2020年11月から新型コロナウイルス第三波が始まり、感染者数が右肩上がりに増え続けています。そんな中、自宅やオフィスの消毒作業に対応する業者のうち技術や実績のない業者が増えています。

今回の記事では、感染者が発生してしまったときに依頼できる、優良な業者の選び方をご紹介します。

新型コロナウイルス第三波に対応する消毒業者の選び方

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国672社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

新型コロナウイルスの消毒を依頼できる業者とは

自宅やオフィスで感染者が出てしまった場合に、消毒を行う必要があります。

消毒を依頼できる業者にはいくつか種類がありますが、ここでは2つの業者について紹介します。

消毒業者の種類

清掃・消毒除菌業者 ハウスクリーニングや掃除代行、消臭脱臭も行いつつ、消毒と除菌のサービスも受け付けている業者
特殊清掃業者 特殊清掃とは、孤独死した方などの遺体が発見された場所の清掃を特殊な器具や洗剤で清掃すること。そのため、強力な器具で消毒・除菌ができる  

消毒を業者に依頼するメリット

特に自宅など、消毒する範囲が小規模の場合は、自身で消毒除菌を行うことが可能です。ここでは、業者に消毒を依頼するメリットをご紹介します。

・薬剤の扱いになれているため安全に消毒できる

・消毒の知識があるため、消毒する側のリスクも減らし確実に消毒ができる

・特殊な器具を使うため、効果的な除菌消毒ができる

・特に飲食業、旅館ホテル、介護施設、商業施設の場合は業者に依頼することでお客様からの信頼につながる

このように、しっかりした優良な業者に依頼をすれば、安全で確実に広範囲の消毒を行うことができます。

消毒業者の作業内容

業者に消毒を依頼すると、具体的にはどのような作業を行ってもらえるのでしょうか。

以下では、自宅とオフィスでの業者の主な消毒作業の内容と使用する薬剤について紹介していきます。

【自宅】消毒作業の内容

部屋に薬剤を噴霧

・天井や空間へオゾン発生機による燻蒸

・床や壁など手で触れる部分を薬剤で拭き上げ

・部屋にあるものすべてを薬剤で拭き上げ

自宅の場合、床や壁も含め、部屋中を消毒・除菌していきます。

オゾン発生機や薬剤の噴霧器で部屋中を消毒・除菌しつつ、部屋にあるすべてのものを丁寧に薬剤で拭き上げしていきます。

【オフィス】主な作業の内容

オフィスの消毒除菌も自宅の内容と基本的には同じです。感染者の行動範囲から、消毒・除菌が必要な箇所すべてに除菌剤を塗布して拭き上げをします。

ビルなどの場合は、ビル内のエレベーターや通勤の通路などの共有部分の消毒も必要です。また、オゾン発生機を使って空間の除菌を行います。

・手すり、ドアノブや取っ手類の除菌剤での拭き上げ

・デスクやテーブルの除菌剤での拭き上げ

・トイレの除菌剤塗布後洗い流し

・オフィス機器の除菌剤での拭き上げ

・窓ガラスやブラインド、壁の除菌剤での拭き上げ

・床やカーペットへの除菌剤の塗布・拭き上げ(カーペットは洗浄)

・エレベーターやオフィスへの通路への除菌剤塗布・拭き上げ

・天井や空間へオゾン発生機による燻蒸

業者の使用する主な薬剤

作業の中で薬剤の噴霧や拭きあげといった作業がありますが、どのような薬剤や機材が使用されているのでしょうか。業者が使用する主な薬剤を見ていきましょう。

・消毒用アルコール

家のモノだけでなく、手指の消毒にも使用できます。厚生労働省も新型コロナウイルスの除菌消毒用の薬剤としてその効果を認めています。

・次亜塩素酸水、次亜塩素ナトリウム水溶液

こちらも厚生労働省が新型コロナウイルスの除菌消毒用の薬剤として認定しています。一方、酸化や変色作用が激しく、吸うと人体にも影響があるため扱いに注意が必要です。

・加速化過酸化水素

CDC( 疾病対策予防センター)とWHOが除菌消毒の効果を認めた薬剤です。

・オゾン燻蒸による空間除菌

オゾン脱臭機という特殊な器具を使用して、部屋にオゾンを拡散することで、強力な空間の除菌を行うことができます。

・光触媒コーティング、無光触媒コーティング

持続性と安全性のある抗菌剤を使用して部屋をコーティングします。年単位で効果を維持することのできるものが多いです。

新型コロナウイルス消毒の悪徳業者にご注意!

新型コロナウイルスの感染者の増加に伴って、消毒を行う業者も増えています。

一方で、格安や最安値でサービスを提供すると謳いつつ、効果のある消毒作業ができない悪徳業者も増えています。

値段を重視して悪徳業者に依頼してしまうと、例えば消毒作業に対する知識がないため、逆にウイルスを広げてしまい被害が拡大するといったようなケースもあります。

そのような事にならないように、優良な業者に依頼するようにしましょう。以下では優良な業者を選ぶときのポイントをご紹介します。

優良な業者を探すポイント

優良な業者を探すポイントは以下の3つです。

1.資格を保持しているか確認する

2.除菌作業の詳しい内容を確認する

3.相見積もりを取る

1.資格を保持しているか確認する

「事件現場特殊清掃士」などの資格を保持していることが一つの基準になります。

作業に必須な資格では有りませんが、資格を保持していることで一定の知識があることの証明になります。

2.除菌作業の詳しい内容や専門機材の有無を確認する

ホームページに除菌作業の内容が詳しく記載されているかどうかや、電話で作業について説明してくれるかどうかを確認しましょう。

どのような薬剤・機材を使って作業を行うのか、説明が曖昧な場合は悪徳業者の場合があります。

3.相見積もりを取る

消毒除菌の費用を安くしつつ、優良業者に依頼するコツは、複数の業者に相見積もりを取ることです。

見積もりを依頼する際は、相見積もりをしていることを業者に告げましょう。そうすることで不正に料金を上乗せされないだけでなく、同じ質でも安くしてくれることもあります。

見積もり時の説明に納得感があること、スタッフの態度が丁寧かなども良い業者選びのポイントです。

優良な特殊清掃業者をお探しの方へ

しかし、業者を探して見積もりを何件も予約するのはとても大変な作業でしょう。

新型コロナウイルスの感染者が発生した場合など、除菌消毒を急いで行いたい場合はなおさらです。

「みんなの遺品整理」では新型コロナウイルスの除菌に対応することのできる優良業者から3社まで相見積もりをとることができます。

お住まいの地域の特殊清掃業者を探してみましょう

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

  • 業界最安値級 (1K:15,000円~)
  • 複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる
  • 見積もり無料・追加料金一切なし
  • 高価買取とリサイクルでさらにお値引き
  • 全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

2、安心して利用できる仕組みを実現

  • 個人情報がいきなり業者に公開されない
  • 専門アドバイザーに無料相談可
  • 上場企業基準の厳しい加盟審査
  • 遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介
  • 作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

  • 1度の問い合わせで3社に一括見積もり
  • 業者に何度も説明する手間を省きます
  • キャンセルや日程調整も代理対応
  • 忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可
  • 即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。