孤独死の対策を急ぐべき理由や具遺体的な方法など網羅的に解説します。現代社会において非常に深刻な問題になっている孤独死。

最悪の事態が起こる前に、自治体の施策などを活用しながら有効な対策を行う必要があります。要注意なケースにも触れているので、ぜひ参考にしてください。

孤独死の対策方法5選!早急に対応すべき理由や自治体の施策まで

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国882社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

0120-905-734受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内

対策を急ぐべき背景

・高齢者数の増加

・孤独死数の増加

孤独死対策が急務なのは主に2つの要因からです。現状を把握することで、適切な対策を行うヒントになるでしょう

 

高齢者数の増加

孤独死対策を急ぐべき大きな理由が、近年の少子高齢化の影響による高齢者数の増加です。高齢者の分母自体が増えると、どうしても孤独死への対策も必須になります。

また、内閣府による「令和3年版高齢社会白書(全体版)」によると、65歳以上の単身世帯の場合、男性は13.7%、女性は8%の方が、近所付き合いがほとんどないと回答。

次章で詳しく解説しますが、周囲との関わりが少ないと孤独死のリスクがアップします。

参考:内閣府「令和3年版高齢社会白書(全体版)」 

孤独死数の増加

残念ですが、高齢者数と共に孤独死数も増加しています。

内閣府による「令和3年版高齢社会白書(全体版)」によると、2019年は東京23区内だけでも年間で3,936人の方が亡くなっています。

2009年の孤独死数は2,194件だったため、単純比較でもおよそ1.8倍に。今後の孤独死数増加を防ぐためにも対策は急務です。

 参考:内閣府「令和3年版高齢社会白書(全体版)」

 

特に注意したいケース

・一人暮らし

・外部との付き合いがない

・経済的な困窮

孤独死対策の観点で特にリスクが高いのは、上記の状況に当てはまる方です。該当する場合は対策が早急な必須でしょう。

 

一人暮らし

一人暮らしの場合、同居人がいないため、病気や怪我などの発見が遅れて孤独死に繋がる可能性が上がります。

また、孤独死は決して高齢者だけの問題というわけではなく、若年層に起こる可能性も十分にあります。

 

外部との付き合いがない

様々な要因で外部との付き合いがなく、一人暮らしで完結している場合も孤独死のリスクがアップします。

外部との交流が乏しいと、何か起きた時にも気づいてくれる人がいないためです。家族や親戚とも付き合いがない場合はさらにリスクが高まります。

 

経済的な困窮

経済的な困窮も孤独死の大きな要因。特に高齢者の単身世帯の場合、収入が一人分の年金のみというケースも少なくありません。

経済的に余裕がないと、体調が悪くても病院を我慢したり、栄養のある食事を摂れなかったりします。高齢者に限らず、若年層にも同様のことが言えるでしょう。

 

一人暮らしの高齢者自身はどう考えている?

内閣府による「令和3年版高齢社会白書(全体版)」によると、一人暮らしをしている60歳以上の50.7%が孤独死を身近な問題と感じると回答しました。

適切な対策を講じることで、孤独死への不安は解消できます。具体的な内容については、次章で詳しく解説します。

 

孤独死の対策方法5選

・自治体の相談窓口

・地域社会との交流

・見守りサービス

・孤独死対策アプリ

・老人ホーム

先述のように孤独死対策で重要なのは、外部との関わりを持つことです。具体的な対策例を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

自治体の相談窓口

孤独死対策には、自治体の相談窓口を活用する方法があります。

緊急津法装置を貸与したり、相談員が訪問したりと一人暮らしの高齢者に寄り添ったサービスを展開しています。

自治体や地域によって施策の内容は異なるので、行政のホームページなどをチェックしてください。

 

地域社会との交流

地域社会やご近所さんとの日常的な交流があれば、「数日顔を見ていない」など異常にも気づいてもらいやすくなります。

近所への挨拶から始めたり、町内会や自治会、クラブへ参加したりと試行錯誤しましょう。

 

見守りサービス

民間企業などによる見守りサービスも孤独死対策に有効。サービスによって定期的な安否確認や緊急時に駆けつけてもらえるものなど様々。

状況やサービス内容を照らし合わせて最適なものをチョイスしましょう。

 

孤独死対策アプリ

アプリを活用した孤独死対策も可能です。手軽に利用できる点が最大の特徴。

アプリによって機能は様々で、GPSで居場所がわかるものや、毎朝のアラームを止めることで安否がわかるものなどがあります。

 

老人ホーム

老人ホームへの入居も孤独死対策に有効です。老人ホームでは、職員の方と毎日接することになります。他の入居者の方との交流も増えるでしょう。

健康的な食事など体調面の管理も行ってくれるので、親族の方も安心できます。

 

まとめ

孤独死の対策を急ぐべき背景や具体的な対策内容について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。誰もが考えるべき課題になっている孤独死問題。

少子高齢化の流れなどから避けられない問題ですが、事前に適切な対策を打つことで防ぐことができます。

本記事の内容を参考に、高齢者の方を一人にしない試みを実践してみてください。

 

万が一孤独死が起きてしまった場合は、遺品整理や特殊清掃が必要になります。

基本的に孤独死が起きてしまった部屋を専門知識のない素人だけで清掃することは不可能なため、業者への依頼が必須。

「みんなの遺品整理」では、遺品整理士認定協会の厳格な基準をクリアした優良業者を紹介中です。追加料金なしで、遺品整理から清掃まで一貫して行ってくれます。

 

遺品整理まで対応してくれる特殊清掃業者はこちら

 

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国882社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

0120-905-734受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内