク部屋のドアの前は綺麗に片付け、開きやすいようにし、収納家具は倒れないように固定するアイテムを使用するなどして工夫をすれば、

避難経路も確保できる上に、転倒の被害も防ぐことができるでしょう。

 

汚部屋になったオタク部屋の片付け手順は?

ここからは、実際に汚部屋になったオタク部屋を自分で片付ける場合の手順を確認していきましょう。

 

手順①まずはゴミを捨てる

オタク部屋の中でも、例えば飲み終わったペットボトルのような明らかに「ゴミ」とされるものを排除していくことから始めていきましょう。

特に、足の踏み場もないほどもので埋め尽くされている場合は、

片付ける以前に床にあるものを踏んで転倒してしまう危険性もあるので、まずは床にあるゴミから捨てていきます

床にあるゴミが処分できたら、ものが溜まっている場所にもゴミがないかチェックし、処分しておきましょう。

一度に全てを掃除しようとせず、エリアを決めてひとつずつクリアにして作業をしていく方法でも大丈夫です。

小分けにすることで、その都度達成感を味わいながらモチベーションを保つといいでしょう。

ゴミを集める際には、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなど、種類別でゴミ袋にまとめておけば、ゴミ収集の日に出しやすくなります。

あらかじめ、各ゴミの回収日を調べておいて、回収日前日に集めるゴミを決めて作業して効率を上げることも可能です。

 

手順②必要・不必要なものを分類

オタク部屋のゴミを捨てる作業が終わったら、生活で必要なもの・オタ活で必要なもの・不必要なものなどを分類していきましょう。

そもそも、汚部屋やゴミ屋敷化したのは、部屋の広さを超えてオタクグッズなどのものが増えすぎてしまったことが原因なので、まずはものを減らすことが重要になります。

明らかなゴミを処分したとしても、必要なものと不必要なものが雑多に置かれているため、

分類するための箱や袋などを用意して、必要なものと不必要なもので分けていきましょう。

不必要なものは、手順①と同様に種類別にしてゴミ収集日に出せるようにしておきます。

どうしても捨てられないオタクグッズなど分別を迷うものがある場合は、保留品をまとめて入れる箱や袋も用意しておくといいでしょう。

例えば本や雑誌・服やタオルなど、種類別で簡単に分類しておけば、最後にやっぱり必要ないとなった場合でも処分がスムーズに進みます。

 

手順➂必要なものを片付ける前に掃除

生活で必要なもの・オタ活で必要なもの・不必要なものの分類が終わったら、必要なものを片付ける前に部屋を掃除しましょう。

不必要なものを処分したことでスペースが広がり、今まで見えなかったホコリや髪の毛、細かいゴミなどが落ちているはずです。

部屋を片付けたことで見えてきた箇所を中心に掃除機をかけ、雑巾で拭き掃除もして床を綺麗にしましょう。

水拭きだけでは汚れが落ちないような場合は、中性洗剤も使って拭き掃除をし、さらに乾拭きで仕上げると綺麗になります。

しっかりと掃除をすることで、次の作業も気持ち良くスムーズに進めることができるでしょう。

 

手順④必要なものを収納していく

掃除が終わったら、生活で必要なものとオタ活で必要なものを収納スペースに片付けていきましょう。

収納する際は、使用頻度の低いものから押し入れ・クローゼット・タンスなど、すぐに取り出しにくい場所へ収納していきます

収納スペースにいっぱいものを詰めるのではなく、ある程度の余裕を作るのがポイントです。

オタクグッズを収納する際は、中身が見えるクリアケースなどを利用して、どこに何が入っているのか把握できるようにしましょう。

アニメ別に分けるなどしてジャンル分けしておくと分かりやすいです。また、フィギュアなどの場合はあえて見せる収納にして飾ってもいいでしょう。

 

片付け業者を利用するのもひとつの方法!

掃除や整理整頓が苦手、忙しくて自分で片付ける時間がないなど、どうしても自分で片付けるのが難しい場合は、片付け業者に依頼してみてもいいでしょう。

ここからは、片付け業者の種類を紹介します。

 

片付け業者にもさまざまな種類がある

分別や買取に、不用品の回収や清掃など、一口に片付け業者と言っても、種類もさまざま。

ここでは、それぞれの片付け業者の種類と内容の違いを解説していきます。

 

ゴミ屋敷片付け業者

生活できないほどのゴミ屋敷状態になった部屋のゴミの分別と回収をした後、その部屋の清掃まで対応しているのがゴミ屋敷片付け業者です。

足の踏み場がない部屋・高くものが積まれた部屋・ゴミが悪臭を放っている部屋・ゴミが多すぎて部屋から運びだせないなど、

素人には難易度の高い清掃でも対応してくれます。

また、貴重品と不用品の仕分けや、金品の捜索なども、ゴミ屋敷片付け業者の仕事です。

 

