親族が亡くなったとき、遺族だけで遺品整理をするのはなかなか大変な作業です。とりわけ故人が一軒家など広い住居に住んでいた場合には、遺品の量もかなり多くなり遺品整理は困難を極めることが予想されます。

この記事では、一軒家の遺品整理を依頼できる遺品整理業者の選び方や費用を安く抑えるポイント、料金相場について解説します。

一軒家の遺品整理の料金相場と注意点

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国812社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

遺品整理とは?

遺品整理とは、故人が残した品々を必要なもの・不要なものに分別、整理して遺族が必要とするものは残し、その他の不要なものは適切に処分することです。

遺品は、故人が生前使った家電や家具、衣類、日用品など対象は多岐にわたります。

一軒家の遺品整理は荷物が多いので大変

故人が暮らしていた住居がアパートなど狭小であれば遺品もさほど多くはないでしょう。しかし一軒家となると遺品の量もそれなりのボリュームとなってしまいます。

遺品整理は、基本的には遺族が行うことになります。いざ片付けてみると自分たちだけでは、時間もかかり、体力的にも大変です。

長い間ずっと住んでおり、荷物が多い時は、専門業者に依頼するのがよいでしょう。

一軒家の遺品整理の料金相場

【遺品整理】間取り別の料金目安

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※みんなの遺品整理に掲載されている770社以上の業者のホームページ、3万人以上の実際に利用した金額データから算出しています。(2021年12月24日時点)

料金表に含まれている作業内容の内訳

遺品整理にかかるすべての費用を含んでいます。

・不用品の回収、処分

・まだ使うものと不用品の仕分け

・貴重品の捜索 (遺言書や契約書類など)

・買取品の査定 (料金から査定額を値引き)

・建物の養生 (建物へのキズ防止など)

・合同供養 (写真や人形を供養します)

・作業後の清掃

・作業人件費・車両と回収運搬費

料金に幅がある理由

・処分品の量によって料金が決まるため。

同じ広さでも料金が異なる理由は処分品の量によって料金が変動するためです。

一軒家の1部屋分だけ依頼したらいくら?

その場合は1R・1Kの料金表が適用されます。はじめて業者を利用するときや、コストを抑えたい場合は、荷物の多い一部屋分だけをお試しで依頼してみることもできます。

・建物状況や周辺環境によって作業量と時間が決まるため。

また建物状況・周辺環境によっても作業料金が変わります。理由は作業する現場によって作業時間や作業量が異なるためです。

【料金が安くなる例】平屋や駐車場が近い場合

たとえば平屋だと階段作業がないため、3階建ての一軒家より安くなる傾向があります。またトラックを停められる駐車場や庭があると、効率よく作業ができるため料金は安く済みます。

【料金が高くなる例】山奥に家がある・家が古く階段が狭い

大きなトラックでは行きづらい場所や、家の近くに駐車ができない地形だと料金が上がりやすい傾向があります。また階段が狭く、大きな家具が運び出しづらいことも効率に影響します。

・買取品の多さによって値引きされるため。

製造5年以内の新しい家電、家具など買取できるものがあるとを作業料金から値引きしてくれます。

・処分品の種類によってリサイクル料金が変わるため。

古いテレビやエアコンなどリサイクル料金が別途かかるものや、資源ゴミとして安く引き取ってもらえるものがあります。

このように様々な条件によって費用が決まります。

具体的な確定料金が知りたい場合

実際にかかる料金が知りたい場合には訪問見積もりを取るようにしましょう。

一軒家といっても居住年数や広さによって、物量がまったく異なります。業者も実際の作業量が見えないと費用を出すことができません。見積もりを取らないと当日に追加料金のトラブルになる可能性があります。

訪問見積もりではお願いしたい作業をしっかり伝える。

依頼内容によって作業時間が変わるため、見積もり料金にも影響します。「丁寧に仕分けしてほしい。」「貴重品や探してほしいものがある。」「不用品をすべて回収するだけでいい。」などまずは要望を伝えてみましょう。

訪問見積もりのメリット

最近ではホームページに掲載されている人と異なるスタッフが当日来ることも。家にあがって作業をするわけですから、自分の目で「この業者だったら信頼できそう」という雰囲気や接客態度をチェックしましょう。

訪問見積もりに応じない場合は…

訪問見積もりに応じない、したがらない業者もいます。そのような業者は当日になって追加請求をしてくる悪徳業者の可能性があり、注意が必要です。実際に国民生活センターには400件以上の被害相談がされています。

