「デジタル遺品整理」という言葉をご存知でしょうか。デジタル機器やインターネットの普及により、スマホやパソコンの中にさまざまな情報を持つ人が増えてきた現代。亡くなったあとに残るインターネット上の情報やアカウントなどのデジタル遺品によるトラブルが起きています。デジタル遺品は適切な対処が必要です。この記事ではデジタル遺品の整理について説明します。

遺されたスマホはどうする?デジタル遺品のトラブルと対策

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国634社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは、デジタル機器を通して内容が保存されているタイプの遺品をさします。例えばパソコンやスマートフォン、SNSに保存されたデータや写真などです。

デジタル遺品の内容を確認するためには、デジタル機器上のアカウントへのログインが必要な場合もあります。しかしパスワードがわからない等の理由でログインできない場合も多く、キャリアやメーカーも解除することができないため、「誰も手をつけることのできない遺品」として社会問題化しつつあります。

デジタル遺品の種類

デジタル遺品の種類

デジタル遺品には、インターネットを介するか介さないかの違いで、大きく分けて2つの種類があります。

1.デジタル機器内に直接保存されているもの(インターネットを介さない)

パソコンやスマートフォン、デジタルカメラやビデオカメラといったものがあげられます。もしSDカードやUSBメモリ、外付けハードディスクなどがあれば、これも含まれます。

これらの中に保存されたデータや写真などが、デジタル遺品として整理の対象となります。

しかし中にはパソコンやスマートフォンのように、中のデータを見るためにパスワードが必要なものもあります。一方で、パスワードをかけていないSDカードやUSBメモリのように、比較的簡単に内容を確認できるものもあります。

2.デジタル機器を通して、インターネットにアクセスするもの

データを確認するためにインターネットへつなぐ必要があるものです。例としてWEBサービスのアカウントID、SNSやネット証券口座、インターネットバンキングなどがあげられます。最近はメールもこのような形式が増えてきました。

このような場合、パソコンやスマートフォンのパスワードを知っていても、それだけでは解読できません。別途インターネット上にあるSNSやメールのログインIDとパスワードを使い、アクセスする必要があります。

また最近では仮想通貨の取引をしている人もいるでしょう。これもデジタル遺品の一つです。

デジタル遺品整理のメリット

デジタル遺品整理メリット

スマホやパソコンなどの「デジタル遺品」は、遺族が扱いに困る遺品のひとつです。一応中身を確認しようとしたものの、IDやパスワードがわからず、あきらめてしまうケースも多いでしょう。しかし、そのまま放置・処分してしまうのはおすすめできません。なぜなら、内部に重要なデータが残されている可能性があるからです。

特に、財産に関わるデータは相続にも影響します。たとえば、故人がネットバンクの口座を密かに作っていて、無視できない金額のお金を蓄えているかもしれません。

また、FXや株取引などで失敗し、莫大な負債を抱えているケースもあります。有料のサービスを利用していた場合も、解約しなければ料金の引き落としが続くでしょう。これらの情報を把握しておけば、トラブルを回避できます。

もちろん、家族にあてたメッセージや思い出の写真など、相続と無関係に保存しておきたいデータが見つかるかもしれません。デジタル遺品整理は、実にさまざまなものを発見できるのです。

遺品整理方法①パスワードを解除する

パスワード解除の方法

デジタル遺品整理において最初の難関となるのは、パスワードの解除です。パソコンやスマホ、Webサービスなどにログインする際には、ほぼ確実にパスワードやIDを入力しなければなりません。どのような操作を行うにしても、ここを突破しなければ始まらないのです。

そこで、まずは他の遺品に目を向けてみましょう。もしかすると、パスワードのメモ書きが見つかるかもしれません。忘れてしまった場合や万が一の事態に備えて、故人がパスワードの一覧表を作っている可能性も十分あります。

また、故人や家族の名前や誕生日、好きだった有名人やキャラクター、1234などの適当な文字列を入力してみるのも有効です。

本来、このようなわかりやすいパスワードは推奨されないのですが、遺族が解除する分には役立ちます。登録メールアドレスさえわかっていれば、IDやパスワードを初期化できることもあるので、WebサイトのQ&Aにも目を通してみましょう。

