​​​​​​​特殊清掃とは、孤独死や自殺などがあった部屋や建物の清掃です。遺体の腐敗臭の消臭や、体液から発生する汚れを取り除いたり、害虫駆除なども行う文字通り特殊な清掃です。ここでは、特殊清掃の具体的な内容や、料金や費用の相場などについて解説していきます。

特殊清掃の料金相場

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国481社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

特殊清掃とは

特殊清掃の具体的な内容には、次のようなものがあります。

1.消臭・汚れ落とし

遺体のあった場所の壁や床などの汚れを落とすほか、体液の染み付いた布団や家具なども片付けていきます。専門の機器やオゾンなどの脱臭剤を使用して、徹底的に臭いを取り除きます。

2.害虫駆除

遺体から流出した体液は、ハエやゴキブリなどの害虫を発生させる元となります。害虫が部屋の外に出ないようにしながら、殺虫剤などで完璧なまでに駆除します。

3.リフォーム

特殊清掃では、汚れを落とすだけでなく、体液が染み付いた壁や床を新しいものに貼り替えます。状況によっては、壁紙の下の石膏ボードや、床板そのものを交換することもあります。

4.遺品整理

特殊清掃では遺品整理も重要です。遺品整理とは、故人の持ち物を形見の品と不用品に分ける作業のことをいいます。腐敗臭や汚れがついた家具や持ち物の場合、きちんと汚れを落として消臭をしながら、遺品整理を進めていく必要があります。

特殊清掃の費用相場

業者によって料金体系が異なる

間取り別に料金を設定している業者、回収量ごとに料金を設定している業者、パック料金を設定している業者など、業者によって料金の算出方法は異なります。

【遺品整理】間取り別の料金目安

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。

※ゴミ屋敷清掃や特殊清掃が必要な現場の場合、料金が大きく変わります。

特殊清掃+遺品整理の場合

特殊清掃に加えて遺品整理も依頼する場合には、遺品整理の料金に特殊清掃の作業料金が加算される形で料金が算出されるケースが多いです。

特殊清掃は、部屋やご遺体の状況によって必要な作業内容が大きく変化するため作業ごとに料金が細かく分けられています。主な作業の料金相場を紹介しましょう。

【特殊清掃】作業内容ごとの料金例

作業内容 作業費用
床上清掃 30,000円〜
浴室清掃 30,000円〜
消臭剤・除菌剤の散布 10,000円〜
汚れた畳の撤去 1枚:3,000円〜
オゾン脱臭 1日:30,000円〜
汚物撤去 20,000円〜
害虫駆除 10,000円〜
作業員の人件費 20,000円〜

オゾン脱臭など、より強力な清掃を依頼すると、料金が高くなることがわかります。遺品の回収も依頼すればさらに高額になるため、どこまで原状回復してもらうかは、よく検討しなければなりません。基本的な内容をセットにしたパック料金が用意されていることも多いので、必ず見積もりを取りましょう。

また、同じ作業であっても、特殊清掃の業者ごとに設定金額が異なります。部屋の状況次第でも料金は大きく変わります。特に遺体が放置されてしまい、フローリングやコンクリートまで体液がしみこんでしまうと料金が大きく変わります。

リフォームやオゾン脱臭が必要だと料金も高くなる

オゾン脱臭は、部屋全体に蔓延している遺体の腐敗臭を除去するために使用されます。遺体から流れ出た体液が床下や壁の奥まで到達している場合、壁紙やカーペットなどを貼り替えるだけでは臭いが除去されません。そのため、床板や基礎部分の石膏ボードなども新しいものに交換することになります。当然その分の料金も上乗せされます。

またフローリングの張替えや、フローリングの下の基礎部分をリフォームしないといけない場合は100万円を超えるケースも発生します。そのため特殊清掃現場では素早く作業することが求められています。

【特殊清掃】消臭時間・特殊清掃時間と料金の例

特殊清掃の現場では、床上清掃、消臭、害虫駆除、オゾン脱臭など、いくつかの作業が必要となります。

特殊清掃作業時間、消臭時間と料金の目安は次の通りです。こちらの特殊清掃・消臭作業代には、床上清掃や消臭、害虫駆除といった作業料金も含まれています。

間取り 特殊清掃作業時間 消臭時間 特殊清掃・消臭作業代
1R 1.5時間 4時間 60,000円
1R 3時間 6時間 60,000円
1DK 4時間 48時間 60,000円
1R 4時間 12時間 80,000円
1R 2.5時間 72時間 95,000円

上記の時間、料金は一例です。同じ間取りであってもご遺体の状況、死後経過日数によって料金は左右します。より正確な料金を知っていただくためにも、事前にお見積もりをとることをおすすめ致します。

作業料金実例①:特殊清掃のみの場合

現場状況 ユニットバストイレでの孤独死。死後5日経過
間取り 1R
特殊清掃:作業内容 消臭、オゾン脱臭、浴室清掃等
特殊清掃:作業時間 1.5時間
消臭時間 4時間
特殊清掃代・消臭作業代 60,000円
作業人数 2名
作業総額 60,000円(税別)

作業料金実例②:特殊清掃+遺品整理の場合

現場状況 台所での孤独死。死後3週間経過
間取り 1DK
特殊清掃:作業内容 床上清掃、消臭、害虫除去等
特殊清掃:作業時間 4時間
消臭時間 48時間
特殊清掃代・消臭作業代 60,000円
遺品整理作業時間 3時間
遺品整理作業代 60,000円
作業人数 4名
作業総額 120,000円(税別)

安すぎる業者には注意!

特殊清掃の業者の中には、顧客を獲得するために、相場よりも安く価格設定をしているところもあります。良心的な意味で安価にしているのであれば良いのですが、どちらかと言うとその反対の方が多いようです。

例えば、特殊清掃後にもかかわらず、腐敗臭がきちんと取り除けていないことがあります。人件費を抑えるために、ほぼ未経験のアルバイトに作業を任せるケースもあるようです。

他にも不用品の回収後、正規の手続きを取らずに、不法投棄をすることで収益を上げる業者も存在すると言われています。経験の浅いスキルのない事業者に依頼してしまうと、臭いが取れずに戻ってきてしまいます。そのためせっかく金額を払っても再度、別の業者に依頼して2倍料金がかかるケースもあるのです。

特殊清掃はまだまだ歴史の浅い業界です。そのため、費用の安さだけで選ばずに、見積もり時に誠実な対応をする業者の中から選ぶことが大切です。

しっかりした業者を探すなら

「みんなの遺品整理」では事件現場特殊清掃士の資格を持った経験豊富な業者を180社以上掲載しています。料金や口コミで絞り込みができ、サービスや実績を比較することができます。また女性スタッフが在籍している業者や、リフォームに対応している業者もすぐに見つけることができます。

業者選びのご相談も承ります

また、「業者選びから相談したい」「業者が多すぎてどの業者が良いのか分からない」という方のご相談も受け付けております。こちらからお気軽にお問い合わせください。

「みんなの遺品整理」の特長  ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで特殊清掃業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


特殊清掃業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。みんなの遺品整理の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。