遺品整理は故人を偲ぶものです。安心して送り出すためにも、良い遺品整理業者に依頼したいものです。そのためには値段も重要ですが、作業の質も重要です。ここでは遺品整理の業者を比較するポイントを説明します。

遺品整理業者を比較するポイント

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

ポイント1:値段だけで決めると悪徳業者の可能性がある

遺品整理には多くのお金がかかることも多いです。そのため、値段が安いかどうかは重要なポイントとなります。しかし、遺品整理業者の価格決定方法は統一されたルールがなく、各社ばらばらです。そのため、見積もり段階では安く提示し、当日どんどん追加料金を請求する業者もいます。

これは依頼者にとって大変困ることであり、国民生活センターなどにも相談が多く寄せられています。そのため遺品整理を業者に作業依頼をする場合は、あらかじめ訪問により見積りを取ることが大切です。また見積もり依頼する場合は成約しなくても出張料金を請求されるなどがないように事前に確認しましょう。電話だけの見積もりだとトラブルのもとになりますので注意してください。

ポイント2:問い合わせや見積もり時の対応を比較する

あなたが遺品整理業者に依頼する際、事前に見積りを依頼すると思います。その際にチェックしておきたい点がいくつかあります。

1、業者のスタッフ同士の情報共有ができているか

まず、問い合わせをした時の内容が、見積りに来た人にきちんと伝わっているかどうかという点です。この点は、社内の連携がスムーズかどうかをチェックするポイントとなります。

2、見積もりしたスタッフが当日の作業も担当するか

次に、見積りに来た人が当日の作業にも関わるかどうかのチェックも必要です。できれば専任制が望ましいでしょう。このことにより当日チェックすべきポイント等をスムーズに作業員に伝えることができます。

また遺品整理にあたっての要望は、細かいものになりがちです。そのため見積り当日は、遺族の要望を丁寧に聞いてくれるかどうかについてもチェックが必要です。

3、作業内容の説明がわかりやすいかどうか

また、見積りの根拠を丁寧に説明できることもチェックポイントとなるでしょう。加えて万が一の場合に備え、キャンセル料の説明もあると安心です。

ポイント3:作業内容と見積書の明細を比べる

遺品整理業者に見積りをしてもらったのであれば、作業内容の説明や、見積書を受け取ったと思います。これを他社の作業内容や見積書と比較してみましょう。

業者によっては見積書に明細がなく、ただ「遺品整理作業一式」と記載されている場合があります。この場合は、何が作業一式の中に含まれているか記載してもらうようにしましょう。

一式作業の明細を書面で示さない業者は、依頼を避けた方が賢明です。それは見積時の説明と作業当日の説明が異なる場合があるためです。この場合、当日に追加料金を支払わざるを得なくなる場合も少なくありません。

作業がそれで正しいか確認しよう

また作業内容や見積書に詳細な説明があっても、必要な作業が全て盛り込まれていなければ意味がありません。例えば孤独死の場合は、部屋をきれいに、臭いがない状態にするまでの費用が必要です。そのため、必要な作業項目が盛り込まれているか確認することが必要です。

ポイント4:相見積もりをとって比較しましょう

特に亡くなった方が借家やアパートなど、賃貸物件に住んでいた場合は、早めに自宅の整理が必要です。どうしてもあせりがちになりますが、その場合でも必ず複数の業者から相見積りを取って比較しましょう。

相見積りによってどちらか良い方を選べることが大きなメリットです。それだけでなく、サービス内容や価格の妥当性を詳細にチェックできることもメリットです。

見積りは無料ですから、満足いく見積りが得られるまで何社でも見積り依頼することができます。金額が大きい仕事ですから、細部までチェックするようにしましょう。

みんなの遺品整理では追加料金一切なしの安心できる業者に一括で見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフや作業事例から比較することができます。

遺品整理に関する相談や一括見積もりについて詳しく見てみる

自分で遺品整理業者の料金や口コミを比較してみる

満足のいく遺品整理を行うために

残念ながら、遺品整理でトラブルが起きていることも現実です。満足した遺品整理のためには、良い業者を選ぶことが大切です。忙しい中でも相見積もりを取り、十分に作業内容をチェックすることが大切です。