遺品整理方法②サービスの解約をする

サービスの解約

無事パスワードを解除できたら、故人が使っていたサービスを確認し、必要があれば解約していきます。HDDの中身やメール、ブックマークなどをくまなく探して、故人が何をやっていたのかを調べましょう。

もちろん、FXで抱えた負債などは、アカウントを削除したところでなくなるわけではありません。見逃しがトラブルにつながるおそれもあるので、徹底的に調査してください。

また、SNSのアカウントがわかった場合、死去の事実をフォロワーに伝えてもいいかもしれません。故人と交流を持っていた人たちは、突然動きがなくなったことを不安に感じているはずです。

TwitterやFacebook、Googleなどでは遺族によるアカウント削除の依頼も可能なので、うまく利用しましょう。

遺品整理方法③遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者に依頼

デジタル遺品整理は、トラブルを防ぐためには必要不可欠です。しかし実際には、思うように進められないことが少なくありません。

セキュリティが厳重でパスワードを解除できないのはもちろん、データが膨大すぎて調べきれなかったり、そのデータにどんな意味があるのかを理解できなかったりするケースも考えられます。

そのような時は、遺品整理業者にデジタル遺品整理を依頼してみましょう。デジタル機器に精通したプロがパスワードを解除し、パソコンやスマホを詳しく調べてくれます。

問題がある要素の報告に加え、サービスの解約手続きを代行してもらうことも可能です。デジタル遺品整理を専門とする業者も登場しているので、ぜひ調べてみてください。

デジタル遺品を整理する際の注意点

デジタル遺品の注意点

デジダル遺品は個人情報が詰まったものなので、その整理や扱いには注意が必要です。誤った方法で行うと法律に抵触したり、相続人同士のトラブルになったりする場合があります。

携帯電話・スマートフォンは解約する

解約しないで放っておくと、その間も通信費がかかってしまうので、早急に解約しましょう。契約している通信会社の店舗に持参すれば解約できます。

また、解約したあとの機器本体を誰かに譲る、売りに出す、処分する場合にはあらかじめ初期化し、全データを消去しておく必要があります。そのままでは個人情報の流出につながるためです。なお、パソコンを処分する場合もデータの削除、初期化は同様に必要です。

保存されているデータの取り扱い方

デジタル遺品も遺品の一つですので、相続の対象となります。したがって、相続人でなければ、保存されているデータも含めてデジタル遺品を取り扱うことはできません。

オンライン状態でアカウントにログインしない

IDとパスワードがわかるからといって、SNS等のインターネット上のアカウントにアクセスしてはいけません。これらのアカウントへはアカウント保持者本人しかアクセス権限を有さず、「不正アクセス禁止法」に抵触する恐れがあります。

ロック解除には相続人全員の同意が必要

デジタル機器のロック解除は、業者に依頼することも可能ですが、業者に依頼する際にはあらかじめ相続人全員の同意を得ておきましょう。同意を得ないで行うと相続トラブルに発展する恐れもあります。

どうしようもなければ専門の業者に依頼する

デジタル遺品の場合、パスワードを知らないとどうにもならないケースが多いと思います。そのため、手当り次第にパスワードを入力すれば良いと思っている方もいるかもしれませんが、これは危険です。

スマートフォンやパソコンの場合、一定回数パスワードを間違えると端末自体がロックされてしまうからです。

一方専門業者は、機器ごとの対応方法を熟知しています。例えばパソコンの場合であれば、パスワードを解読できる場合もあります。また、データを救出する要領で確認できる場合もあります。そのため、自分でどうにもロック解除ができなければ、専門の業者に依頼することが大切です。

デジタル遺品の整理は、データ量が多く、パスワードが必要な場面も多い、という特有の難しさがあります。遺族で手に負えないと思ったら早めに専門業者へ依頼してみましょう。

パスワード解除などデジタル遺品に対応した業者の無料相談はこちら

安くて評判の良い業者を探す方法

遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての業者利用でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・料金や見積もりの流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

デジタル遺品整理の需要は、今後もさらに大きくなると考えられます。趣味の交流から経済的な取引まで、あらゆることをパソコンやスマホで行う時代だからこそ、デジタル遺品には注意しなければなりません。専門業者の力も借りて、確実に整理を進めましょう。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。