【外部サイト】国民生活センター:遺品整理サービスでの契約トラブル-料金や作業内容に関するトラブルが発生しています

庭・ベランダ・倉庫・物置、屋根裏部屋も忘れずに

また忘れがちな庭や物置、ベランダや屋根裏部屋についてもしっかりと見積もりをしてもらいましょう。倉庫や車庫なども作業場所ごとに見積もりを出してくれます。

〈参考記事〉遺品整理で損をしない見積もりの取り方

一軒家の遺品整理の料金例

みんなの遺品整理に掲載された業者へ、一軒家の遺品整理を実施した場合の作業実例をご紹介します。

作業実例①:4LDKの一軒家/不用品買取/庭の片付け

作業現場 【関西】京都府宇治市
間取り 4LDK
時間 2日
人数 2人
料金 220,000円
買取金額 10,000円

お父様が亡くなられ、一軒家の遺品整理をご自身で行おうとされたそうですが、なかなか時間が取れなかったということで、私どもにご依頼くださいました。

「見積もりに来てくれた方の親身な説明がよかった」と言ってくださり、買取サービスも含め、非常に満足してくださいました。

※この事例は当サイト掲載「マレリーク」の事例です

作業実例②:5DKの一軒家/お仏壇のお焚き上げ/売却の提案

現場 【関東】埼玉県
間取り 5DK
料金 430,000円

長年空き家となっていたとのことでした。

ご依頼者様は全て処分とおしゃってましたが、素敵な囲炉裏のお部屋や小物などの飾り物がとても価値あるものと思い 、囲炉裏部屋にはほとんど手をつけず、付加価値とし中古住宅で売却する事をご提案しました。

お仏壇のお焚き上げをご希望でいらっしゃいましたので、
大切にお預かりの上、お焚き上げさせて頂きますよう手配を行います。

※この事例は当サイト掲載「プライムハート」の事例です。

作業実例③:【関東】一軒家の遺品片付け 庭の伐採・家財の配送も

遺品整理・特殊清掃アジャスト」の事例
作業価格 190,000円
間取り:3DK 場所:栃木県
日数:1日間 人数:4人

今回は遺品整理だけでなく庭に生えている樹木についても伐採してほしいとのことでしたので対応いたしました。屋根より高い木も数本ございましたがご遺族の想いに寄り添いながら施工させていただきました。また、家財の配送も承りました。

作業実例④:【関西】一軒家の遺品整理・買取で10万円値引き

ONELIFE」の事例
買取後の作業価格 175,000円

(見積り 190,000円)
買取価格 15,000円
間取り:3LDK 場所:京都府京都市
日数:4時間 人数:6名

故人様が日曜大工を趣味にしていたようで、自作の家具がたくさんあるお宅でした。そのためプレミアムプランにスタッフを1人追加してお見積りいたしました。大工道具、生活用品、ギフト類を買取し、値引きいたしました。

一軒家の遺品整理で費用を安く抑えるには?

一軒家の遺品整理を業者に頼む場合、家が大きかったり遺品の量が多いと、より料金が高くなってしまいます。

遺品整理業者に頼む際にできるだけ費用を安くするポイントを、3つ紹介します。


 

費用を安くするポイント1:相見積もり

相見積もりをとることで業者間の料金やサービスを比較できます。最低3社を目途に見積もりを取りましょう。

また安すぎる、高すぎる料金を提示してくる業者は悪徳業者の可能性があります。見積書の料金の内訳について納得いくまで説明してもらいましょう。

また追加料金の有無・キャンセルについても慎重に確認しましょう。またみんなの遺品整理に掲載されているすべての業者は訪問見積もりが無料です。

費用を安くするポイント2:遺品を買取に出す

遺品の中には買取業者に買取ってもらえるものもあるので、遺品の分別に際して確認してみましょう。

〈参考記事〉遺品を高く売るコツは?高価買取が期待できるものリスト

また、遺品整理業者に買い取ってもらえる場合には、その分の料金を作業料金から差し引いてくれることが多いので、結果的に費用を抑えることができます。

以下の表では、実際にみんなの遺品整理掲載の業者が、不用品を買取したときの価格事例を紹介します。

遺品の買取金額事例

遺品 買取金額の事例
家具、家電 5,000~60,000円
書籍 ~30,000円
衣服(大量) ~10,000円
おもちゃ 5,000~10,000円
お茶道具、掛け軸 15,000~20,000円
鉄瓶など古美術品 100,000円
ブランド靴と家電 10,000円
カメラなど 20,000円

そのほかにも、以下の遺品が遺品整理業者に買取された事例があります。

その他の買取事例
  • 液晶テレビ
  • ピアノ
  • アイドル公式グッズ
  • 昔のCD
  • サイン入り野球ボール
  • 古書
  • 昔のパイプたばこ
  • 貴金属類(宝石、金、銀、プラチナなど)
  • 古銭
  • 切手
  • テレホンカード
  • 洋酒
  • ブランド衣服
  • 骨とう品
  • 着物
  • スポーツ用品
  • 音楽機器

