デジタル機器やインターネットの普及により、スマホやパソコンの中にさまざまな情報を持つ人が増えてきた現代。亡くなったあとに残るインターネット上の情報やアカウントは「デジタル遺品」と呼ばれ、トラブルが起きているのをご存知でしょうか?デジタル遺品は適切な対処が必要なのです。この記事ではデジタル遺品の整理方法について説明していきます。

遺されたスマホはどうする?デジタル遺品のトラブルと対策

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国481社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは、デジタル機器を通して内容が保存されているタイプの遺品をさします。例えばパソコンやスマートフォン、SNSに保存されたデータや写真などです。

デジタル遺品の内容を確認するためには、デジタル機器上のアカウントへのログインが必要な場合もあります。しかしパスワードがわからない等の理由でログインできない場合も多く、キャリアやメーカーも解除することができないため、「誰も手をつけることのできない遺品」として社会問題化しつつあります。

デジタル遺品の種類

デジタル遺品には、インターネットを介するか介さないかの違いで、大きく分けて2つの種類があります。

1.デジタル機器内に直接保存されているもの(インターネットを介さない)

パソコンやスマートフォン、デジタルカメラやビデオカメラといったものがあげられます。もしSDカードやUSBメモリ、外付けハードディスクなどがあれば、これも含まれます。

これらの中に保存されたデータや写真などが、デジタル遺品として整理の対象となります。

しかし中にはパソコンやスマートフォンのように、中のデータを見るためにパスワードが必要なものもあります。一方で、パスワードをかけていないSDカードやUSBメモリのように、比較的簡単に内容を確認できるものもあります。

2.デジタル機器を通して、インターネットにアクセスするもの

データを確認するためにインターネットへつなぐ必要があるものです。例としてWEBサービスのアカウントID、SNSやネット証券口座、インターネットバンキングなどがあげられます。最近はメールもこのような形式が増えてきました。

このような場合、パソコンやスマートフォンのパスワードを知っていても、それだけでは解読できません。別途インターネット上にあるSNSやメールのログインIDとパスワードを使い、アクセスする必要があります。

また最近では仮想通貨の取引をしている人もいるでしょう。これもデジタル遺品の一つです。

デジタル遺品の処分・整理方法

デジタル遺品の整理方法は、パソコンかスマートフォンが入口となることが多いでしょう。どのようなデータがあるかチェックし、思い出として保存するか破棄するかを選ぶことになります。

機器の内部には、SNSのアカウント名などが記載されている場合もあります。この情報があった時は、SNSなどを確認し、データの仕分けを行うことになります。

なおデジタル遺品の整理は、基本的にインターネットにつなげない状態で行うことが大切です。もし本人をかたってログインを行った場合、遺族でも不正アクセス防止法に違反するおそれがあるからです。

デジタル遺品を整理する際の注意点

デジダル遺品は個人情報が詰まったものなので、その整理や扱いには注意が必要です。誤った方法で行うと法律に抵触したり、相続人同士のトラブルになったりする場合があります。

携帯電話・スマートフォンは解約する

解約しないで放っておくと、その間も通信費がかかってしまうので、早急に解約しましょう。契約している通信会社の店舗に持参すれば解約できます。

また、解約したあとの機器本体を誰かに譲る、売りに出す、処分する場合にはあらかじめ初期化し、全データを消去しておく必要があります。そのままでは個人情報の流出につながるためです。なお、パソコンを処分する場合もデータの削除、初期化は同様に必要です。

保存されているデータの取り扱い方

デジタル遺品も遺品の一つですので、相続の対象となります。したがって、相続人でなければ、保存されているデータも含めてデジタル遺品を取り扱うことはできません。

オンライン状態でアカウントにログインしない

IDとパスワードがわかるからといって、SNS等のインターネット上のアカウントにアクセスしてはいけません。これらのアカウントへはアカウント保持者本人しかアクセス権限を有さず、「不正アクセス禁止法」に抵触する恐れがあります。

ロック解除には相続人全員の同意が必要

デジタル機器のロック解除は、業者に依頼することも可能ですが、業者に依頼する際にはあらかじめ相続人全員の同意を得ておきましょう。同意を得ないで行うと相続トラブルに発展する恐れもあります。

自分でどうしようもなければ専門の業者に依頼する

デジタル遺品の場合、パスワードを知らないとどうにもならないケースが多いと思います。そのため、手当り次第にパスワードを入力すれば良いと思っている方もいるかもしれませんが、これは危険です。

スマートフォンやパソコンの場合、一定回数パスワードを間違えると端末自体がロックされてしまうからです。

一方専門業者は、機器ごとの対応方法を熟知しています。例えばパソコンの場合であれば、パスワードを解読できる場合もあります。また、データを救出する要領で確認できる場合もあります。そのため、自分でどうにもロック解除ができなければ、専門の業者に依頼することが大切です。

デジタル遺品の整理は、データ量が多く、パスワードが必要な場面も多い、という特有の難しさがあります。遺族で手に負えないと思ったら早めに専門業者へ依頼してみましょう。

パスワード解除などデジタル遺品に対応した業者の無料相談はこちら

生前の管理の仕方もポイント

 

自身の死後に遺族がデジタル遺品の処理で困らないためにも、エンディングノートやロックつきのUSBにあらかじめIDやパスワードをまとめておくのも一つでしょう。

また、遺族に見られたくないものはロック付きの別フォルダに保存しておくのがおすすめです。

さらに毎月一定の料金がかかる定額サービスを契約している場合には、遺族に解約してもらう必要があります。解約すべき契約も一覧できるようにしましょう。