不用品回収業者

不用になったものを回収し、処分するのが不用品回収業者です。

回収対象になる不用品は、生活用品だけでなく、家電製品や家具なども含まれます。

作業対象となるのが不用品なので、大量に不用品が出て処分したい場合に適しているでしょう。

 

ハウスクリーニング業者

専門の知識を持った従業員が、業者専用の洗浄機材や洗剤を使って、自宅内を清掃するのがハウスクリーニング業者です。

散らかった部屋の清掃だけでなく、エアコンのフィルターの掃除や浴室のカビ取りなど、普段なかなか取り掛かれない部分の清掃をしてくれる他にも、

壁紙の汚れ落としや傷消しなど、通常清掃の延長線上にある細かな清掃作業に対応しています。

 

遺品整理業者

亡くなった方の部屋にある遺品を整理するのが遺品整理業者です。

遺品整理士の資格を取得したスタッフがひとつひとつ丁寧に仕分けをして整理していくのが特徴。

残したいものと処分したいものを分別する仕分け作業だけでなく、貴重品の捜索や思い出の遺品の供養・お焚き上げなどにも対応しています。

また、片付け後のハウスクリーニングや遺品の買取を行う遺品整理業者もあり、幅広いサービスを提供しています。

 

生前整理業者

老後に備えて、依頼人がまだ元気なうちに身の回りの整理をしてくれるのが生前整理業者です。

生前整理には、財産や土地など相続に関わるものだけでなく、生活用品や思い出の品などの整理も含まれています。

自身が亡くなった後に残された人達が困らないように、エンディングノートを作成する作業も生前整理のひとつです。

また、生前整理をお手伝いする、生前整理アドバイザーという民間資格もあります。

 

片付け業者に依頼した場合の相場費用は?

実際に片付け業者に依頼をする場合は、どの位の費用がかかるのでしょうか?

ここでは、各片付け業者の相場費用と最適な片付け業者を探す方法を紹介します。

 

各片付け業者の相場費用を確認!

オタク部屋を想定して、1R・1Kの部屋を片付ける場合の相場費用を一覧で確認していきましょう。

 

<1R・1Kの部屋を片付ける場合の各業者費用相場>

片付け業者の種類

相場費用

ゴミ屋敷片付け業者

約30,000~80,000円

不用品回収業者

約30,000~50,000円

ハウスクリーニング業者

約18,000~60,000円

遺品整理業者

約30,000~80,000円

生前整理業者

約30,000~80,000円

※上記金額は、作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費なども含めた概算の費用です。

 

ここでは部屋の広さで相場費用をまとめていますが、実際の片付け費用は、ゴミの量や作業時間によって料金は変動するものです。

依頼する際には、必ず見積りの作成をすることをおすすめします。

 

費用を抑えたい場合は、自分でできる範囲の片付けはあらかじめ行っておくといいでしょう。

もしも片付けるものの中で、高く売れそうなものがあるようなら、買取に出してしまうのもひとつの方法。

例えば、貴金属や使える家電などは買取してもらえる可能性が高いです。

 

買取の方法は、買取業者でもいいですし、最近ではフリマアプリやネットオークションを活用する方法もあります。

買い取ってもらえた場合は、片付け費用に充てることができるのでおすすめです。

 

最適な片付け業者を探す方法

実際に片付け業者を探す際には、しっかりとした安心できる業者に依頼することが大切です。

最近では、片付け業者が増えたことによって、不法投棄や高額請求などのトラブルを起こす悪徳業者も増え、社会問題化しています。

特に無料と記載されている片付け業者は要注意。

見積りのみが無料の場合や、回収は無料だが処分費用がかかる場合など、完全に無料ではないケースが多いです。

そのため、依頼する前には、きちんと料金設定を提示している片付け業者なのか確認することが大切。

 

また、見積りをしないと料金がかさむ場合もあるので、複数社へ一括に見積りをお願いし、安くて良い業者を探すのがおすすめの方法です。

3社程度を目安に相見積りを取れば、大まかな相場価格が分かります。

相場価格を知っておけば、高額請求をしている悪徳業者かどうかを見極めることができるでしょう。

 

※遺品整理・生前整理・特殊清掃・空き家片付け・ごみ屋敷片付け業者を全国から探す

 

 

まとめ

オタク部屋が、汚部屋やゴミ屋敷化してしまった場合は、今回紹介した片付け手順を参考に自分で片付けることも可能です。

また、片付けが苦手な場合やものが溢れかえっていて何から手をつけたらいいのか分からないような場合は、専門の片付け業者を利用するのもひとつの方法。

 

「みんなの遺品整理」では、見積り依頼や相談は無料になっており、即日対応希望で急いでいる場合など、通話無料の相談窓口も開設されているので便利です。

片付け業者探しには、全国から目的に応じた業者を探せるみんなの遺品整理を活用してみてください。

 

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。