みんなの遺品整理の以下の業者は、作業事例の中で買取価格を掲載しています。

業者名 対象地域 事例中の買取価格
遺品整理・特殊清掃ネクストライフ 東北 ~24,000円
プライムハート 関東 ~62,000円
遺品整理社コントラスト 関東 5,000円~12,000円
マレリーク 関西 10,000円-30,000円
ONE LIFE(ワンライフ) 関西 5,800円~105,000円
メモリアルサポート 関西 40,000円~80,000円

費用を安くするポイント3:できるだけ片付けて処分品を少なく

処分する遺品が多くなるほど処理費用が高くなります。したがって特殊な物(金属や消化器、仏具など)などどうしても業者に依頼せざるを得ない遺品以外は、できるだけ自分で処理することをおすすめします。

ただし、女性や高齢な方は重いものを運んだり、階段作業で怪我をすることもあります。その場合は、家族や友人に協力を仰ぐか、業者に依頼するのが安全です。

料金の決まり方・内訳

遺品整理業者はどのように見積もり額を決めているかを解説します。

1. 荷物の量

繰り返しですが処分する荷物量が最も料金に影響します。回収する不要品が少ないと、廃棄業者への処分料が安くすむため料金も下がります。また家財が少ないと運び出す人件費もトラックも少なく済むのも理由です。

2. 処分品の種類

遺品整理業者はさまざまなリサイクル業者と提携して、費用を安くする努力をしています。普段ならゴミとして処分料がかかるものも、無料もしくは買取として引き取ってもらっています。

またリサイクル家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機/乾燥機)の年式が古く、処分になるものは別途リサイクル費用が発生します。

3、買取品の有無

訪問見積もり時に査定・鑑定をしてくれます。見積もりから買取金額を値引きしてくれます。自社でリサイクルショップやネット販売をおこなっているケースも。

また新しい家電、ブランド品や貴金属、骨董品や趣味のものなど高価買取の対象になるものが多いと、作業料金が0円になるケースもあります。

〈協会認定〉買取に対応した遺品整理業者の料金と口コミはこちら

4. 作業希望日や対応期日

「解体や売却するため月末までに作業を終えてほしい。」など、期日が迫っていると料金が上がる場合があります。理由として、迅速に作業を終わらせるためには、多くのスタッフが必要になるためです。

とくに広い家の場合は、作業を短期で終わらせる場合に1日に回収トラックを何度も往復させる必要があるので、その分の人件費が発生します。

安く依頼したい場合は余裕を持ったスケジュールで依頼しましょう。他社と相見積もりをして比較しているときは、業者の空き状況をふまえて、安く作業できる日程がないか交渉してみましょう。

5. 建物や道路の状況

繰り返しになりますが建物状況や、家の周りの道路環境によっても料金が変わります。階段の数や、近くにトラックが駐車できるかによって見積もりが変わります。

6. オプションサービス

遺品整理の専門業者は幅広いサービスに対応しています。個別に依頼する手間が省け、まとめて依頼することで出張費用を抑えることができます。買取・ハウスクリーニング・供養・庭の草むしり・物置の解体や、廃車手続きまで対応しています。

遺品整理のオプションサービスは何がある?料金どれくらい?

7、業者ごとに特徴がある

業者ごとに得意な作業と基本料金に含まれるサービスも異なります。そのため、同じ現場でも見積もり金額に差が出ます。買取に強い、リサイクルに注力している、基本料金にハウスクリーニングが含まれているなど様々な業者がいます。

遺品整理業者のオプション・特徴で検索してみる。(無料)

安い業者や安心なのはどこ?業者紹介は【みんなの遺品整理の無料相談へ】

見極めよう!悪徳業者の事例を紹介

実は全国に9,000〜10,000社存在すると言われている遺品整理業者。その中には、高価な遺品や現金を盗んだり、高額な追加請求をしたりする悪徳業者も存在します。

悪徳業者の事例は次のようなものですので、業者選びの際に参考にしてみてくださいね。

悪徳事例①:見積もり以上の金額請求

遺品整理業者を利用するという選択はまだそれほど一般的でないため、料金の相場もよく分からないというのが実情です。

悪徳業者は、「依頼者は相場を知らないだろう」と高額な料金設定で見積もりを提示してきます。そのような業者に依頼すると、作業後に見積もり以上の金額を要求されるというケースが当サイトに報告されています。

悪徳事例②:作業後の追加料金

また反対に、見積もり時には安い金額を提示し、作業後に追加料金として高額な費用を請求するケースもあります。

悪徳事例③:チラシやホームページの値段や説明と違った。

チラシやホームページに「最安値保証」「格安激安」「数千円から対応!」と記載がある場合はどんなサービスをしてくれるのか確認しましょう。遺品整理といいながら実際は不用品回収しか対応していない便利屋のような業者も増えています。

