身内が亡くなり、いざ遺品を整理しようとしても、遺族だけで行うのはなかなか大変ですよね。最近は遺品整理業者も増えてきています。遺品整理業者が遺品を回収するときは、実は許可がいることをご存知でしたか。必要な許可を持っていないにも関わらず営業している業者も多数いるのが実情です。この記事では遺品整理業者が受けるべき許可や、優良業者の見つけ方についてご紹介します。

遺品整理業に必要な許可とは?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

 産業廃棄物収集運搬業の許可では家庭ごみは収集できない

家庭ごみを回収するときは、産業廃棄物収集運搬の許可では収集や運搬はできません。なぜなら家庭ごみのほとんどは、産業廃棄物ではないからです。廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」の2種類に分類されます。産業廃棄物とは、慈善事業に伴って生じた廃棄物を指します。

燃え殻や廃油、廃プラスチックやゴムくずなど、あらかじめ法律で定められています。一方で、一般廃棄物は産業廃棄物以外の全ての廃棄物のことを指します。家庭ごみはこの一般廃棄物に当たるので、この許可がないと収集できません。

一般廃棄物収集運搬業の許可が必要

一般廃棄物の中でも「家庭系一般廃棄物」と「事業系一般廃棄物」の2種類に分類されるのはご存知でしたか。家庭系一般廃棄物は、一般家庭の日常生活で生じた廃棄物を指します。一方で事業系一般廃棄物は、事業で生じた産業廃棄物以外の廃棄物を指します。

家庭ごみのほとんどは、家庭系一般廃棄物に分類されます。家庭ごみを回収するには、一般廃棄物収集運搬業の許可が必要です。ですが残念なことに、この一般廃棄物収集運搬の許可を持っている業者はかなり少ないです。

なぜなら家庭ごみの収集や運搬の責任は市町村などの行政にあるからです。許可を申請しようとしても、すで業者の数が足りていることが多いです。新規の申請を受けてけていない市町村もあります。法律でも、一般廃棄物の収集や運搬が困難と認めない限り許可してはならないと条文で定められています。全く許可がおりないわけではありません。ですが、許可を取得するのは大変難しいのが現状です。

一般廃棄物の許可がない場合は許可を持つ業者と提携が必要

このように一般廃棄物の許可はなかなかおりません。ですので、多くの遺品整理事業者は一般廃棄物の許可を持っている事業者と連携して、収集や運搬をしています。もしこの許可を持っていない状況で不用品を処分した場合、「不法投棄」になるケースもあります。遺品整理を業者にお願いするときは、許可がおりているのかしっかり確認しておきましょう。

買取をしている業者は古物商許可が必要

処分ではなく買取を希望するのであれば、古物商許可が必要になります。買取を行う場合は、必ず許可がおりているか確認しましょう。許可がない業者であれば、悪徳業者の可能性も。知らない間に騙されていたなんてケースもあるかもしれません。古物商許可を受けた業者は「古物商許可番号」を持っています。

安心できる業者を探すには

古物商許可やら一般廃棄物収集運搬業許可やら、よく知らない私たちからすると難しいことのように聞こえるかもしれません。どんな業者が良くてどんな業者が悪徳なのか、見極めるのはとても難しいですよね。

そんな皆さんには、遺品整理士認定協会に加盟している優良業者のみを掲載しているみんなの遺品整理がおススメです。

みんなの遺品整理」は、『安心な業者を、カンタンに比較できて、お得に利用できるサービス』です。

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がいきなり業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

遺品整理業者の料金や口コミを調べるにはコチラ

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれる遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客レベルが一定を超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

業者をしっかり見極めて依頼しよう

廃棄物を処分するには、許可がないと処分や運搬はできません。家庭ごみの処分であれば一般廃棄物の許可、買取なら古物商許可が必要です。取引した業者が悪徳業者だった、なんてならないためにもしっかりと確認しておきましょう。