悪徳事例④:金品の盗難

現場では必ずと言っていいほど貴重品や金銭的価値の高いものが発見されます。よく貴重品が発見されるのがタンスや机の引き出しの裏、仏壇の引き出し、本に挟まっている書類、カバンや衣類のポケットなどです。

悪徳事例⑤ 不法投棄の責任を取らされることがある

遺品整理業者は、処分すべき遺品を回収し処理工場などで処分しますが、悪徳業者は利益を出すために不法投棄をすることがあります。

例えば、家電などは処分する際に法律に則った手順に沿って行う必要があり、処分にはそれなりの費用が発生します。悪徳業者は、この費用を惜しんで不法投棄するというわけです。

この不法投棄が発覚すると、責められるのはその家電の元々の所有者です。つまり、遺品の処理を業者に依頼した依頼主が、最終的に罰金などを支払わされるという理不尽なことが起こってしまいます。

悪徳事例⑥ 正しい許可や資格を取得していない。

また、廃棄物は「一般廃棄収集運搬許可」という許可がないと運搬をすることができません。許可のない業者は不用品を廃棄場に運搬できないため、処分業者に委託することになります。

環境省も警告をしており、高額な処理料金を請求されると呼びかけています。

【外部サイト】環境省:無許可の回収業者を利用しないでください!

この許可を取得しているか、処分業者に委託しているかどうかを調べることも悪徳業者を見極めるポイントになります。

良い業者の選び方

①遺品整理士が在籍しているか

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している民間資格です。

この団体の特徴として、遺品整理士と業者のチェックを定期的におこなっています。また適切に不用品処分しているかどうかを協力機関と確認しています。

また悪質なクレームや法令違反があると遺品整理士の資格を取消するという消費者保護の目線で団体運営をしています。そのため業者を選ぶ際の1つのポイントになるでしょう。

②訪問見積もりに応じてくれるか

訪問見積もり後に、追加料金がない見積もり書を出してくれる業者を選びましょう。あいまいな点がなく、納得いく説明をしてくれる業者がおすすめです。

遠方で訪問見積もりの立ち合いが難しいときは?

写真での見積もりや、LINEビデオ電話を使った オンライン見積もりに対応している業者も検討してみましょう。遠くに実家や空き家がある方におすすめです。

遠方で立ち合いができない方の見積もり相談(無料)

③見積もり書の内訳や、料金プランが明確か

・費用の内訳

見積もり書の内訳をチェックしましょう。具体的には作業内容・金額に細かな記載がなされているか確認しましょう。キャンセル料金や追加料金についても記載があるかを確認してください。

どのような作業にいくらかかるのかがきちんと明記されているのかを確認します。料金が作業ごとに分かれず、「作業一式」のような形で一括で記入されてしまう場合は適正料金でない場合があります。

・作業の内容

遺品整理の業務にどのような作業が含まれるのかは業者によって異なります。何がサービスの中に入っていて、追加料金がかかるのはどの作業なのかを確認しましょう。

④不用品を適切に処分しているか

繰り返しですが一般廃棄物免許の取得か、委託業者に回収処分をしているかを確認しましょう。あわせて遺品の買取をお願いするときは「古物商許可証」を持っているかを確認しましょう。警察署から古物商の許可がでていないと買取できないためです。

⑤実績があり、対応が丁寧か

遺品整理は信頼できるスタッフに依頼することが大切です。そのため作業経験が豊富かどうかもチェックしましょう。また電話での対応や訪問見積もりの対応が丁寧かどうかも確認しましょう。

遺品の扱いなどこちらの希望を聞いてくれるか、仏壇の前で手を合わせてくれるなど担当者が信頼できるかをチェックしましょう。見積もりと作業当日のスタッフが同じかどうかも確認することをおすすめしています。

⑥相見積もりをとる

最初から業者を1社に絞ってしまうと料金やサービス内容を比較できません。そのため最低でも2社以上に相見積もりをとって、料金・サービスを比べてみましょう。交渉すれば無理のない範囲で値引きに応じてくれる業者も増えています。

安い料金だけで決めるとトラブルになることも

料金が安いだけで決めると当日にやってくれると思っていた作業をしてくれない、物によっては回収できない、といったトラブルに巻き込まれるケースがあります。

〈参考記事〉損をしない遺品整理の見積もりの取り方  

安くて評判の良い業者はどこ?

一軒家の遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国770社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。770社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

一軒家で親族が亡くなった場合、葬儀も大変ですが遺品整理もかなりの作業になります。とくに戸建てに長い間ずっと住まれていた場合は物が多いと思います。

そのような状況で頼りになるのは遺品整理専門の業者ですが、信頼できない業者を選んでしまうと高額な費用を請求されたり、トラブルに巻き込まれたりなど不利益を受ける危険性があります。

今回の記事を遺品整理業者選びの参考にしてみてくださいね。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。